パーソナルスペースが近い男性って?特徴や心理と上手に付き合うための対処法
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • パーソナルスペースが近い男性に対して、どう対処すればいいのか分からなくて悩んでいるあなた。

    仲良くなってくると距離も近くなってくるのも分かりますが、さほど親交を深めているつもりもないのに、やけに近づいてくる男性に不快感を抱いたことがある人も少なくないものです。

    それぞれ守りたい範囲というものがありますので、パーソナルスペースが近いと感じる男性について、心理や特徴など具体的にまとめてご紹介いたします。

    あまり小さなことに口を出して不穏な空気にさせてしまうより、対処法さえ覚えてしまえば上手に付き合っていけますので、社会人として一つのスキルとしてぜひモノにして下さいね。

    目次

    パーソナルスペースが近い男性の特徴

    好奇心旺盛で相手に強い興味や関心がある

    グイグイ近づいてくる男性の特徴は、好奇心旺盛で強い興味や関心を持った相手の事をよく知りたいと思うことです。

    興味関心の対象があれば、誰もが知りたかったり良い立場になりたかったりするもの。

    気になる事があれば、次々と疑問が浮かび、何もかも解明したくなります。

    あなたに対して「どんな人なんだろう」「仲良くなってもっと知りたい」と思ったことで、会話をする機会があれば、どんどんと近づいてしまうのです。

    心の中の状態は、態度にそのまま現れることが多くあります。

    本人は自覚していなくても、自然と体が近づいていき、聞きたい事を真剣に受け入れようとする気持ちを体全体で表現していくわけです。

    自分の知らないことに対して非常に強い好奇心を抱くため、今まで出会ったことのないタイプや経験した事のない体験を持っている相手には、「もっと話を聞きたい」「知りたい」という興味が強く沸き上がります。

    知り得た情報からイメージを膨らませて疑似体験をしたり、関わった後の世界を想像して楽しみを膨らませているのです。

    明るい性格で人とコミュニケーションをとることが好き

    コミュニケーションをとるのが好きな男性は、パーソナルスペースが近くなりがちです。

    根本的に人の事が好きなので、知らない相手でも気軽に話しかけることが出来ます。

    相手の事を知るのと同時に、自分を開示するのも抵抗がありませんので、すぐに共通点を見つけられたり、相手を巻き込んだりするのが得意です。

    明るい性格ですので、周りにはいつも笑顔があふれています。

    他人に対して恐怖心や疑いを持っていないので、素直にパーソナルスペースに入っていくことが可能です。

    懐に入るのが上手いからこそ、距離感をグッと縮めるのも早く、友達の人数も非常に多いのが特徴。

    性格が明るいと、周りの人から進められる遊びや紹介される人もプラスのエネルギーを放っているため、楽しみの渦が周囲を巻き込んで大きくなります。

    ボディタッチが多くなったり、喜びを全身で表現したり、真剣にひざを突き合わせて語りあうなどの行動も増えていくので、距離感を意識して取りたい人が居なくなるはずです。

    熱気あふれる人とパッションのままに行動を共にするのが、習慣化されています。

    とにかく自信を持っている

    自分を信じている男性は、他の人との距離が近くても気になりません。

    むしろ、自信があるからこそ近づいていけるという節があります。

    自分の価値を低く見積もって、自己否定するようなタイプの人は、他人からの評価を気にしていたり、「どうせ」と同じ土俵に立つことを遠慮したりと、自ら離れていこうとする特徴があるものです。

    自分に対する評価が高いので、何をしても大丈夫と思えている根底があるので、間違いを犯す事への恐怖がなかったり、人からどう思われようが気にしていなかったりするので、堂々としていられます。

    周りの人から嫌われているという考えもないので、我が道をマイペースに進むことが出来るわけです。

    話したい人と話して、関わりたい人と関わるように生きているので、誰かを敬遠することもないと言えます。

    自己満足していると周りに対して恐れるものがないので、余分な不安を抱えることなく、人間関係を築くことが出来るのです。

    人のパーソナルスペースに踏み込んでも、相手がネガティブに受け取る想定もありませんから、何がいけないのかが分かっていないと言えます。

    スキンシップをとることが好き

    スキンシップを取ることが好きな人は、感覚が欧米の人と近いと考えてもいいくらいです。

    日本人は、奥ゆかしさを美学としてきた国民性がある為、思っている事も言葉に出さず、感情をあからさまに表現する事もなく、周りの人に合わせることを得意としてきています。

    そのため、空気を読むという不思議な言葉が理解できるほど、周りの人の感情を些細な仕草や言葉、態度などから読み取ることが上手になっていますし、自己主張を押し殺して集団行動を一致させることに長けてきたはずです。

    国際交流が進むにつれて、表現の自由もどんどん大胆になっていき、感情の共有や意思疎通でボディタッチやスキンシップを通じたコミュニケーションをとる人も増えています。

    人と触れ合うこと自体が気持ちいいと知った人たちは、どんどんスキンシップを行い、タッチするところから相手との意思疎通が始まると認識するようになっているわけです。

    ボディタッチが多い人は、人との距離感も当然触れ合える距離ですから、目を見て相手の全体を観察しながら会話をするというより、音と温度を体で受け取りながら理解し合おうとします。

    幼少期から出来ている人ばかりではありませんから、あるきっかけがあって相手のことを知るための手段として触れ合いや近づくなどを始める事もあるものです。

    こちらの記事では、男性が急に名前呼びをし始めた時の心理やきっかけ等が解説されています。

    仲良くなりたい男性に、下の名前で呼んでもらいたい場合には、誘導の仕方も伝授しておりますので、参考にしてください。

    寂しがり屋で孤独が苦手

    男性の中でも、孤独が苦手で寂しがりの人は、友人や知人との距離感が近いと言えます。

    一人でいる時の孤独感をとても辛いと感じている人は、人に会った時にとても喜びで心が満たされているわけです。

    目の前にいる人を近くに感じたくて、どんどんと距離が近づいていきます。

    また、独占欲も沸き上がってくるはずです。

    少しでも長く一緒に居たいと考えているため、すぐにでも腕を掴んで引き留めることが出来るような距離感にいようとします。

    一人になることが寂しいと感じているということは、友達もさほど多いとは言えません。

    孤独を埋める程の広い交友関係があるわけではありませんから、束縛しておきたいという心理も働いています。

    パーソナルスペースが近い男性の心理

    相手に異性としてだけでなく人として好意を持っている

    近いからと言って恋愛感情を抱いている人ばかりではありません。

    人として好意を持っている時にも、距離感は近くなります。

    パーソナルスペースは、守りたいと感じるエリアを言いますから、男性自身にも同じように人を入れたくない部分というのは存在するわけです。

    嫌いな人に近づきたくないように、気になる人やもっと仲良くなりたいと思っている人は、男性にとっては信頼している相手ですし、既に受け入れている状態ですから近くなるのも当然と言えます。

    人として好意を抱いていると、「何か役に立てることがあればしてあげたい」「手を差し伸べられる所に居たい」という心理になり、困りごとをすぐに察知できる自分でいられるようスタンバイするのです。

    そこまでの深い意味はなくても、「いい人だな」「一緒にいると楽しいな」と感じている相手には自然と体が近くなります。

    無自覚であり男性にとってはごく普通のことだと思っている

    全ての人が心理的に何か変化が起きているわけでもなく、無意識の人もいます。

    ごく普通の人との間隔として受け止めていれば、相手によって変える事もありません。

    人間は、目には見えない部分を感じ取って生きています。

    パーソナルスペースも、全員が一定の範囲で「安全を確認したいところ」と定められているわけではなく、本人の体感として「これ以上は近づいて欲しくない」というものを持っているわけです。

    個人差がありますし、目には見えない防御壁を感じ取って他人との境界線を引いているとも言えます。

    人との境がない人は、誰に対しても境界線までの距離がゼロ。

    危険を察知しづらいということにも繋がりますから、他人からの影響も非常に受けやすい人でもあります。

    「他人とはある程度離れておいた方がいい」という概念がないので、周囲の人の気持ちを理解しにくい人とも言えるタイプです。

    ボディタッチが多かったり、普通に話せばいい事もヒソヒソと耳元で話をしたり、特別に仲良のいい人のような接し方を誰にでも行います。

    相手に興味や関心を抱いている

    友達関係の中できっかけを作り再び付き合ったエピソード1

    興味や関心を持っていると、知りたい気持ちから近くなりがちです。

    多くの人は、関心ががある事に対して集中力を高めます。

    話を聞くときにも、体ごと前のめりになるのを体験したことがある人も少なくないはずです。

    よりしっかり話を聞こうとしたり、相手が伝えようとしている事をきちんと理解しようとしたりすると、全身で受け入れ態勢を整えます。

    例えば、好きなジャンルの学問に関する専門的知識を持っている人や最近気になり始めたことを先に実現している人、人気者で誰からも好かれる人などに対して好奇心が高まっている状態です。

    どんな考えを持っていて、普段の生活はどのように送っているのか、周りの人との会話や関わり方など、観察しています。

    人は、周りの人の影響を受けて成長する生き物です。

    興味や関心を持つ相手の真似をしたり、少しでも「なるほど」と思えることがあれば、参考にして自分に出来る事を始めてみたりすることで、今までの自分とは違う未来を切り拓くことが出来ます。

    距離を近づけた時の反応を見ている

    相手の反応を見ているというケースもあります。

    恋愛感情を抱いている相手の時もありますし、「もしかして嫌われているのかな」と不安に思っている時にも、この心理で動いているはずです。

    徐々に親しくなってきた異性に恋愛感情を抱いていて、どこまで近づいても許されるのか、相手の反応を見ながら心の距離感を図っています。

    かなり近くにまで行ければ、受け入れてくれていると判断して告白への勇気になったり、ライバルとの差を比べて脈ありか探ったりしているところです。

    また、友達に対しても反応を見る場合があります。

    今まで仲が良かった人が急に素っ気ない態度を取ったり、避けたりしているのを見ると、悲しい気持ちになるものです。

    「嫌われてしまったのかな」という気持ちを抱え続けているのは辛いですから、本当の所を確かめるための方法として体をくっつけてきます。

    拒否されていないか、触れても嫌がられないかを試して、もう一度前の状態に戻れるか考えているはずです。

    反応次第では安心したり、「もう受け入れてもらえないんだ」と判断したりして、次からの態度を変化させます。

    耳が聞こえづらいので距離を近づけている

    物理的な理由があるケースもありますので、覚えておきましょう。

    心理面だけでなく、耳が聞こえづらいという身体面での理由があれば、近づく事は対応の一つとして当然となります。

    耳の聞こえ具合は、他人には分かりません。

    病気や障害がなくても、音に対して敏感な人もいれば鈍感な人もいます。

    補聴器をしているかどうかは、分かりやすい目安にはなりますが、何も器具を使っていなくても聞こえにくさを抱えている人は多くいるものです。

    聞こえにくい場合、耳を相手の方に傾けることもありますし、顔を真剣に観察して話の内容を細かく受け取ろうとすることもあります。

    普通に会話をしているようでも、周りの雑音が苦手な人は少しでも近づくことで言葉に集中出来るようになりますし、外の世界との区別をしやすくなることも。

    人によって、音の拾い方もそれぞれ違うという事を知っているだけで、距離感に関する不満や疑問は薄くなりますし、人の個性や違いを受け入れやすくなりますから理解が深まるところです。

    パーソナルスペースが近い男性と上手に付き合う方法

    さりげなく相手から離れる

    あなた自身が近づかれたくないと思うのであれば、さりげなく相手から離れても問題ありません。

    人には、不快感を抱く位置がありますから、あなたが我慢して相手に付き合い続ける必要はないわけです。

    あちらの心理や感覚を理解するのと同時に、あなた自身も自分のことを大事にする必要があります。

    自身の安心感を保つためには、まず自分のパーソナルスペースを知っておくことです。

    誰かに協力をしてもらわなくても調べることが出来るので、意識を向けてみましょう。

    誰かが話しかけてきたときに、自分から少しずつ歩み寄ってみると、「これ以上は行けない」と感じるところが出てきます。

    その人との関係性を鑑みて基準を一つ決めておけば、「仲のいい友達であのくらいだった」と判断できるので、他の人はもっと離れていた方がいいのか、もっと近づけるのか、密かにチェックを繰り返していくとより具体的にわかるようになるはずです。

    相手が近づいてきたときに、自分の判断基準とする範囲に入ってきていると感じたら、そっと離れて不快感を抱かないくらいのところに移動するだけで、不満は亡くなります。

    荷物を間に置いて距離をとる

    さり気ない離れ方の一つに、荷物を間に置くという方法もあります。

    小さなポシェットくらいでは何も変化がありませんが、リュック等であれば少し離れることが出来るはずです。

    下にドンと置けるものがあれば分かりやすいですが、無ければ手に持っている荷物を相手との間に移動させるだけでも少し離れることが出来ます。

    ほんの数センチの厚みであっても荷物が間に来た分、それを理由に一歩後ろに下がることが出来るからです。

    また、直接体同士が向かい合っているよりも、荷物を間に挟むだけでバリアを張っているような感覚を得られます。

    荷物があれば、相手も無意識に近づかないようになるはずです。

    会う事が分かっている時には、なるべく大きめのバッグを持っていたり買い物をした後に予定を組んだりして、自然に荷物を間に挟めるよう計画を立てる事も出来ます。

    普段からリュックを利用している人は、前に抱えるようにして持って離れるようにしましょう。

    他の人に協力してもらう

    一人で実践するには不安感が募ってしまうのであれば、心を赦している人に相談して協力してもらいましょう。

    あなたに対してだけ近づいてくるタイプの人なのか、全員に馴れ馴れしい人なのかで周りの人の印象も違います。

    あなたが困っているのであれば、「○○さんにどう対応していいのか分からない」と親しい人に相談をして、離してもらえるよう協力を仰ぐのです。

    仲良しの友達になるべくいつも一緒に居てもらうようにしたり、助けてほしい時には声をかけるように伝えて置いたりすれば、第三者を巻き込んでの距離感を取ることが出来るようになります。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    二人だけで話をしている時と、三人以上集まった時では、人の立ち位置も違うはずです。

    人数が多いほど、一人ずつの間を自然と空けることが出来ます。

    他にもたくさんいるのに、二人だけ接近しているのは不自然ですから、周りの人も注意をしやすくなるわけです。

    冗談ぽく「近いよ」「離れたら」と言ってもらえると、角を立てることなく穏便にやり過ごせます。

    親友が協力してくれるのであれば、「ちょっと離れてよ」とズバッと言ってもらうのも一つ。

    言われなければ分からないタイプであれば、ハッと気づいてくれることもあります。

    はっきりと言葉で伝える

    あなたが言葉で伝えられるタイプであれば、ちゃんと本人に言っても大丈夫です。

    相手が無意識だとしても、あなたの居心地のいいスペースを主張するだけですので、否定しているわけではありません。

    ハッキリと言葉で伝えられれば、距離感が分からない人であれば質問もしやすくなります。

    「近かった?ごめんね。どのくらいなものなの?」とその人にとっても学びの機会になる事もあるのです。

    回りくどく、第三者から別の場所で噂話で耳にするよりも、本人から「このくらいは離れておいて欲しい」「近すぎてドキドキしてしまう」と言われれば、相手からも「不快にさせないようにしよう」と気を配ってくれるようになります。

    人とのコミュニケーションは、言葉で情報交換をして初めてちゃんと理解をしあえるようになりますので、あなたの気持ちを理解してもらいたいなら、本人の口から伝えるべきです。

    相手といる時間を減らす

    あまりにも近づいてくるその人が嫌だと感じるのであれば、一緒に過ごす時間を減らしましょう。

    どうしても関わらなければならない相手であっても、上手に付き合う距離感を知っておくべきです。

    一緒に過ごす時間を減らせば、自然と会話をする機会も少なくなりますし、困るという場面もなくなります。

    友達であれば少しの期間遊ばないようにしたり、会社関連の人など無下には出来ない人であっても、プライベートの話をする機会をなくしたりすれば、形式上の付き合いだけとなるはずです。

    仕事だけで関わっている人に触れ合うほどの近さは不自然ですから、必要最低限のやりとりだけしてその場を去ってしまえば、困惑してしまうほどのところには居なくて済みます。

    親しい人ほど近くなるので、逆をする事になるわけです。

    仲良くなりすぎたということなので、会話量を減らし会う頻度を少なくしていきます。

    知人と同じくらいの関係性に戻れば、相手も遠慮をするようになりますので、今までの様に困る事は減っていくはずです。

    「急にどうしたんだろう」と離れていくあなたを見て思われるかもしれませんが、相手にも振り返ってもらう機会になりますので、寄り添いすぎなくてもいいと考えましょう。

    パーソナルスペースが近い人が嫌な理由

    馴れ馴れしく感じるから

    馴れ馴れしさを感じた時に、嫌だと感じます。

    人が仲良くなるための段階を重視する人やお互いの歩み寄りを大切にする人にとって、自分が相手に対してどう感じているかはとても大切な指標です。

    こちらが知り合いだと思っているのに、相手がぐいぐいと近づいてくると「そこまで心を赦した覚えはない」と拒絶したくなりますし、まだ知り合っている段階と思っている時にボディタッチをしてくると「失礼な人だな」と感じます。

    自分が心を赦している人には何をされてもさほど気にならないというのが、特徴です。

    相手からの行動に反応しているのは結果論であり、あなた自身があちらへの関係性をどう感じているかによって、馴れ馴れしさの受け取り方も違います。

    こちらが心を開いていないと思っている相手から馴れ馴れしくされると、バランスが悪く感じて腹が立って反発心が大きくなるのです。

    心理的なストレスに感じるから

    好かれてたのに嫌われた…と落ち込むのはまだ早い! まとめ

    心理的にストレスを感じた時に、近さが嫌になります。

    基本的に人との距離を置いておきたいタイプであり、自分のスペースをしっかり確保したいと感じている人です。

    対人関係が苦手なので、人が近づいてくること自体にストレスを抱きます。

    圧迫感を抱くと同時に、心を覗かれているようにも感じるため、恐怖心となることも。

    自分の心の内を人に話す事がなく、悟られたくないので、表情のレパートリーも乏しいタイプです。

    自分の世界観を大事にしているので、人が近づいてくることで土足で踏み込まれているような感覚を受けて過度なストレスとなります。

    圧迫感は、ストレスを感じる人も少なくないはず。

    大きな人や存在感があるタイプ、人気者で常にポジティブオーラを周りにまき散らしているような人は、自分を守りたい人にとってストレスに感じる事も少なくありません。

    自分の世界を壊されてしまったり、かき乱されたりする感覚が、不快感へと繋がります。

    嫌いな人や過去にトラブルになったことがある人もストレスの一因となりますので、なるべく近づきたくないという気持ちが働いているところです。

    防衛本能が働いて不快に感じるから

    防衛本能は、先ほどの守りたい人と同じようですが、生物学的な部分でもあります。

    パーソナルスペースという目に見えない範囲を意識するのは、動物的本能として身の危険を感じているからです。

    利便性を追求して発達してきた人間は、第六感がかなり薄くなってしまっていますが、それでも「虫の知らせ」などで直感として掴み取ることができます。

    動物は身を守るために、自ら危険を素早くキャッチできるように出来ているものです。

    相手に危険な気配を感じたら、一歩後ずさりをして警戒したり攻撃態勢を取ったりして近づけないようにします。

    逃げるという行動も、防衛本能の一つです。

    相手がもし危ない行動を起こしたときに、咄嗟に逃げることが出来るかどうかは、重要なところ。

    そのため、手を伸ばしてもギリギリ届かない範囲までは離れていたいというのは、誰もが持っている防衛本能なのです。

    すぐに抱えられてしまっては、逃げる事も出来ませんから、初動でパッと距離を取るためにはある程度離れておく必要があります。

    近づかれると、「危険が迫っている」と本能が知らせているため、嫌な気持ちになるわけです。

    心理的距離にそぐわないから

    嫌だと思う時の対処法1

    相手と自分の認識の違いをご紹介しましたが、マイルールを持っている人にとっても、人が踏み込まれたら嫌な理由があります。

    こだわりが強く、他人との関わりを極端に嫌う人は、関係性によって対応する行動を決めている人もいるのです。

    家族や恋人であれば部屋に入れてもいいけど、友達は一切家にも入れないと決めている人や、友人と職場の人とは完全に分けて考えていてプライベートの連絡は絶対に取らないようにしている人など。

    自分の中のこだわりのルールなので、少々の事では崩すことはありません。

    近づかれること以前に、ルールを崩されることに嫌悪感を抱いています。

    自分は、友達でもなく顔見知りと思っている人に対しては、自ら話しかける事もなく詮索もされたくないし、挨拶すらしなくてもいいと考えているのに、相手からグイグイプライベートな事を聞かれたり、スキンシップを取られると「知らない人なのに、失礼すぎる」と腹が立つわけです。

    心の中で決めているルールを崩せない人は、干渉されることを嫌いますので、仲が良くなるのも時間がかかります。

    圧力が掛かっているような気がするから

    恐怖を感じてしまう理由2

    全体的に恐怖心を強く抱くタイプの人は、人が近づいてくることに圧力がかかっているような気がして、責められているような辛い気持ちになります。

    過去にDVのトラウマがあったり、レイプなどの辛い経験があったりすると、他人が近づくだけでフラッシュバックが起こる事もあるのです。

    もちろん、相手に悪気はないですし、本人も分かってはいるのですが、心の問題はコントロールが難しいのが現状。

    幼少期、親に怒られて育ってきたり顔色ばかりを窺って大きくなってきたりした人は、会話をしているだけでも「叱られているのかな」「嫌われているのかな」と不安感を抱きます。

    普通に会話をしているつもりでも、責め立てられているように感じてしまうのは、かなり心への負荷が大きいものですから、一人でいた方がましと考えることも多いはずです。

    辛い経験を持っている人、顔色を窺って生きている人、自己評価が低い人などは、責められていると感じやすい傾向にあります。

    適するパーソナルスペースは人によって違う

    性別による違い

    パーソナルスペースの違いは、性別によっても起こります。

    女性は、コミュニケーションを取ることで情報を得てきた生き物ですから、ボディタッチも気軽にしたり、近づくことで相手の考えを理解しようとしたりする傾向があるところです。

    一方で男性は、狩猟民族のなごりを考えると、一人で集中して物音を立てることなく相手をしっかり観察するということが得意ですから、集団狩りでも離れたところに配置してジェスチャーでやり取りを行ってきた過去があります。

    スキンシップよりも、情報を的確に視覚的に伝える事を得意としている訳です。

    男性同士で慣れ合ってヒソヒソ話をする事が少なく、女性が友達でも手を繋いで相手との関係性を確認する場面を多く見るのは、得意なコミュニケーション方法が違うからだと言えます。

    男女が近くにいる時には、それぞれが違う感覚を抱いた状態で空間を共有しているという事を理解すれば、勘違いも生まれにくいはずです。

    女性が軽くボディタッチをしてくることに、男性が「どういう意味だろう」「そんなに親しく思ってくれているなら好きなのかも知れない」と思うのに対して、「そんなつもりはない」と冷たく突き放すように言ってしまうケースは、感覚の違いが起きていることになります。

    年齢による違い

    年齢によってもスキンシップの距離感は大きく異なります。

    ここ50年とっても、昭和から平成、令和と時代は次々と変わっているものです。

    時代背景もめまぐるしく変わっており、人々のコミュニケーション方法や人との関わり方も大きく変化しています。

    昭和後期生まれの現在40~50代の人は、まだまだ昔の男性優位の時代の名残を持っている人も多いので、男の人からの情熱的なアタックがあって恋愛がスタートし、好きな人の許可があって触れる事が赦されるという感覚の人も少なくないはずです。

    平成生まれの20代から30代の人は、人とのコミュニケーションがとても上手で、会話や触れ合いが非常に多い世代と言えます。

    自分の主張もちゃんとして、感情のままに相手と関わろうとするので、向こうがどう受け止めているかは行動してからでないと分からないところあるのです。

    国籍による違い

    国籍による違いは、多くの人が納得できるところ。

    欧米化とよく言われますが、アメリカだけでなく諸外国で挨拶にハグを取り入れていますし、頬にキスをする習慣もよく見かけます。

    日本人は、挨拶は立ち止まって頭を下げて丁寧に言葉を発するところが長い歴史となっていますので、いきなりハグをされるとビックリしてしまうことも。

    近年では国際交流も盛んになり、外国の人はハグをしたりハイタッチをしたりする習慣があると、多くの人が認識していますのでさほど戸惑う事も少なくなっているはずです。

    かといって、同じようにハグやキスが出来るかというと、そういうわけではありませんから、日本人同士では滅多に見ることがない挨拶方法と言えます。

    ビジネスシーンでも、挨拶で握手をするのは日本人ではあまり見かけません。

    国籍が違うだけで、人との距離感の常識が違いますから、異国同士の交流をする際には相手の事をしっかり理解しようとする心がけが必要です。

    恋愛に関しても同じで、日本人は一人の相手に全身全霊を尽くしますが、他国では本気で愛する相手が複数人いるのも普通と考える国も多いので、お付き合いをする際には確認をしておくことをオススメします。

    育ちによる違い

    成長過程の環境の違いも大きな要員です。

    兄弟構成、親や親戚など身近な大人からどう扱われてきたか、関わる大人の人数、子供同士の関わり方、ルールなど、性格や習慣のほとんどは環境が人格を創り上げていきます。

    生まれてすぐ何の情報もない部屋に隔離されて育った子供が初めて保護された時、恐怖も喜びもなく、ただ無関心にボーっと目の前の人を眺めていたという事例が存在するのを知っている人もいるはずです。

    経験したことにより感情が生まれるからこそ、次の対応をする事が出来ます。

    多くの人に囲まれて賑やかに育った人にとっては、その中で生まれた感情や苦しみや喜びが次への行動に反映されますし、一人っ子で大事に育てられた人は距離感が分からずに近すぎたりどこまで関わっていいか分からなかったりと、違いが出てくるわけです。

    育ってきた環境で、どんな経験を通して何を感じて来たかで、関わり方は大きく違いますから、同じ家に生まれた兄弟でも性格が違うのは当然と言えます。

    自己肯定感による違い

    自己肯定感が高い人ほど、近くなりやすい傾向にあります。

    これから対話をする人に、無条件で受け入れられると信じているため、嫌われたり拒絶されたりする想定がないのです。

    逆に、自分を否定しがちな人は関わる前から「近づいたら相手に迷惑がかかる」「きっと嫌がられるからある程度距離を取っておこう」と保守的な行動をとるので、近づきすぎる事はありません。

    後者は、自分の行動全てに自信がないので、触れるなんて以ての外で、嫌われてしまう行動として分類しているはずです。

    恋愛がスタートしても、相手の許可があって初めて「本当に触ってもいい?」と確認しながら触れていきます。

    無条件で自分が何でも許されていると思っている人は、自信満々で輝いて見えますが、多少人に迷惑をかけても気が付かないというデメリットもあるところです。

    自分のペースで物事を進めても、許されるという前提があるので周りの目を気にしていません。

    パーソナルスペースは適切な距離を上手にとろう

    パーソナルスペースが近い男性は、心理的な部分が大きく影響しています。

    近づかれて嫌だと思うのであれば、あなたが安心できる場所まで移動できるよう、上記の方法を参考に人の力を借りるなどしてでも適切な距離を取りましょう。

    相手の気持ちを知る基準にもなりますから、嫌でなければ「心を赦してくれているんだな」と受け止めて、信頼関係を築くきっかけにする事も出来ます。

    育ってきた環境によっても感じ方はそれぞれ違いますから、無理する必要は全くありません。

    心地よく人間関係を育めるよう、上手に記事を活用してくださいね。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事