好きだけど嫉妬しないっておかしいこと?
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

恋人のことは好きだけど、嫉妬はしないという女性は一定数存在しています。

一般的には、男性よりも女性の方が妬みの感情が強いので、束縛をしますし、彼氏の行動が少しでもおかしければ浮気を疑い、嫉妬すると考えている人が多いです。

嫉妬心は基本的にマイナスの感情としてとらえられることも多いですが、されなければそれはそれで「愛されてない」と思う男性もいます。

結局どっちもマイナスなの?と嫌な気分になりますが、嫉妬しない女性が愛情を持っていないということはないといえるのです。

今回は、恋人のに対してジェラシーを抱かない原因や嫉妬しない女性のメリットをご紹介していきます。

目次

好きだけど嫉妬しない理由

自分が嫌がことしない!自由な感情が強い

嫉妬しない理由1非常に自由な感覚が強く、自分がされて嫌なことは絶対に相手にもしたくない、と考えています。

例えば、飲み会や残業の多い仕事をしている女性の場合、自分が彼氏の飲み会や残業に対して文句を言ってしまえば、当然彼氏からも文句がくるのだろうと考えます。

自分が縛られているのに相手だけが自由にしているのは、フェアじゃないからです。

お互いが自由に生活することに対して苛立ちを感じない女性の多くは、非常に公平な感情を持っていて、恋愛関係にもその感覚が顕著に反映します。

彼氏の行動範囲を狭める=自分の行動も狭くなり自由が減る、ということはどこによさがあるのか理解できず、結果的に「ちょっと心配なことがあっても過度な不安は抱かないようにしよう」と理解しているのです。

行動を制限させると反動で浮気されてしまうのでは?とも考えているので、ある程度の自由は必要と考えています。

自分がされて嫌なことは人にしない、今日はここにいるなにをしているとわかっているお時にわざわざ連絡はしないなど、大人の配慮ができる人だと思いましょう。

ジェラシーに燃え上がる女性のほとんどが、感情に負けて彼氏への配慮ができず、誰といようが何をしていようがまず自分のことを1番に考えて欲しいと思っています。

交際がスタートしてまだ間もない頃なら仕方がありませんが、全然落ち着くような時期にもそのまま妬む感情をフルアクセルで見せてくるような女性は、大人としての魅力が欠如する可能性が高いです。

妬かない人の中には、以前自分が束縛をされて苦しい思い、めんどくさい思いをしたことがある人も多く、嫉妬される側の感情をよく理解できるから相手にもしないともいえます。

逆に以前の恋愛で自分がヤキモチをすごく妬いていた、という場合も「こんなにめんどくさい感情にまた支配されたくない…」と新しい恋愛では気持ちも一新する!と心がけている人も多いです。

男性も女性も、せっかくであれば楽しい恋愛がしたいですし、多少の嫉妬心はある種「この人は自分のことが好きなんだな」という確認行為としても受け取れますが、度が過ぎてしまえば単なる鬱陶しいだけの存在になります。

愛している人に愛されたいから嫉妬しない、というのが最も大きな理由と言えるでしょう。

お互いが自由にしていることが、全て浮気につながるわけではありませんし、束縛しなくては浮気するような異性ってそもそも信頼してはいけません。

あなたのことを本当に愛してるのであれば、自然と不安感は抱かないのでよく相手を見極めるようにしましょう。

「その感情にメリットあるの?」マイナス点として見てる

嫉妬しない理由2どれだけ妬いたとしても、どれだけ相手に「こっちを見て!」と泣いてすがっても、男性によっては「めんどくさい」の一言で済ますことがあります。

あなたが苦しみ、不安に感じていることを伝えたとしても、全てが彼氏に響くわけではありませんし、彼氏の性格によっては愛情がどんどん削ぎ落とされている可能性も秘めているのです。

そんな風に感情をぶつけても響かない状況というのは、自分で思っているよりもずっと辛く、疲れる出来事なのでマイナス点しか感じられません。

嫉妬をすることで、自分にも相手にもストレスを与えますし、せっかく一緒にいるのにもやもやイライラして楽しくない…と思うのは、恋愛にとって何一つメリットはないのです。

どんなにヤキモチを妬いて、気持ちを彼氏に伝えて、ごめんねって言われたところで、基本的に相手の本質は変わらないと思いましょう。

束縛してもしなくても浮気をする人はするでしょうし、中には女性を依存させるためにわざと嫉妬をふっかけてくる人だっています。

あなたの感情を揺さぶり、何のメリットも与えてくれない嫉妬はする必要があるのか?嫉妬をしない女性のほとんどは、そんなことを考え、自分の恋愛をより豊かに実りのあるものにするにはどうするべきかを考えるのです。

お互いの時間を大事にして、一緒にいるときは心底愛し合う、そんな関係の深め方の方がよっぽどメリットがあるのでは?と思うため、無駄な感情は抱かないんです。

ヤキモチを妬かない女性は、一方的な感情に対してマイナスな印象を持っていて、お互い他人同士なのだから分かり合えない部分があって当然、と思っています。

お互いが自分のペースでゆっくり信頼関係を築けることがベスト、と考えているからこそ、妬みません。

他人を妬むことの不毛さをよく知っているともいえます。

恋愛関係は、一歩間違うと憎しみに変わる傾向があり、ジェラシーは最も憎しみを誘発しやすい感情と理解しているからこそ、メリットのない感情は抱かないようにしようと決めているのです。

他の女に取られるわけないという自信

嫉妬しない理由3お互いの関係性が出来上がっている、お互いが大人として相手を思っている、といった大人の恋愛関係が成立している場合、女性のほとんどは嫉妬をしません。

彼氏が彼女をきちんとフォローしているともいえますし、女性自身も「彼が選んだのは私」という自信があるため、他の女性に取られるわけがないと思っています。

恋人同士なので、当然全く好きでもない相手と一緒にいるのではないでしょうし、関心がないわけでもないでしょう。

ちょっとは他の女性を可愛いなと感じることもあるでしょうが、それでも彼女のことを好きだから一緒にいるといえます。

そんな男性の感情を理解しているから、女性は妬みませんし、好きだという自信が根底にあるので「大丈夫」と嫉妬する前に自制が効きます。

自分のことを好きになってくれた、という事実は揺るぐものではなく、男性の中には「もともと異性の友人が多いタイプ」も存在するのです。

友達全員と男女の関係になるとはいえませんし、そんなことが起きればそういう男性と付き合うのは考えものだといえます。

女性の多くは、心配すればするだけキリがないので、彼女としての自信を持とう!とプラスの方に意識を向けています。

要は付き合うときの状況から、彼氏は忙しいとか女性の友人が多いなどは把握していることとなるので、それらを取っ払って彼女になった途端に嫉妬しだすというのはあまり良いことではない、と思うからこそ、ジェラシーを抱かないと言えるのです。

気にしていても変化がないことに対して怒っていたとて、状況がよくなることはありません。

全体的にヤキモチを妬かない女性は、感覚が自立していると思ってください。

ジェラシーに飲み込まれている時間がもったいない

嫉妬しない理由4基本的にヤキモチを妬いている時って、対面じゃありません。

自分のプライベートな時間を嫉妬に費やして、一緒にいる時にも1人でいた時に抱いたモヤモヤが残っているせいで楽しい気分にはなれない…という人もたくさんいます。

嫉妬しない理由として、このような「結局考えても仕方がないこと」に対して意味を成さないと思っていることが挙げられます。

目に見えぬ存在に嫉妬している時間があるなら、もっと別のことに時間を使いたい、デートをしたいと思うので、楽しい気持ちを持っているのです。

ヤキモチを妬かないといえども、多少のことは不安に感じることもあるでしょう。

嫉妬心が強い人は、そのまま感情を彼氏にぶつけたり、自分の時間目一杯使って彼氏のSNSを漁る、妄想を繰り広げるなどして怒りを蓄積させていきます。

そんな時間があるなら、美容室に行ったりエステに行ったり、友達と食事に行くなどして自分のために時間を使った方がよっぽど良い!と思っているのです。

彼氏がいてもいなくても、自分のために時間を使うことは当然必要なことですし、趣味があればそのために時間を使うことだって悪くはありません。

女性によっては恋愛中は自分のことを全て後回しにして、彼氏に情熱を注ぎ込む人も多いですが、そういうタイプがジェラシーで身を焦すといえます。

自分の時間を全て恋愛に使っていることは、悪いことではありませんし、それだけ相手に集中しているわけですから、彼氏にとっては愛情をくれる良い人でしょう。

しかし、恋愛が人生を支配する傾向があるので、女性にとっては良い時間の使い方にならない場合も多いです。

そうなることを理解しているからこそ、嫉妬せずに自分の時間を自由に過ごそう!と思うのです。

もしかすると…他に気になる異性の存在

嫉妬しない理由5嫉妬しない理由の1つとして、すでに他に気になる異性がいる場合もあります。

彼氏がどれだけヤキモチを妬く行動をしても全然妬かない、という場合、もともと嫉妬心が低い人の可能性もありますが、他の異性に目移りしてる可能性もあるのです。

他に好意を持っている異性がいる、といった感情は実は自分自身でもわかっていない場合が多く、なんでか最近ヤキモチ妬かなくなったな…と感じるようになったら他に気になる人ができたかもしれません。

最近男性と知り合う機会があった、何かしら心動かされる出来事があったなどがあれば、その人を気になる存在として受け止めている可能性も否めないのです。

そういった感情は、彼氏のことがもう好きじゃないからというわけではなくて、好きだけど、彼氏よりも今はこっちの方が気になるとか異性と交流をしているせいか彼氏への愛情が少し薄れてきた…といった感情が沸き起こっている可能性があります・

彼氏への感情が変化した、というよりも男性と出会ったから自分の感情が動いたと言えるので、あまり自分で実感することができないといえます。

気づいた時にはそちらに夢中になっているから、彼氏が何をしていても気にならないという感覚でしょう。

彼氏の方もそんな彼女の変化を感じとる人もいるので、だんだんと関係が冷えていく可能性が高いです。

本当に彼氏のことを信じて嫉妬していないのであれば、関係が冷えることがないので、それぞれの人生の時間の使い方ができている感覚といえます。

実は男性って嫉妬されたい!嫉妬しない女性に対する印象

少しは妬いてもいいんじゃない!?イライラしちゃう

嫉妬しない女性に対する印象1男性は女性からの感情的な嫉妬されされると嫌なんだろうな、と思う人が多いです。

確かに、彼女に全ての行動を把握されたりちょっとしたことで怒られるような関係となればすごくめんどくさくてイライラしちゃうことでしょう。

なら束縛しない女性って男性からすれば魅力的なんじゃない?と思うかもしれませんが、男性って天邪鬼なところがあって、めんどくさい女性ほど可愛いって感じるんです。

恋愛感情で苦しみ、気持ちが混乱する人もいれば、彼氏になんでも噛んでも八つ当たりする人もいます。

そうなれば、めんどくさい対応をするのは自分自身のはずなのになんでかヤキモチを妬かれて嬉しくなる人が男性の中には多いです。

「嫌なんじゃないの?」と女性は混乱するかもしれませんが、嫉妬されて、自分の存在が女の心を乱すことになれば、そういった事実について「俺は男して魅力がある」と思うことができるのです。

自分の魅力がすごく高いから、彼女は不安になるのだろうし、不安要素となる異性が周囲にいるのだという感覚となるため、妬かれる方がいいなあって思っています。

そのため、全然嫉妬しない女性と付き合っていると心のどこかで物足りなさを感じてしまい、どうしても「自分のこと好きじゃないのでは?」と不安に感じるんです。

男性としては実際に嫉妬されると嫌な気分になったり、一緒にいることもイライラするって思う場合もありますが、されなければそれだけ「本当は好きじゃないの?」と不安も抱きます。

女性の中には、嫉妬されない方が男性に愛される、と思っている人も多い中で「ヤキモチ妬いていいの?」と混乱した気分になることも多いです。

男性が思っていることって、わかりやすいこともあれば全然わからないことも多く、女性にとっては「一体私はどうすることが正しいんだろうか?」と悩むこともあります。

「安心しすぎ」と不安になる

嫉妬しない女性に対する印象2男性が彼女に妬かない時は、たいてい「この人は浮気なんてできない」って思っている時です。

すごく安心感を持って交際しているので、女性が異性と話をしていようと全然気になりません。

自分自身が男性としてそういう感覚を持っているからこそ、彼女が自分に対して「安心しているのでは」と思うようになります。

女性は基本的に「自分が不安に感じる時、今の恋愛を捨てたくなる」ものですが、男性は「自分が安心している時に、他の異性に目を向けるようになる」ものです。

そのため彼女から全く嫉妬されることがないと、なんだか安心されている気がして逆に不安を感じます。

男性にとって恋愛は非常に刺激的なもので、ジェットコースターみたいに浮き沈みがあるべきもの、ととらえていますが女性にとって恋愛はさざなみみたいな優しい関係が理想です。

安心=飽き、と男性は自分たちの感覚を振り返ってみて思うので、全く彼女に怪しい行動がなかったとしても「もう愛してないのでは」と不安感が頭の中を巡り、焦燥感を感じます。

いもしない男性の影に怯え、逆に女性のことを信頼できなくなる男性もいるくらいなので、男女差のある感覚だと思いましょう。

このタイプの男性は彼女に対して「他の女の子可愛いって言ったらどう思う?」など、彼女の気持ちを探ることをたくさん言ってくるのでわかりやすいです。

嫉妬をしないだけで、そのほかはきちんとデートの時はおめかししてくる、連絡もマメ、イベントも大事にしている…そんな彼女だとしても男性って単純に安心されていることに対して、苛立ちます。

全く嫉妬をしてもらえないということは、それだけ自分に男としての魅力がないのではないか?と思うので、自尊心が傷つく可能性もあるのです。

彼氏にとって恋愛はある意味「自信をつける行為」とも言えるので、ヤキモチは重要なスパイスだといえます。

「めんどくさいことがなくていい!」と付き合いやすさを感じる

嫉妬しない女性に対する印象3ジェラシーって、する側もされる側もすごくストレスが溜まります。

相手の自由を奪い、隣にいない時は「誰かと仲良くしていないか?」と彼氏の行動を逐一チェックしては、不安と苛立ちに心が冷える思いをしているのです。

つまり、自分の時間のほとんどを相手の行動を監視することに使っていて、何も自分のためには使っていないということです。

恋愛中は彼氏に一途になるのは仕方がないことでも、自分のことそっちのけで男性の粗探しばかりをしていても、美しい恋愛はできません。

当然「相手のことを信頼して、盲目的に愛せ」とは言いませんが、それでも少しは自分のスキルアップに時間を使った方が良いです。

彼氏だって彼女には自分と会っていない時は友達と遊んだり、美容室に行ったりなど自分なりの時間の使い方をしてほしいって思っています。

家にいて暇な時間を過ごしていると、どうしても余計なことを考えてしまいますし、彼氏は今何してるんだろう、彼女と会わないで誰といるんだろう、など素直に物事を考えられなくなるのです。

本当は楽しく恋愛をしたいのに、全然気持ちがついていかない人は男性から「めんどくさい」「付き合いにくい」と思われます。

恋愛に依存しやすい女性は、そういった感覚も理解しながらも「どうしても彼氏のことを支配したい」「独り占めしたい」って考えているのです。

好き、という感情は時として正常な判断ができないことも多く、相手のいろんなものを奪ってしまいたくなります。

しかし嫉妬しない女性は、お互い自立した関係を望んでいて、嫉妬するなんて時間がもったいないと考えるため、自由な時間の使い方をします。

男性もそのような女性の感覚を「ステキだ」と考えているので、自由に付き合える魅力的な女性と考えているのです。

以前した恋愛で束縛に疲れてしまった…などトラウマのある男性は嫉妬しない女性の方が、付き合っていて楽だと思えます。

信頼関係が築けて嬉しい

嫉妬しない女性に対する印象4他人同士が交際しているので、全てを理解しあえるというのはすごく難しい話です。

全部同じベクトルを向き合える2人はそうそういませんし、知ろうと思えば思うほどわからないことも出てきて、また距離が遠くなったようにも気になります。

恋人なのだから、全部を知りたい、理解して欲しいって思うこともあるでしょうが、物理的に不可能なのです。

すぐにヤキモチを妬くタイプの人はこのような「違い」をあまり受け入れることができずに、どうして理解してくれないの?どうして話してくれないの?と心に影を落とします。

ジェラシーは、彼氏のことを理解できないと感じるからこそ感じるものです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

まるで自分のことのように全てを理解している、わかりきっていると思えば全く心配にはなりません。

なぜなら、「相手を1番知っているのは自分だから」と自信を持っていえるからです。

妬かない女性と付き合っている男性は、基本的に2つの感覚を持っていて、「愛されてるのか?」と思うタイプと「信頼されているんだ」と思うタイプです。

不安に思う方は、彼女のことをあまり知らない場合で、信頼されていると思う方は、彼女のことを「自分が1番わかってる」と自信を持っている場合です。

付き合いの長さ、関係性の濃さによって感覚はそれぞれですが、信頼されているんだと嬉しくなる男性も一定数います。

依存心のない自立した関係を築けているのだ、と思えてすごく嬉しくなりますし、自分自信も彼女のことを信じよう!とも思えるのです。

ジェラシーって、受け手の気持ちの度量によって全然違ってくるので、すごく関係性が大事なことがわかるでしょう。

特に何も思わない

嫉妬しない女性に対する印象5恋人からの嫉妬に対して、嫌悪感を抱く人や嬉しさを感じる人の他に、全く何も感じないって人がいます。

妬かれても妬かれなくてもどっちでもいい、そういった感情に対しては、特に何も思うことはないから好きにして欲しい、と思っているのです。

このタイプの男性は、非常に何事にもドライで感情が平坦だといえます。

一定感覚を保っているからこそ、交際が長い傾向があり、ケンカも少ない人が多いです。

相手から受ける感情、自分は発する感情、どちらでも非常に安定感があって、何も動揺しません。

嫉妬が発生すると冷静に対処しようとしますし、誤解を解こうとするのできちんとした大人の男性って印象があります。

女性はドライな感覚の男性に対しては「冷たい」と思うものですが、ドライと冷たいは違っていて、冷たい人はあなたへの感情が薄れている時に使われます。

ドライなのはもともとの性格なので、愛情がどうというわけではありません。

好きじゃないから、ジェラシーに関してどうとも思わないのではなくて、単純にそう言った感情に無頓着なだけです。

ジェラシーに気持ちが影響されないタイプだと思ってください。

若い世代なら、こういった嫉妬について何も思わない人って意外にいませんが、大人の男性なら必ずいます。

自分も嫉妬はしないし、相手から嫉妬されなくてもどうとも思わないのですが、逆に嫉妬されたところで「え?」と心が動揺するわけでもありません。

どちらの感情も受け入れる準備ができているということなので、すごく心の広い彼氏にも感じられることでしょう。

嫉妬しない女性の方が好きな人の特徴

女性に自立していて欲しい

嫉妬しない女性の方が好きな人の特徴1頭の中が恋愛でいっぱいいっぱいになる女性の多くが、恋は盲目状態となり、依存心が芽生えています。

彼氏のいない人生なんて考えられない、彼氏のいない毎日なんて灰色…くらいに思っているからこそ、むやみに嫉妬もするでしょうし、1人の時間をうまく使うことができないのです。

そんな女性を可愛いって思う男性も多いですが、あまりジェラシーなどに感情が左右されない女性を好む男性は「きちんと自分で立ってほしい」と望んでいます。

自分で立つ、ということはそれだけ恋愛以外にも楽しみや頑張りを見つけて欲しいってことです。

以前であれば、女性は恋愛をして結婚をした後は家庭に入ることがほとんどでしたが、現在の女性は結婚しても仕事を継続している人も多く、そのために資格を取るなど頑張っている人もたくさんいます。

そういう女性に魅力を感じている男性は、恋愛に夢中で右も左もわからなくなっている人より、自分の人生の彩りとして恋愛を捉えている人の方が好きなのです。

女性は、男性と違って結婚して苗字が変わり子供ができれば出産し育児が待っています。

大きな人生の変化を何度も実感するので、仕事のキャリア形成に関しては慎重に考えていかなくてはいけません。

だからこそ、恋愛にばかり目を向けてはいられないのです。

そのため、このようなタイプの女性が好きな男性は積極的にサポートしてくれる人が多いので、結婚相手としては最適だといえるでしょう。

彼女には自分の人生を楽しんでほしい、くだらないことに悩んでほしくないと考えているため、大人の関係性を望んでいるのです。

物事を平面的に考えられる男性

嫉妬しない女性の方が好きな人の特徴2女性と男性は、考え方にいろんな違いがあります。

同性同士だって違いがあるのだから、異性なんて違いだらけ!ってわかっている人も多いですが、実際に違いを感じた時、冷静に考えられないものです。

なので、最初からしっかりとどんなことが違うんだろう?と理解しておくことで、自分の中で心の整理がつきます。

ジェラシーの部分でいえば、例えば恋人が自分に対して嫉妬をしないとき、男女で考え方が違ってくるのです。

女性は平たく地平線のように広々と物事を考える傾向があるので、彼氏が妬かないってことは自分を信頼してくれているんだな、と割と楽観的に考えることが多いです。

一方で、男性の場合は物事を狭く奥深く考える傾向があるので、妬かない彼女はきっと自分のことを愛していないんだ!それってなんで?男がいるんだ!と極端な考えに行きつきやすいといえます。

こうした感覚の差は、なかなか埋まるものではなくて、あなたが悪気のない態度を取っても彼氏からみると「そっけない」と感じることもあるかもしれません。

しかし男性の中にも、女性のように平面的に物事を考える人はいて、そういうタイプなら妬かれることに対しての執着も疑いもないです。

むしろ、付き合いやすい女性だなって好感を持ってくれる可能性が高いといえるのです。

ギブアンドテイク精神が高い

嫉妬しない女性の方が好きな人の特徴3男性は「してもらったこと」「世話になった恩義」を案外忘れがちです。

例えば、職場の先輩や友人などからされたことは比較的覚えていて、恩をいつか返そうと思っている人が多いですが、こと彼女に関しては全然記憶に残っていないって人はたくさんいます。

このタイプの男性は、別れた後にあれこれ思い出しては「ああ、彼女って素敵な人だったんだな」「彼女にはたくさん世話になったな…」と感じるので、恋愛に心残りを感じやすいものです。

そのため、すごく短絡的に物事を考える傾向があり、嫉妬してくれなければ「好かれてない」、好き好き言ってくれたら「愛されている」と単純に感じます。

表面的なことしか見てもらえないので、ジェラシーを感じにくい女性は戸惑ってしまい、関係がうまくいきません。

一方で、義理堅いタイプの男性は嫉妬しない女性のことを「自分を深く信用してくれている人」とポジティブに受け止めるので、実際浮気をすることはありませんし、そういう人の方が好きだと感じるのです。

理由としては、自分を無条件で肯定してくれる存在の期待を裏切りたくないという男性ならではの感覚が起因しています。

誰だって無邪気に自分を信頼し、そばにいてくれる人を裏切れないと思いますし、高い評価をそのまま保ちたいって思うんです。

ヤキモチを妬かれるような男性は、基本的に「そういうことしそう」って思われているんだと考えてください。

経験人数は男の勲章みたいなことを今でも考えている人は一定数存在していますが、本来は「この人は浮気しない」って思われる男が「いい男」なんです。

いい女は嫉妬しない?ジェラシーを見せないメリット

穏やかで継続的な交際が望める

ジェラシーを見せないメリット1男性でも女性でもヤキモチ妬きな人と付き合うと、ケンカが絶えなかったり、相手の顔色を伺いすぎてお互いがいやな気分になるなど、安定した交際ができません。

刺激的で情熱的な恋愛を楽しむことができるでしょうが、本来の恋愛って浮き沈みはあれども安定した関係を築くことが非常に重要になるのです。

常に相手のことを気遣って行動を制限したり、気を使いすぎるあまり交友関係も狭くなり、結果的に自分に残っているのは目の前の彼氏だけってことにもなりかねません。

最終的に結婚する、すでに結婚しているのであれば家庭を大事にすることは必要ですが、まだお付き合いの段階で束縛されることに慣れてしまっては、自分の人生を生きているとはいえないのです。

男性も彼女から束縛されると愛されているなって感じますが、それ以上に不便さを感じます。

男性は、仕事でも友人関係でも付き合いに重きを置いている人が多く、休日でも仕事の付き合いをする人はいまだに多くいるものです。

そんな時に嫉妬する女性と交際していると、仕事や人間関係に影響を及ぼして、恋人と2人ぼっちになってしまうことでしょう。

お互いのことを愛している気持ちはすごく大切ですが、嫉妬が長期的に続くとお互いが疲れてしまいます。

嫉妬される側はもちろんのこと、する側もいつもイライラして怒っている、モヤモヤした不安感を抱いている毎日は楽しくありません。

せっかく恋人がいてくれるのに、信頼できなくてつまらない関係を継続していても結局「もう疲れた」と別れに一直線です。

一方で、ジェラシーを表に出さない女性は男性の毎日を尊重し、仕事に対しても理解があるのでいわゆる「いい女」的に男性は感じられます。

付き合っていて疲れることがない

ジェラシーを見せないメリット2彼氏のことを疑う女性のほとんどは、一緒にいてもいなくても彼氏のことを疑っています。

ずーっと疑い続け、粗を探し、少しでも「あれ?」と思うことがあれば、矢を刺すように追求するのです。

最初は問いかけているだけだったとしても、彼氏の返答が納得できるものじゃなければ詰問になっていき「これは尋問なの?」と思うくらいになります。

すごく好きだから、恋人に自分だけを見て欲しいから、と気持ちはわかりますがあまりにもしつこく疑ってしまえば男性は一気に興醒めするのです。

「そんなに信用できない男と付き合っててどうするの?」と呆れられて、破局を迎える可能性が高まります。

すぐに妬む女性は、彼氏が職場で女性を含めた数人でランチに行くのもイライラしますし、飲み会なんてもってのほかです。

「すぐに帰ってきて」「二次会なんて論外!」と行動を制限し、飲み会中もわんさかLINEを送ってくることでしょう。

少しでも返信が遅れれば浮気を疑い、鬼電してくることも多いです。

そういった彼女を持つと周囲から彼氏は「可哀想」「めんどくさい女と付き合ってる」と言われ、あなたの評判がガタ落ちですし、そんな女性と付き合っている彼氏の女を見る目も疑われます。

カップルどちらの評価も下げることにつながるので、嫉妬をしない女性と交際することで、それぞれの時間を自由に使って、一緒にいるときは目一杯愛し合うメリハリのきいた交際ができます。

そのため、一緒にいても疲れることはなく癒し効果が抜群なことが特徴です。

対等な関係で恋愛ができる

ジェラシーを見せないメリット3恋愛において、本来はお互いが対等であり、どんなことも真正面から言い合える関係が基本的です。

しかし、あまり対等な関係を築けるカップルって少なくて、どちらかがより相手を好きで、依存しちゃう…という場合が意外に多いんです。

男性の中にも、女性に依存されることが好きって人もいて、女性は振り回されるかもしれません。

依存されたいタイプの男性は、実際に女性が自分に依存して離れられなくなることに満足しても、最後まで甘やかしてはくれずにめんどくさがり始めることが多いので、今度はジェラシーが激しくなりがちです。

ジェラシーが激しくなると、ますます男性はめんどくさいって感情が倍増して、より一層女性から離れていきます。

結局、ヤキモチは可愛いだけではなくて負の感情を引き起こしやすくなるので、あまり恋愛に良い影響は与えません。

駆け引きの1つとして嫉妬心を煽る方法がありますが、女性に行ってみても、男性は逆に自分の首を絞める結果にしかつながらないです。

元から妬かないタイプの女性と交際していると、そもそも揉めるタネもありませんし、依存もしていないのでお互いの言いたいことを言い合えて、対等な恋愛をすることができます。

もちろんケンカもするでしょうし、え?と思うこともあるでしょうが、そこは大人同士の解決が可能です。

ただ嫉妬して、心が掻き乱されて、彼氏を疑うことしかできなくなるような恋愛は大人には不向きです。

自分を大事にするためにも、妬む気持ちはあまり持たない方が得策だといえます。

嫉妬しないけど愛情を表現する方法

連絡のやり取りはマメに。スタンプも駆使しよう

愛情を表現する方法1ヤキモチを妬かない、というのはその分「あなたのことを好きなのよ!」と表現していることにもつながります。

しかし、妬かないタイプの女性はジェラシーは表現方法で使えないので、他の方法を模索するしかありません。

わかりやすい方法は、LINEやメールなどでのコミュニケーションの時にしっかりと愛情を表現することです。

おやすみ、と伝えるとき「大好き」と添えてみたり、日々の連絡の時に「早く会いたいな」「今日はちょっと寂しいかも…」など、愛していることを伝える言葉はたくさんあります。

人間は行動だけが全てではなくて、言葉を駆使してこそなので、LINEやメールは良い方法です。

その際、可愛いスタンプを使ってみたり、ハートたくさんの絵文字を使うなど、あからさまととらえられてもいいから、はっきりと好きを表現しましょう。

妬かない女性はすごく自立心が高いので、連絡のやりとりも数日取り合わなくても意外に平気な人は多いですが、この点はきちんとマメに行うことが必要になります。

日頃からシンプルな付き合い方をしているため、コミュニケーションツールを使用している時くらいは「しつこいかな?」と思うくらいやり取りしてください。

このようなちょっとした違いかもしれませんが、マメに相手に対してアクションを図ることで、男性は「愛されている」と思えます。

男性の多くは、目の前の事実しか見えないので、その先にある愛情などなかなか想像ができません。

なので、言葉でどんどん表現してあげましょう。

会っているときはとにかくベタベタ!

愛情を表現する方法2妬かない女性はクールな印象がありますが、あくまで彼氏のことを信頼していて、そこまで心配していない、自分の仕事が忙しくて恋愛だけで夢中になれない人が多いだけです。

そのため、実際にデートしているときはどんどん彼氏に甘えてください。

普段から肌の触れ合いをたくさん行って、彼氏好みの服装やメイクを施すことによって「俺愛されてる!」って男性は思うので会っている時の愛情表現は欠かさないようにしましょう。

彼氏が行きたいと言っていたお店に付き合う、2人の思い出をたくさん作るなど、ジェラシーを抱いて不安をぶつけるよりもずっと良い時間の使い方ができます。

妬みを持ち続けているとどうしても誰かと自分を比較する、彼氏の言動の裏を考えるなど時間の使い方がイマイチな部分もあるので、妬かないからこそ恋愛を良い方向に考えることが可能です。

バカップル!と言われるくらいに、会っている時はいちゃつくことで、愛情は十分に表現できます。

悩みごとや嬉しかったこと全てを彼氏に話して頼る

愛情を表現する方法3自分の時間をしっかり確保できているからこそ、無駄なヤキモチは妬かないですし、彼氏を自由にしてあげられるのです。

しかし、仕事や趣味を頑張ると当然別の角度で悩みが生じます。

その際に、素直に彼氏を頼って助言をもらおうとする女性は男性から見ると「甘えてくれている」「頼ってくれている」と嬉しく感じて、愛を感じます。

同じように、悲しいことだけじゃなくて嬉しいこともきちんと報告してくれることで、一層「好かれている感」が増すことでしょう。

男性はとにかく女性から頼ってもらうことが大好きですし、彼女のためなら丁寧に対応したいと考えているのです。

なので、どれだけ日頃ジェラシーを感じさせない女性だったとしても随所随所で彼氏を頼り、甘えてくれるのであれば十分に愛情を感じられます。

愛情表現は嫉妬以外にもたくさんある!

好きだけど嫉妬しないっておかしいこと? まとめ男性も女性も、過度な妬みは嫌だけれど、ほんのりとしたヤキモチを妬いて欲しいなって思う人は多いです。

しかし、だからといって「愛情を感じられないのか?」といえば、そこは疑問でしょう。

妬くこと以外にもたくさん愛情表現の方法はありますし、彼氏に負担なく愛を伝えることはできるので、自分が変だとは思わずに恋愛に自信を持ってください。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事