自分にだけ冷たい男性の心理はとっても複雑!好きだからきつい態度を取る場合&嫌いで厳しく接しているケース
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

あなたの周りに自分にだけ冷たい男性がいると、どうしても相手の気持ちが気になるものです。

多くの人と関わることは、交友関係が広まったり新たなチャンスが巡ってきたりと、人生を豊かにすることが出来ます。

関わろうとする度に冷たくされてしまうと、何を考えているのか気になるし、どう対応すればいいのか分からなくなってしまうところ。

気になる男性や職場の人など、自分にだけ冷たい男性の心理についてお伝えしていきますので、相手の態度に振り回されることのない毎日を手に入れましょう。

ストレスなく接するための上手な対処法についてもご紹介していますので、実践して相手との距離感を上手に作っていってくださいね。

目次

良くも悪くも無関心ではいられない相手につい冷たい態度を取ってしまう男性の性格

心の中で思っている事を素直に表現できない

待っててほしいと言う男性心理1

つい冷たい態度をとる男性の性格は、心の中で思っていることを素直に表現できない人です。

たくさんの言葉が浮かんできているのに、言葉に出せなかったり、相手に伝えたいという気持ちになれなかったりという不器用な人。

その為、周囲によく誤解されたり、「あの人は何を考えているのか分からない」と言われてしまったりしがちです。

感情を表現する事の重要性を、あまり見出していないのですが、他の人と関わった時に、つい冷たくしてしまう態度のおかげで、周囲と上手く付き合うことが出来ません。

本当は、もっと仲良くなりたいと思っている相手に話しかけられても、「別に」「そうなんだ」と簡単な返事で終わらせてしまいます。

踊ってしまいそうなほど嬉しい時や、涙が出そうなほど感動した時にも、顔に出さないので、常に冷酷だと思われてしまうはずです。

思っている事を伝えたところで、現実が変わる訳ではないと考えているので、考えている事があっても、経過を見守ったり、意見を飲み込んで周りに合わせたりします。

感情を表に出す事がトラブルのきっかけになると思い込んでいる節があるところです。

自分と他の人とをキッパリ割り切っている

つい冷たくしてしまう男性の性格は、自分と他の人とをキッパリ割り切っているというタイプです。

考え方や生き方をしっかり持っていて、「人は人」「自分の考えを貫きたい」と信念を持っています。

他の人に惑わされることなく、常に一人で考えて行動する孤高の男性。

周囲と共同作業があっても、割り振られたことだけを集中して取り組む人です。

他の人の意見やアドバイスがあっても、「そういう考え方もある」と冷静に受け止めているので、納得して同じ考えにならない限りは流されることはありません。

能力や収入なども他の人と比べる事はなく、常に自分との闘いで、目標に対してどう動くか、どの程度達成できているのかにモチベーションを挙げていきます。

混乱の中でも、自分を見失うことが無いので、周囲から頼られることも多くあるはずです。

やらなければならない事に対して、集中して取り組むことが出来るので、何に対してもプロ意識を高く持つ人だと言えます。

好きなヒトを前にすると恥ずかしさで冷静でいられなくなる

好きなヒトを前にすると、恥ずかしさが全面に出てしまうため、冷静でいられなくなり心とは反対の行動をしてしまうという性格の人がいます。

同性や異性関係なく、誰とでも仲良くなれるのに、好きなヒトにだけは、自分をコントロールできなくなるタイプです。

会話をしてもしどろもどろになったり、的外れな事を返答してみたりと、まともにやりとりが出来なくなってしまう事も、恥ずかしいと感じてしまいます。

「上手く話せない」「自分が違う人の様だ」と思う事で、余計に恥ずかしさが勝り、好きなヒトと距離を取ろうとするのです。

離れてしまえば、格好悪い自分を見せる事もなくなるので、安心します。

他の人と同じ様に接したいと思っているのに、出来ない時のストレスは大きく、可能な限りその状況を回避したいわけです。

顔や耳が真っ赤になったり、ジッとしていられなかったりと態度にも出てしまうため、好きと思っている気持ちがすぐにバレてしまいます。

すぐにでも離れてしまえば、気持ちがバレることなく、今まで通り遠くから見ていられると考えているのです。

クールな自分がカッコイイと思っている

クールな自分がカッコいいと思っている性格の男性は、つい冷たい態度をとってしまいます。

誰もが理想の自分を持っているもの。

どんな時でも笑顔でいられる、誰に対しても親切にできる、弱音を吐かない、など様々な理想の姿の中で、クールな態度でいる自分を好きなヒトもいるのです。

話しかけられても聞こえていないふりをする、返事は「あぁ」「分かった」など一言のみ、人前で笑顔を見せる事はない、取り乱す姿も見せない、など。

クールな自分を演じようとする男性は、その態度や表現を過剰にしてしまいがちです。

返事をすればいいだけなのに、最初の一回は無視をしてみたり、呼ばれているのに関係のない人に行かせたりなど、横柄な態度や失礼な言動がクールだと勘違いしています。

相手がどう受け取っているかを考えずに、自分の思い描くクールを表現しているだけなので、コミュニケーションが上手くいかないことが多いけれど、周囲は指摘することが出来ず、なかなか気付くことが出来ません。

頭の良い所を見せようと見栄を張る

頭の良い所を見せようと、見栄を張ってしまう性格の男性も、目の前の人に冷たくなります。

クレバーな人は、常に冷静沈着。

周囲を広く見渡して、細かく分析をして、ベストな行動を起こします。

洞察力や観察力、的確な質問や心理の読み解きなど、彼の中の分析に必要なものでも、周りの人からすれば、とても冷たく感じるものです。

悩みを相談している人に対して、「君が言っているのは、相手に対する不満だ」と突き放したり、「昔のトラウマが原因だろう。克服すれば問題は収まる」と簡単ではない結論を突きつけたりと、寄り添ってくれない印象を持たれがちになります。

本人は、効率よく問題解決したり、原因を知る事で前に進めると考えたりしているのですが、その優しさが周囲には伝わりにくく、相談してくる人がいなくなるのです。

頭が良い事を全面的にアピールしようとするあまり、自分の見栄で周囲の人に壁を作ってしまっています。

冷静に分析するのが得意であっても、伝え方に問題があるところには気が付かない人です。

自分にだけ冷たい男性が実は好意からきつい態度を取っている場合

言葉や態度は冷たいのに関わろうとする

好意からきつい態度をとっている場合は、言葉などは酷いのに何故か関わり続けようとするというものです。

嫌いな人であれば、無理に関わらなくてもいいはず。

仕事や絶対に接点をなくせない相手であれば、致し方ないですが、話をする機会や接触を極力減らすことは可能です。

わざわざ近づいてきて嫌味を言ったり、用事がないはずなのに、いつも視界に入るところに居たりするのは、あなたと関わろうとする本心が隠れています。

突き放すような態度になってしまうけど、心の中では何をしているのか気になるし、困っているなら助けてあげたいとさえ思っているはずです。

一緒にいる必要もないのに、付いて来ながら、グチグチと文句を言ったり、相手が嫌がるようなチャチャを入れてみたりするのは、素直に優しい言葉を掛けられないだけ。

大人になれば、自分が所属するグループは選択してもいいもの。

絶対に抜けられないコミュニティであっても、関わらないようにすることは可能です。

きつい姿勢を取るくせに関わりを止めないのは、近くにいたいという心理が反映していると言えます。

女性が良くなるための言葉をかける

女性が良くなるための言葉をかける人は、きつい態度をとっていても、単純に、表現下手な人だと言えます。

言葉遣いが悪い人というのは、多くいるもの。

本当は心配しているのに、「そんなんだから○○なんだよ」とけなしてみたり、大事に想っているのに「好きにしろ」と突き放してみたり。

言われた方はショックを受けますが、男性からすれば愛情表現の一つです。

言葉や態度が悪くても、女性がこれからどうしたら良くなるのか、長所を伝えたり、気付かせてくれたりするのは、好きな気持ちがあるからと言えます。

心の中では常に、改善点や明るい未来を描いている証拠です。

きつい言葉を言いながらも、褒めている時も同じ。

「これはどういう気持ち?」「褒められているのか、けなされているのか分からない」と感じても、相手からすれば「もっと自分の良い所に気が付いて欲しい」「魅力を認めたらいいのに」と思っているわけです。

険しい空気が流れていても、未来に向けての言葉があるなら、大切に思われている証拠と言えます。

色々な人を紹介してくる

色々な人を紹介してくるのは、きつい態度でも好きな気持ちを持っているという場合です。

女性がお願いしたり相談したりしたことに対して、「○○に言ってよ」「得意な人を教えるから、そっちに話して」と言うのは、実は彼の親切心。

言われた方は、「めんどうなのかな」「関わりたくないのかな」と突き放されたように感じてしまいます。

カレは、交友関係が広く、問題に対してベストな相手を、頭の中で瞬時に思い浮かべているのです。

あなたの性格や相手との相性を理解しているからこそ、即座にマッチングすることが出来ます。

嫌いな相手であれば、突き放すだけで誰かを紹介する事はありません。

人を通して紹介するという事は、自分の信用問題や相手との信頼関係も大きく影響する事です。

あなたに少しでも良くなってもらいたい、問題を早く解決してもらいたいと思うからこそ、交友関係を存分に使おうと思っています。

嫌いなヒトであれば、頼られること自体が面倒だと感じ、「知らない」「関係ない」の一言で済ませるはずです。

LINEでは優しかったり謝ったりしてくる

好きな気持ちがある場合には、LINEでは優しかったり謝ったりしてくるという行動が見られます。

目の前でいくら厳しい言動や視線をしていたとしても、心とカラダが別々に動いてしまうタイプであれば、頭の中は申し訳なさでいっぱいになっているはずです。

「また傷付けてしまった」「悲しい顔をさせてしまった」と後悔は、彼の心を蝕み続けます。

決まって帰った後に、後悔が全身を包み込み、謝罪したくて堪らなくなるのです。

姿を視なければ、心のままに想いを伝えることが出来る彼。

「さっきは、ひどい事を言ってしまってごめん」「君に良かれと思って言ったんだけど、傷付けたかな」とフォローをしたり、全く関係のない話題で盛り上げようとしたりしてきます。

嫌いな人とは、離れてまで関わろうとするものではないので、自分がした行動を挽回しようとする態度を見せるなら、彼の心はあなたに向いていると言えるのです。

用事がないのに連絡をしてきたり、謝罪してきたりするなら、彼が素直に出せない本音として受け取りましょう。

恋愛に関して聞き出そうとする

恋愛に関して聞き出そうとしてくるなら、興味関心を持っているという事です。

いくらキツイ対応をしてくる人でも、プライベートのことまで聞いてくるのは、気になって仕方がないから。

ましてや恋愛に関して聞いてくるのは、今はまだ気持ちを伝えるつもりがなくても、自分が、恋愛対象者に該当するのかどうか、確認したいという心理が隠れています。

他の男性と話していると勝手に嫉妬したり、ライバルを見立てたりして、少しでも恋愛相手として意識してもらえるよう、燃えているのです。

知人や友人として関わっているだけなら、好きなヒトがいるのか、彼氏がいるのか気になったりはしないし、話の流れから思い付きで聞いてみたとしても、深追いしてまで聞きたいと思う話題ではありません。

誰でも自分の恋愛は楽しいものですが、人の恋話は興味がないからです。

言葉が悪くても、後でふと「今のは好きなタイプを探られたのかな?」と感じるのであれば、気持ちがある可能性が大きい言えます。

男性が相手女性を嫌っているためその人にだけ冷たく厳しく接してくるケース

会議の場で集中攻撃してくる

嫌いなケースは、会議の場で集中攻撃で非難してくるケースです。

お互い一人の対面で話している時に、不満を言ったり突き放したりするのは、話の内容やその態度から見極める必要がありますが、他の人が大勢いる場で厳しい姿勢をとるのは嫌悪感を持っているから。

仕事上で関わりがあり、相手が上司で、あなたが直属の部下という関係なら、「この子を育てたい」という気持ちも含まれる場合がありますが、そうでないなら、会議の場で攻撃しなくてもいいはずです。

皆が聞いておくべき非難や意見があるなら、一人に集中せず、あちこち考えを吸い上げながら会議を進行します。

一方的に攻撃姿勢を崩さないのは、あなたが何をやっても、カレの癪(しゃく)に触ってしまうからです。

後からのフォローもなく、新しい意見に導いてくれるわけでもなく、ただ厳しいだけの態度は、仕事にかなりストイックなタイプの人が行う愛情か、嫌いかの二択となります。

あなたとの関係性、普段の様子なども含めて、会議中の態度を検証してみましょう。

目があったら本人に気付かれないように嫌な顔をする

嫌われている場合は、目が合ったら本人に気付かれないように嫌な顔をするというもの。

心の奥底から沸き上がる嫌悪感というのは、表現しないように気を付けていても、つい顔や態度に出てしまいます。

「本当は嫌いだけど、あからさまな態度は失礼」と理性が働くので、本人には見られないように顔を背けるわけです。

感情を我慢してしまうと、心に黒い影が落ちてしまい、メンタルに影響を与えます。

沸き上がった気持ちは、少しづつでも吐き出して昇華すると、ストレスを溜めすぎることなく過ごせるのです。

無意識のうちにでも、顔を背けてしかめたり、舌を出して吐き出すそぶりをしたりするのは、心の中のモヤモヤを外に排出しようとする動作。

本人に見えていない前提なので、「うわ、話してしまった」「目が合ったよ、最悪」と独り言が出てしまう事もあります。

視線が合うというのは、同じ空間や時間を共有している事を実感する出来事です。

「嫌いな人と同じことをした」という意識が、嫌な態度を引き出します。

女性が他の人と楽しそうにしていると不機嫌になる

女性が他の人と楽しそうにしていると、不機嫌になるのは嫌いな気持ちを持っているサインです。

男女問わず、誰と仲良くしていようと、他の人には関係がない事。

ましてや普段から冷たい人なら、何をしていても気にして欲しくないと思ってしまいます。

他の男性と話をしている時だけでなく、女の子と仲良くしているだけでも、不満を言ったり不機嫌になったりするのは、あなたが笑顔になってはしゃいでいる姿そのものに反応しているのです。

笑ったり、色んな話題で盛り上がったりしている姿が、気に入りません。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

嫌いな人が楽しそうにしていると、見ているだけで、より孤独感が強くなったり、負けた気がしたりするもの。

充実した人生を送っているのを、突きつけられるのが悔しいのです。

笑顔だけでなく、笑っている声や大はしゃぎしている動作など、全てが疎ましく感じています。

男女問わず仲良くしている姿を見て、不機嫌になるのは、誰とどういう関係なのか気にしているわけではなく、あなたの態度そのものに不快感を抱いているという心理だからです。

用事を他の人を使って伝えてくる

自分の用事なのに、第三者を通して伝えてくるのも、嫌われている事を意味しています。

仕事でも飲み会などの予定も、人間関係が繋がっていれば、話をしなければいけない場面は避けては通れません。

事務的な応対でも、一方的に発信している様であっても、相手と会話が成立しているうちは、拒絶まではしていない状態です。

声を掛けなければいけない状況であっても、自分で話しかけることなく、第三者を通して伝言をするようになっているなら、嫌われてしまっている証拠と言えます。

気が合わない、心の地雷ばかり踏んでくる、生理的に受け付けない、など様々な嫌いがありますが、声も聞きたくないのは、距離を取りたいと思っている典型的な行動です。

仕事での伝言も、離席中にメモを置いておいたり、誰か別の人に「伝えておいて」と言って終わらせたり、出られないと分かっている時を狙って電話をかけて留守電にメッセージを残すなど、直接対話をしなくてもいい方法を選びます。

恥ずかしくて声を掛けられないだけなのであれば、メモを読んでいる姿を目で見たり、誰かに頼んだ伝言をきちんと聞いたか確認したりするので、その後の行動も注意深く観察しましょう。

二人きりになるとすぐにその場から離れる

嫌いな気持ちが理由で、冷たい態度をとる人は、二人きりになると、すぐさまその場から離れるという動作が見られます。

話をしなければいけないことがある、同じ空間にいなければいけない事情がある、そういった場合でも、嫌いな人とは出来るだけ遠くにいたいと思うもの。

心の中では、「嫌だな」「早く皆戻ってこないかな」と思っていても、顔には出さず笑顔で対応するのが大人です。

しかし、既に彼は厳しい態度を出しています。

他にも同じ空間に人がいれば、世間話をすることも出来ますが、二人だけになるとプレッシャーが大きくなり、息が詰まってしまうところです。

話をしたくないので、二人きりになった途端、今いる空間を去りたい気持ちでいっぱいになります。

「そういえば、忘れていた事があった」「なんだか暑いな」など、理由をつけながら、部屋を出ていくのです。

または、無言のままその場を去り、空気のように扱われます。

自分にだけ冷たいのは好きだから?それとも嫌われてるから?彼の本音が分かるチェック方法

冷たくされるのを恐れず何度も話しかける

カレの本音がわかるチェック方法は、冷たくされるのを恐れずに、何度も話しかける事です。

「あの人の態度が怖い」「本当はどう思われているのか不安」と思っている時には、積極的に関わろうとしないもの。

厳しい言葉を突きつけられる度に、落ち込んでしまうので、精神的にも疲れてしまいます。

本音を探るためには、何度も繰り返し挑戦し、検証する事が必要です。

一度や二度では分からない事も、繰り返しチャレンジする事で、傾向が見えてきたり、反応が変わってきたりします。

話しかける度に睨まれたり、「何?」と用件だけを求められたりと、応対が悪くても、正面からぶつかってくる相手に、本心をさらけ出していくものです。

人付き合いが苦手な人や特定の相手にだけ緊張するタイプであれば、慣れて来ることで柔らかさが出てきます。

逆に、嫌われているのであれば、「これ以上振り回されたくない」と思う男性の方から、関わらないようにするための方法を指示してくるはずです。

「お願いだから放っておいてくれるかな」「全部、他の人とやり取りして欲しい」など。

相手の反応が変わってきたときこそ、本音を知る事が出来るのです。

お願い事をして受けてくれるかチェックする

本当の気持ちを知る為の方法は、お願い事をしてみて、受けてくれるか、行動に起こしてくれるかをチェックするというものです。

誰かから頼りにされるというのは、一般的に考えれば嬉しいと感じるもの。

特に、仕事仲間や友達の中でも親しいと思っている人や、今以上に仲良くなりたいと感じている人からの頼まれごとは、少々頑張ってでも応えてあげたいと思う人がほとんどです。

恥ずかしかったり、どう対応していいか分からなかったりという理由なら、頼み事をされた時に、小言を言いながらでも対応してくれるはず。

一方、嫌われているのであれば、あらゆる理由をつけて、どうにか拒否できないかと考えます。

時には、「そんなことをしても意味がないよ」「どうしてやらないといけないの?」とあからさまに断る事も。

好きな気持ちを持っているなら、「面倒だよ」「他の人がいるでしょう」とブツブツ言いながらも、行動に落としてくれるので、歴然の差が出るのです。

いつでも聞ける内容をLINEで質問する

カレの本音を知りたいのなら、いつでも聞けるような話の内容を、わざわざLINEを使って質問してみましょう。

出来るだけ接触したくないと思っているのなら、「会った時に返事をしよう」「すぐに返事をしなくてもいいや」と先延ばしにしてしまうため、既読無視されてしまいう可能性が高くなります。

次の日会う予定だとしても、すぐに返事が返ってくるなら、あなたと向き合ってくれている印です。

嫌われていない証拠となるので、文面が淡泊でぶっきらぼうでも、落ち込むことはありません。

ラインは、コミュニケーションを取るためにとても便利なツールですが、心の中の状態が分かりやすくもあります。

返事をしたくなければしない、礼儀として、一言でも返そうと気にかけてくれるなら、「明日会うけどメッセージは送っておこう」と思うものです。

相手の本音と同時に、どのくらい真剣に向き合ってくれようとしてくれているのか、レスポンスの速さや誠実さまで、確認できる方法と言えます。

偶然を装って少し触れてみる

相手の本音を知ろうとするなら、偶然を装って少し触れてみる事も一つの方法です。

恋人ではない人からスキンシップをされると、これからの関係に大きく影響してくる行為となります。

偶然でも、好きなヒトとぶつかることがあれば、心がドキッとして、その後も、何度も頭の中で繰り返し感触や、場面が思い浮かぶはずです。

逆に、かなり嫌いな相手でも、触れてしまった時は、部位に対して相当着目してしまうところ。

「一刻も早く、その場を立ち去りたい」という衝動に襲われることもあるほどです。

好きなヒトとなら、「もしかしたら、もう一度偶然があるかもしれない」と予定していた話しよりも、わざと脱線して会話時間を延ばすこともあります。

ぶつかった時の相手の表情、瞬時の反応、その後も同じ場に居続けるかどうかなどを観察する事で、相手の心が見えてくるのです。

触れた瞬間、体が固まったら、その時点で好感か嫌悪感かどちらか抱いている証拠。

次の瞬間に何をするか、表情の変化と共に確認し、相手の気持ちを探りましょう。

プライベートな事を聞いてどこまで返事を返してくれるか確認

相手の気持ちを探る為の方法は、プライベートな事を聞いて、どこまで返事を返してくれるのか、相手の心の開き具合を確認する事です。

人間関係で、心の距離を近づけるために必要なのは、多くの会話。

ビジネスに関してだけでも、お互いを心から信頼しあうことが出来れば、プライベートがどんな状態で、オフモードの時はどんな人格なのかまで知る必要はありません。

ビジネスライフを共にしている中で、仕事に対する姿勢や取り組み方等を見ている人なら、築き上げられる関係と言えます。

しかし、ほとんどの場合、そこまで深くビジネスで関わっている関係の人は多くはないはずです。

多くの会話や信頼関係を結ぶために、ポイントとなるのがプライベートの話題となります。

普段は何をして過ごしているのか、恋人はいるのか、どんな時に嬉しいと感じるのか、など心理面に対して「知りたい」という意欲を相手に見せましょう。

冷たくあしらわれている最中でも、めげることなくプライベートの事を聞いてくるあなたの事を、どう思うかは普段の気持ち次第です。

相手の人生に、踏み込んだ内容だからこそ、聞かれて嬉しいのか、嫌なのか本心が現れます。

自分にだけ冷たい男性にストレスなく接するための上手な対処法

全員に対して平等に挨拶して相手の反応は期待しない

ストレスなく接するための上手な対処法は、日常で関わる全ての人に対して平等にあいさつし、相手からの反応は一切気にしない事です。

社会人にとって挨拶は、とても大切な役割を持っています。

今まで知らなかった人と知人になるきっかけとなり、毎日顔を合わせる人が元気で過ごしているか知る手掛かりにもなり、親しい人と心を通わせあう瞬間を得る事にもなるものです。

挨拶を行う一瞬で、相手の起源を知ることも出来るし、今後関わるかもしれない人と僅かでもご縁を繋ぎ続けることも出来ます。

いつも無視されていたり、淡泊にあしらわれたりしていても、人との関わりは、いつどこで新たな展開が訪れるか分かりません。

どうせ顔を合わせる人なら、毎日機嫌を窺ってオドオドしたり、恐怖を感じてビクビクしたりせず、明るく一瞬で接点となる時間を終わらせましょう。

流れ作業のように、会う人みんなに「おはようございます」「お疲れ様です」「お元気ですか」「お手伝いできることがあれば、いつでも言ってくださいね」などと声を掛けます。

相手からの反応を期待しない事で、傷付かずにポジティブな言葉を投げかけることが出来るのです。

種まきをしておく事で、必要とされた時に、あちら側から声をかけてもらえるようになります。

関わらなければいけない事は仕事として割り切る

関わらなければいけない事は、仕事として割り切ると、ストレスなく対処することが出来ます。

冷たくされても、関わらなければいけない人は、多くの場合、仕事で関係のある人。

無下にすることも出来ないし、気にしない事も無理であれば、気持ちを切り替えるのが、早い方法です。

相手の顔色が気になるのは、「仲良くなりたいな」「親しくなれなくても、少しくらい優しくしてくれてもいいのにな」という期待を抱いているから。

期待を抱いていると、その分ギャップを感じて、不満となってしまいます。

あなたの中にある期待を一切排除し、完全に事務的な会話として話さなければいけない事、一緒に行動をしなければいけない事を割り切って取り組みましょう。

節度をわきまえることで、相手からフレンドリーな対応を求めることなく、居られます。

頭の中に、テキパキをやるべき事をこなし、任務のみ遂行する、スーパーキャリアウーマンを思い浮かべ、なり切り楽しみましょう。

好きな男性であれば一旦距離を離して相手を知るところからリスタート

悲しいくなるほど突き放してくる男性が、好きな人なら、一旦距離を離してから、相手を知るところからリスタートしましょう。

多くの人は、少し仲良くなると、相手の事を分析し始め、様々な推測を立てるようになります。

「この人は優しいから、いつも困っている人を助けてあげている」と気が付いたら、頭の中で「大きな荷物を持った人も手伝うんだろうな」「周りの人が体調が悪くなったら、心配してくれるはず」と予測が広がるのです。

しかし、実際に目で見て確認できるカレの姿は、想像の中のほんの一部分でしかありません。

拒絶ともとれる行動をするカレの事を、どこまで理解できているのか、今一度確認する必要があります。

知らない事を知る。

あなたがカレの何を知らなくて、理解できていないのかを、探っていくのです。

本音や過去の辛い出来事など、相手を知る度に今の態度も、徐々に理解できるようになります。

知らないうちに、彼を傷つける言葉を掛けていたのかもしれないし、トラウマを刺激していたのかもしれない、と自分の動作が原因である可能性も、視野に入れながら、改めていい所も悪い所も、知っていきましょう。

機嫌が悪いかどうか心配する

相手の機嫌が悪いのかどうか、心配をしてみるというのもストレスなく過ごせる方法。

ぶっきらぼうに返事をされた、無視をしてきた、お願いした事をしてくれない、仲間外れにしてくる、など起きている現象だけに目を向けると、悲しみが募り、心が疲弊してしまいます。

気持ちを一転して、あの人がどうしてそんな様子になっているのか、大きな愛で包んでみましょう。

母親、あるいは恋人、また聖母のような気持ちになって、あの人の存在そのものを包み込む意識を持ちます。

イライラしているのか、機嫌が悪いのか、トラブルがあったのか、悲しいのか、男性の心が穏やかではないことが分かれば、心のざわめきを穏やかにしてあげたくなるはずです。

「いつも機嫌が悪いの?」「心配事でもあるの?」とあの人の心の中にあるストレスを解消してあげるよう、声掛けを行います。

冷たい態度に感情的になったらその場を離れ深呼吸

相手のする事成す事に、感情的になってしまったら、その場を離れて深呼吸を行うと、ストレスを溜めすぎずに過ごせます。

人の怒りの感情は、六秒過ぎるとピークを越えると言われているのが、アンガーマネジメント。

人は、感情を持つ生き物だからこそ、自分の心の様子をうまくコントロールする事が幸せに生きるコツになります。

怒りや悲しみは、幸福感を下げてしまう大きな要因です。

自分だけの問題であれば、誰しも「どうやって乗り越えよう」「楽になる方法を考えよう」と思えるものですが、他人が関わると、途端に冷静に考えることが出来なくなります。

「何であんなことをするの」「そんな言い方をしなくてもいいじゃない」と怒りの感情が沸き上がると、しばらく尾を引いて、日常が手に付かなくなることも。

相手に振り回されないようになるためには、怒りや悲しみを感じた瞬間、その場を離れる事です。

誰もいないところで、空や海、白い壁など、人物を想像しにくい風景を前にし、深呼吸を行います。

ピークを越えると、自分らしさを取り戻すことが出来るので、大きなストレスにはならずに済むのです。

相手の本音を引き出すチェックをしてみよう

絶対に関わらなければならない人が、自分にだけ冷たい態度をとってくると、意味が分からず嫌な気持ちになるものです。

ましてや、好きなヒトなら悲しみで胸がいっぱいになります。

複雑な男性の心理を読み取るためには、単発の反応から判断するのではなく、継続して相手の本音を引き出すチェックをしてみて、観察する事が大切です。

ストレスを抱えることなく、振り回されずに過ごせるように、対処法もマスターしていきましょう。12275

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事