彼女からの手紙で泣いた!もらって嬉しいタイミングや重くならない書き方のポイントと誕生日&記念日の手紙の例文付き
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 「彼女からの手紙で泣いた!」という経験を持っている男性も少なくありません。

    誕生日や記念日で、彼に喜んでもらいたくて「手紙を添えようかな」と考えているなら、男性の心が大きく動くような内容に仕上げると、二人の関係がもっと深いものになります。

    単に出せばいいというものでもなく、重く感じてしまうケースもあるので、ポイントを押さえて感動を呼ぶためにも、「彼女からの手紙で泣いた」と言わせられる例文や内容を紹介していきます。

    もらって嬉しいタイミングや書き方のポイントも具体的に解説していますので、参考に文章を組み立ててみてください。

    あなたの想いが伝わるのが一番大事。

    手紙をきっかけに、素晴らしい記憶に残る記念日にしましょう。

    目次

    彼女からの手紙で泣いた!もらって嬉しいタイミングがある

    手紙は残る、読み返せるから気持ちが伝わる

    彼女からの手紙をもらって嬉し泣きをするのは、形が残って後から何度も読み返せるからです。

    どれだけ心に響く言葉を聞いても、人生を変える程のキーワードがなければ、一瞬で記憶に定着する事はありません。

    感情は流動的で、その都度動くものなので、感動するタイミングも多くあるものです。

    忘れてしまうことで、「あの時の言葉はすごく勇気が湧いた」「嬉しかった」と思い出に残っても、実際に何を言われたかまで思い出す事は難しいと言えます。

    手紙であれば、記録であり財産です。

    何度も読み返せて、その度に感動を蘇らせることも出来ます。

    メールやラインが発達した現代では、恋人からわざわざアナログな形で手紙をもらうなど、本当に少なくなってしまっているはずです。

    ここぞという時に渡すからこそ、感動は大きなものであり、手に取れる形であることも、気持ちを高める要因の一つとなっています。

    何回でも過去の出来事や感情に触れることが出来、その度に涙が出る程嬉しい気持ちがこみ上げるわけです。

    落ち込んでいる時や記念日など、これから先何度も同じ局面で手紙を視る事が出来るので、一層喜びが大きくなります。

    仲直りの手紙は本音が知れるチャンス

    仲直りをするタイミングでもらう手紙は、男性の心を大きく動かし、彼女の本音を知れた喜びで満たされます。

    カップルと言えども、気持ちは言葉にしなければ伝わらないことが沢山あるはずです。

    親子で会っても同じ。

    好き同士でも、どんなところに惹かれているのか、尊敬している所は何かは、互いに違うからです。

    喧嘩をしたときには、相手を認めて受け入れる準備が整っていない時。

    だからこそ、自分の器の小ささやすれ違うことへの悲しみが生まれてしまいます。

    傷つけあってしまったけれど、もう一度きちんと向き合いたいと願うからこそ、仲直りは起こるわけで、歩み寄ろうとする姿勢が全面に出てくるものです。

    普段は、言葉に出来ない想いを活字にする事で、重みを増します。

    「好き」「愛している」「助けられている」「出会えてよかった」「本当はこんな時に寄り添ってほしかった」などなど、本音を知れた時の喜びは計り知れません。

    大事な人だからこそ、普段言えない事でも文字を通して伝えたいと思う気持ちや、受ける側は、より彼女を深く知れることへの喜びで幸せなやりとりが発生しているのです。

    素直に謝れない人も、文字を使えば想いを伝えられます。

    心が通い合う幸せを実感する瞬間です。

    彼が疲れている時や落ち込んでいる時

    彼が疲れている時や落ち込んでいる時に渡される励ましの手紙は、涙が出るほどうれしいものです。

    男の人は、自分の肉体的にも精神的にも参っている時に、素直にアピールする事が苦手な人が多くいます。

    過剰なほどに「疲れている」と表現する人もいますが、そんなタイプは甘えていて構ってほしいだけ。

    本気で落ち込んでいる時には、黙って時が過ぎるのを待つモノです。

    仕事が繁忙期に入って、寝る暇もないくらい追われている時や、信頼している人に裏切られた、思いがけないことがきっかけで多額の借金を背負う事になった、求めていた結果が出なくて労働だけとなった、など心が滅入ってしまった時ほど、黙って連絡を絶ったり、心ここにあらずの状態で一緒にいるので、恋人としては心配するばかりとなります。

    「話しても、状況が変わるわけではない」と思っているから相談もしないのですが、そんなタイミングで心に寄り添ってくれる手紙をもらえると、涙が出る程嬉しいところです。

    自分自身の事を心配してくれる人がいるだけで、安心感が生まれ、幸せを感じられます。

    何もないときの手紙だって嬉しい

    何もない時にもらう手紙でも、涙が出る程嬉しい事が多いものです。

    期待していない時に、嬉しい事があると、その喜びは何十倍にもなって心を満たしてくれます。

    彼女が渡す手紙は、「あの人に大切だという想いを伝えたい」「いつも頑張っているから応援したい」「幸せの恩返しをしたい」など、ポジティブな理由であるはずです。

    ポジティブなサプライズは、心に潤滑油を与えてくれ、日々の生活をよりグレードアップさせてくれます。

    何でもない一日が特別な日に早変わりするに違いありません。

    受験勉強を頑張っている子供に、親が夜食と共に一言応援メッセージを書く、共働き夫婦ですれ違いの食卓に、料理の隣に愛のメモが置いてある、など家族の中でもさりげない手紙は感動を呼ぶくらいです。

    付き合っているカップルでも、いつものデートで日頃の愛を伝えるメッセージを文字に起こしていると、本当に大切にされている事を実感できます。

    些細な一言が、心を動かし、サプライズが喜びを増幅させるのです。

    誕生日の彼女からの手紙で泣いた男性多数|内容と例文を紹介

    誉め言葉が多く含まれている【例文「尊敬しているよ」】

    誕生日のタイミングで彼女からの手紙で男性が泣いた内容は、褒め言葉が多いものです。

    例文としては「尊敬しているよ」という言葉が挙げられます。

    男性は、自分のルールで、社会の中で生き抜くために必死で毎日戦っているものです。

    誰かに褒められたりすることはなく、どれだけ自分の心に誇れる仕事をしたかという点が重要になります。

    それでも、認めてもらえると嬉しいもの。

    何よりも、大切に思っている彼女から、努力を認められ、仕事ややるべき事に向き合っている様子を褒められると、「頑張ってよかった」と思えるものです。

    希望の容姿を手に入れるために筋肉トレーニングを頑張っている男性も多いので、外見も内面も褒められると感動します。

    言葉で伝える事も大事ですが、文面だからこそのメリットもあるはずです。

    自分のしっくりくる抑揚で何度も読んでみたり、好きなタイミングで読んだり出来ます。

    「○○君の、頑張っている姿を見て、いつもすごいなって尊敬しているよ」と言葉を受け取れば、一層日々の取り組みを頑張ろうと思えるものです。

    見守ってくれる人がいる、受け入れてくれる場所があると思える事は、大きな安堵となります。

    男は努力して当たり前、という考え方が世の中に浸透している事もあり、認められる場面が少ないのも要因です。

    出会えたことへの感謝【例文「私を見つけてくれてありがとう」】

    出会えたことへの感謝を伝えると、男性はぐっと涙がこみ上げます。

    例文としては、「私を見つけてくれてありがとう!」といったようなものです。

    付き合い始める前には、二人はただの友人や知り合いなど、今よりは希薄な関係性で遠い存在だったはず。

    さらにもっと前は、育ってきた環境も違えば、親も状況も、場合によっては生まれた地域や年代も違う、赤の他人です。

    何かが一つずれていれば、二人は出会わなかったかもしれない可能性だってあります。

    出会いは、本当に奇跡の連続で訪れるものです。

    知り合ったからと言って、恋愛に発展するとは限らないし、好きになっても両想いになるなんて、また奇跡の様な事だと言えます。

    ミラクルの連続が、今の関係であり、お互いに気持ちを伝えあえるようになっている事に感謝の気持ちが沸き上がるところです。

    そんな出会いの場面を思い起こして「見つけてくれてありがとう」と表現すれば、男性に主導権があるようにも感じます。

    彼氏の方が見つけたからこそ、今の恋があるのだと思えれば、カレは「良い事をした」と自信が持てるし、「感謝してくれるなんて、嬉しい」と心が震えるわけです。

    もっと幸せにしてあげる【例文「喜んでもらえる事も頑張るよ」】

    今よりももっと、男性の事を幸せにしてあげるといった内容は、涙を誘います。

    「あなたにきっと、喜んでもらえる様な事も、これから一杯頑張るね」といった文面は、彼女の健気な姿勢が垣間見えて、心底愛されている事を感じるに違いありません。

    男性は、女性から寄せられる愛情を身に染みて感じたとき、深く感動します。

    自分のために、「頑張るよ」と言ってくれる彼女がいるなら、どんなことでもできる気がしてくるはずです。

    二人の幸福な未来を見つけるため、また一緒にハッピーな気持ちを維持できるように、彼女が幸せにしてくれようとしてくれている分、自分も行動に起こそうと決意します。

    女性が伝える、「今よりもっと」という表現は、現在でも十分満たされているという意味合いを含んでいるものです。

    「今までたくさん愛してくれてありがとう」という気持ちを込めているからこそ、「次は私の番だよ」と投げかける事が出来ます。

    だからこそ、普段の気配りが伝わっていると感じて、達成感が芽生えるわけです。

    「今まで彼女のために尽くしてきてよかった」「努力が報われた」という安心感や喜びが涙となって表れます。

    応援メッセージ【例文「仕事、頑張ってね」】

    男性がもらって嬉しいのは、応援メッセージです。

    特に、「仕事、頑張ってね」という一言は、かなりの破壊力を持っています。

    ビジネスは、男性にとって日々の、”やらなければいけない事”であり、自己実現の場。

    努力すればする分だけ、自分の存在価値を見つけることが出来ます。

    ビジネスで評価されることが、人生の目的となっている人も少なくありません。

    責任感が強い人も多いので、任せられた仕事に真っすぐ向き合っていることで、「自分がしなければ、皆が困る」と気合も入ります。

    彼女からすれば、仕事に敵対心を持つ人もいるのが実情。

    あまりの構ってもらえなさから「仕事と私、どっちが大事なの?」と詰め寄る人も珍しくないはずです。

    ドラマだけの話だと思っている人もいますが、いつも仕事でデートをキャンセルされて、休日もほったらかしのカップルなら、叫びたくなる気持ちもわかります。

    重要度の高い仕事に対して、非難するのではなく、受け入れて認め、褒めて応援する事で、男性からの愛を勝ち取ることが出来るのです。

    「一生懸命頑張ってきたから、絶対に上手くいくよ」「体を壊さないように、管理は私に任せてね!」など、仕事の応援だけでなく、体調管理を買って出てくれると、完全なる理解者となったことを意味します。

    男性からすると、これほど頼りがいのあるパートナーはいないはずです。

    彼女からの手紙で泣くのは記念日|内容と例文を紹介

    思い出を振り返る内容【例文「大きな喧嘩も今では笑い話だね」】

    記念日レターで涙が出るのは、思い出を振り返る内容です。

    付き合った記念日、初めてケンカをした日、最初に結ばれた日、などカップルの中には数多くのお祝いを持つ人もいます。

    どのカップルにも割と共通している記念日と言えば、付き合い始めた記念日。

    そんな日には、今まで二人が積み重ねてきた歴史を振り返る事が、彼の心を掴む内容となります。

    例文としては、「あの時の大きな喧嘩も、今となっては笑い話だね」といったネガティブな記憶が、二人の成長の糧となったエピソードがあるはずです。

    当時は「理解し合えないことが、こんなにまで苦しいものか」と、もがいたはずですが、時間が経過してしまえば、「あの時の出来事があったから、今の二人があるよね」と言い合えるような素晴らしい経験になっている事も少なくないもの。

    失敗は、成功まで繰り返すと経験になると言われているように、ケンカさえも、二人の愛を強くするきっかけとなります。

    記念日に振り返るからこそ、余計に身に染みる出来事となり、感慨深くなるものです。

    ストレートに感謝のありがとうを伝える【例文「いつも支えてくれてありがとう」】

    記念日レターでは、ストレートに感謝の気持ちを伝える言葉が、心を打つものです。

    「いつも支えてくれて、ありがとう」とまっすぐな言葉は、彼のハートを鷲掴みにします。

    感謝の気持ちを伝えるのは、誰に対しても行った方がいいものですが、今まで色んな価値観を共有してきた恋人だからこそ、一緒にいてくれることへのお礼が大事になるわけです。

    普段は、改めて「ありがとう」と伝える機会もないですが、二人にとって大事な日だからこそ、クサイセリフも文字を通して伝える事が出来ます。

    何かを受け取ったり、してくれたりした時には、ナチュラルに「ありがとうね」と口から出てくるものでも、付き合っていること自体へのお礼は、言う機会がなく、後回しにするところです。

    言葉の駆け引きが苦手な男性でも、伝わる真っすぐな言葉は、誰にとっても受け取りやすいワードと言えます。

    彼がいてくれることで、どれほど心が安定しているか、勇気をもらえているか、具体的な場面を用いて説明すると、一層記憶が刺激されて、涙を誘うはずです。

    長続きをイメージ【例文「これからもよろしくね」】

    関係性が長続きする事をイメージさせる言葉は、彼に安心の涙を与えます。

    男の人は、自分や仕事、どうせ愛されていると恋人にまで、自信を持っている人は多いですが、実際に彼女がどう考えているのかまで予測出来ているわけではないので、実は不安を隠すためのポーカーフェイスという事も少なくありません。

    「考えても仕方がないから、信じるだけ」と愛されている事を疑わずに、過ごしている人も。

    そんな彼に対して、二人の記念をお祝いする場で、「これからもよろしくね」と関係が続くことを伝えるメッセージを送ると、「彼女もそう想ってくれていたんだ」と急激に安心感に襲われます。

    本当は不安だったけれど、顔や言葉に出すことが出来なかったからです。

    彼女の気持ちを聞けて、未来への決意を新たにする彼氏もいます。

    「自分も、ずっと一緒にいるつもりだよ」と生涯を誓いあう仲になるための、プロポーズをする事もあるはずです。

    未来を約束する事で、密かに不安だった気持ちを乗り越えれるようになります。

    好きをたっぷり【例文「愛を伝えても言い足りないよ!」】

    好きがたっぷり詰まった手紙は、あの人の心を感激で満たし、「泣いた」と言わせることが出来ます。

    付き合っている人から愛を伝えられるのは、当たり前だと考える人もいますが、実は基本のことだからこそ、蔑ろにはしたくないことです。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    記念日は、二人の愛を確かめ、お祝いする日。

    手によりをかけて料理を頑張ったり、ステキな夜景の見えるレストランでコース料理を堪能したりなどと、普段しないような特別なデートをするはずです。

    今までの想いを振り返りながら、これからの事を話しつつ、共に過ごせる事を幸せに感じます。

    そんな愛情がいっぱい感じられる日だからこそ、文字でもしっかりと残しておくべきです。

    いくら一日が楽しくても、思い出深かっても、時間が経過すれば忘れてしまいます。

    言葉にしたことも、残りません。

    「愛をどれほど言葉にしても、全然言い足りないよ!」と、どれだけ愛しているか、言葉や文字にしても溢れる想いの量には叶わない事を記しておきます。

    コップから溢れるように止めどなく沸き上がる愛情を表現していて、これを読んだカレも「同じ気持ちだよ」と感極まって涙がこみ上げるはずです。

    最大級の褒め言葉【例文「今が一番幸せ」】

    最大級の褒め言葉が含まれていると、記念日らしい思い出の品となるものです。

    どんなカップルも「好きな人と一緒に過ごせたら、幸せだろうな」と思う所から、お付き合いが始まっています。

    願いは、好きな人といることで、自分も相手も幸せになる事。

    男性にとっては、特に、その思い入れが強くなっており、自分の手で好きな人を幸せにしてあげたいという気持ちが強いところです。

    困っている事があるのなら、助けてあげたいし、悲しい思いをしているなら救い出してあげたいと願っています。

    共に過ごす事で、力になりたいと考えているからこそ、彼女の笑顔がなによりの答えとして喜びを感じるわけです。

    いつも笑顔でいられればいいのですが、時にはケンカをしてしまう事もあるし、泣かせてしまう事も。

    彼女の悲しんでいる姿を見ると、「何のためのオレなんだよ」と自分を責めてしまいがちです。

    記念日の機会に、日頃の感謝やどれだけ愛されているか実感している事を述べながら、「今が最高に幸せだよ」と最高潮であることを伝えると、なによりの褒め言葉となります。

    努力が報われ、幸せを存分に味わえるのです。

    彼女からの手紙で泣けない重い手紙の内容

    日記風にダラダラ事柄が書いてある

    もらった時に、「重いな」と感じてしまうのは、日記風にダラダラと事柄だけを綴ってあるような内容のものです。

    男性は、長文を読むのが苦手ですが、研究発表や論文、世情などの興味のある情報に関しては、どれだけ長くても目を通すことが出来ます。

    情報は、読むほどに自分の中で知識として積み上がり、いつか自分の中の正義や常識としてアウトプットする事が出来るからです。

    デート中の会話でも同じですが、彼女が伝えてくる出来事を時系列でずっとダラダラとしゃべってくる内容は、面倒だと感じています。

    言葉であれば、聞き流していれば済むものだし、他の考え事をしていてもやり過ごすことが出来るので、比較てき重荷に感じません。

    ただ、特別な日にもらう手紙の中身がこれでは、気分がげんなりしてしまいます。

    最後まで読まなければ、重要な事が書いてあるかもしれないし、質問をされる可能性もあるので、義務となり、より一層負荷がかかるのです。

    いつ、何があって、誰が、どうして、と第三者まで出てくれば、もうお手上げ状態。

    正直、心の中は「どうでもいい」と吐き捨ててしまいます。

    ポエムとして完成していて自分の世界に浸っている

    もらって嬉しくないのは、ポエムとして完成していて、自分の世界に浸り込んでいるような内容の時です。

    ポエムは、心情を表現するのに、とてもロマンティックでステキな響きの言葉が出てきますが、他人から見ると意外とどうでもいいようなモノと感じられます。

    二人の関係が綴られていても、どれだけステキな言葉を選んで使っていても、彼の心に響かなければ意味がありません。

    ロマンティックな表現は、ストレートな愛情をぶつけてくる男性にとっては難しいと感じる事もあります。

    「つまり、何が言いたいんだろう?」「この例えの表現は、何を意味しているのか読み解けないけど、聞くのも申し訳ないし…」と読解できない事に困惑しているケースも少なくないものです。

    彼女の心の中の世界を普段見ることが無いので、もらった瞬間は面白いと感じたり、世界観に感激したりするかも知れませんが、いつまでも読んでいられるものでもなく、早く解放されたいと考え始めてしまいます。

    感想を求められようものなら、何と伝えればいいのか困ってしまい、もう二度ともらいたくない手紙として君臨するはずです。

    感動のメッセージも頻繁に送られるとテンションダウン

    感動のメッセージであっても、頻繁に綴られて送られてくるとテンションダウンの要因となります。

    前項でも述べたように、カップルの中には、記念日をたくさん抱えている人たちもいるものです。

    あらゆる出来事に記念日設定し、スケジュール帳はハートマークがいっぱいというケースも珍しくありません。

    一般的には、一年サイクルで付き合い始めの記念日をお祝いするものですが、月単位に落とし込んで、月祝いをするケースであれば、年間12回も訪れることになります。

    その度に手紙を書いて、どれだけ愛しているか綴るのも、渡す側は嬉しくて仕方がないし、受け取る側ももちろん同じ気持ちで読んではいますが、感動は薄れてしまうのが現実です。

    「わざわざ手紙を書いてくれたの?」とはならないし、「こんなことを想ってくれていたんだ」と驚くこともなく、淡々と同じ事の繰り返しとなります。

    頻繁にお祝いする事が楽しくてやっているなら、無くす必要はありませんが、毎度の手紙は必要ないと言えますし、するとしても相手の感動を期待は出来ないと思っておきましょう。

    毎度サプライズを計画するのも楽しいですが、義務化してしまうとしんどくなるので、お互いにハッピーになれる頻度を見つけていくのも、大事です。

    長文は男性が最も苦手

    長文は男性が最も苦手とするものなので、「いったいいつまで続くのだろう」と思ってしまうようなのは、うんざりしてしまいます。

    江戸時代や平安時代の巻物の様に、バサッと広げなければ読めない様な用紙を選んだり、通常サイズに入りきらずに大型の茶封筒に入れたりするようなものは、もはや手紙ではなく、書類です。

    彼に、「読まなければ許しません」という義務を課したことになります。

    長文が苦手と言うのは、男性の脳は結果主義だからです。

    話がスタートしたら、完結部分をすぐさま想像し、課程はどうであれ、「結果、どうなんだ」という部分だけを知りたがります。

    文庫本でも、プロローグとエピローグしか読まない人もいるくらいです。

    長々と綴られていて、しかも書いたのは文章の素人である一般女性。

    恋人とは言え、読み続ける気力は持てないと感じてしまうのが正直なところです。

    読み進めながらも「結論は?」「最終的に、どうまとまっているの?」と気になってしまうので、内容が頭に入りません。

    ネガティブな内容が多い

    言葉のチョイスや話の流れが全て、ネガティブになっているものは、心理的に受け付けたくないのが、本音です。

    泣くどころか、「何が不満なんだろう」「どうしてこんな風に悲しそうになってしまったのかな」と心配が浮かびます。

    あの人にとって、あなたの心の中は、二人でいる時間の通知表です。

    辛くなっているなら、恋人である自分の責任だと思ってしまうのも無理はありません。

    日頃、何に悩んでいるのか、不満があるのか、未来に希望が見いだせないとか、自分の価値が分からないとか、ネガティブな内容を見ていると、読んでいる人自体も病んでしまいます。

    随所で、「大好きだよ」とか「○○君がいてくれて嬉しい」などを挟んでいても、相対数でマイナスイメージが付いていれば、涙には繋がるはずがないのです。

    彼の心をかき乱し、その後も心配させ続けることになるので、迷惑な手紙と言えます。

    悲しい感情は、人の心に深く根っこをおろしてしまうもの。

    あの人の心さえも蝕んでしまう事になるので、無意識に出ている言葉で自分なりにはいつもの事でも、一度読み直して受け取る側の気持ちを考えてみましょう。

    彼女からの手紙をもらって喜んでもらうためのコツ

    長すぎない目安は便箋2~3枚程度

    喜んでもらうためには、長すぎないことが第一。

    男性の文章限界値として覚えておきたいのは、便箋にして2・3枚程度です。

    本当は、便箋一枚でも十分嬉しいですが、これだけだと当たり障りのない言葉で終わってしまうので、「泣いた」と言わせるのは難しくなります。

    心を大きく動かすためには、少なくとも相手の想像力を働かせ、回想してもらい、言葉に共感してもらう必要があるはずです。

    すると、一枚では足りなくて、2枚もしくは3枚程度には話が膨らみます。

    どれだけ盛り上がって来ても、4枚以上はNGです。

    封を開けた瞬間、手に取った4枚の厚みは「長い」と思ってしまいます。

    ダラダラ話してしまうクセがある人や、物語をまとめるのが苦手な人は、何度か練習をしてみるのがオススメです。

    起承転結を意識して、感情の波を盛り込んで、彼の心を刺激する分かりやすい文章を構成する事が大切になります。

    とはいっても、難しい事は考えなくても大丈夫。

    長くなってしまったら、不要なエピソードを削ってしまえば、多くの場合は上手く収まります。

    一番の伝えたい所に、マーカーをしたり、色ペンを使ったりして視覚に訴えれば、より長さを感じにくくなるところです。

    これからどうしたいかを書く

    喜んでもらうために、知っておきたいコツは、これからどうしたいかを書いておくことです。

    二人にとって、記念日や誕生日などのタイミングは、振り返りのいいチャンス。

    今まで過ごしてきた日々がどれほど楽しかったか、幸せを感じられていたかを伝えるのは、とても重要な中身です。

    しかしながら、それだけで終わったのでは、過去日記になってしまいます。

    「あーそうですか、はい。終了」と言った具合に、感動よりも、完結のインパクトを与えてしまい、なんだか寂しい気分にさせてしまう事も。

    彼の心が「嬉しい」「やったー」と喜びに満ち溢れる状態にするには、希望を見せるのが大事です。

    そのために、これから二人でどんな関係になっていきたいのか、どんなデートをしたいのか、ただ付き合っているという事実があるだけでなく、人間として成長しあえるようになるには、何が必要なのかを綴っていきます。

    「なるほど」と思わせるのがコツです。

    今まで話をしてきた内容でもいいし、思いがけない提案でも大丈夫。

    未来に希望を抱けたとき、活力と生命力が高まります。

    素直な気持ちを伝えて

    素直な気持ちを伝えるのが、彼に喜んでもらうコツ。

    回りくどい表現が苦手な男性は、素直な言葉が並んでいるだけで感動するものです。

    普段伝えている事であっても、改めて文字に起こしているだけで、グッとハートを掴まれます。

    ウソは、文字であってもバレるもの。

    見た目が綺麗な文章でも、気持ちが籠っていないものは、読んでいても心が動きません。

    いくら整えられた上辺を見せられても、文章が上手な人に書いてもらっても、無意味なモノとなってしまいます。

    心の状態は、カップルにとって何よりも重要な架け橋の部分です。

    ウソや体裁を整えても、信頼が無くなります。

    下手な言葉でも大丈夫、上手くまとまっていなくてもOK、素直な気持ちをありのままぶつけましょう。

    ただし、何度もお伝えしているように、日記のようになったりポエム仕様などで、ダラダラとなってはダメです。

    端的に想いを伝えられれば、どれだけ短くても、受け取る人には喜んでもらえます。

    感動を与えるには、単語に肉付けをする作業が必要ですが、文章化することに慣れていなくて「無理だ」と思うなら、ありのままの状態で仕上げるのがベストです。

    ポジティブな内容

    先ほど、ネガティブな内容が嬉しくないとお伝えしたように、逆バージョンのものは喜んでもらえるものとなります。

    パッと見た感じ、ポジティブな言葉が羅列してあれば、それだけで元気になってくるものです。

    言葉の力は、音にすると持っている力を十分発揮しますが、文字にするだけでもエネルギーが発動します。

    ポジティブな言葉がたくさん並んでいるのを読んでいると、頭の中にハッピーな要素が溜まっていくわけです。

    自然とワクワクしたり、ウキウキしたり、心が躍りだすような気分を味わえます。

    「嬉しい」「楽しい」「幸せ」「何でもできる」「ありがとう」など、ポジティブワードがたくさん散りばめられていると、記憶に強く残る手紙となるはずです。

    具体的な言い回しや出来事の回想などは忘れてしまっても、「もらって嬉しかった」「楽しい気持ちになった」という感情は残ります。

    この沸き上がる感情こそが、涙の源となり、二人の絆に直結するのです。

    泣かせたい気持ちもわかりますが、まずは読んだ人が、自然と笑顔になり、ハッピーな気持ちになれる手紙を目指しましょう。

    相手も共感や同意、納得できること

    相手も共感や同意が出来、納得できることを含んでいると、喜んでもらえます。

    せっかく手紙を渡すなら、いかに恋人としてふさわしいか実感してもらうことが、意義のある事です。

    共感や同意を生み出すには、感情を記している事が大事になります。

    出来事ばかり羅列してあっても、記憶をさかのぼっているだけで、事実の検証でしかありません。

    感動を生み出すには、あなたがどう感じたか、一緒にどんな体験をした時に、どんな思いを共感してきたか、振り返りながら書いていく事です。

    感情を明確化していると、読んだ瞬間その当時に戻ったような気分になります。

    その時も楽しかったけど、手紙として再び出会い、またステキな思い出として体験する事が出来るわけです。

    二人で過ごした期間に経験した事は、全て共同作業。

    これがどんな意味を持つのか、これから先どう影響してくるのか、考えを示していると彼の中にある未来への方向性とも照らし合わせてもらえます。

    一致していれば、価値観の同意となり、ゴールインへ向かう事も夢ではないはずです。

    「あれもこれも一緒の気持ち」と思えることが、一心同体のように感じられて、幸福度が高まります。

    彼女からの手紙は特別な物!彼との思い出の共有にも

    彼女からの手紙は、恋人にとって特別なものです。

    「泣いた」と言わせるためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

    思い出の共有にもなるため、形にして残しておくことは、二人の財産にもなるはずです。

    節目の度に振り返るツールにもなるので、より絆を深める事も出来ます。

    男性が嫌がる文章の塊にならないように、事例を参考にしながら作成してみてくださいね。

    ポジティブで素直なら、それだけで十分心は掴めますよ。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事