彼氏・彼女が好きすぎてやばい!恋人や片思いの相手が好きすぎると感じたときの注意点
こちらの記事を読む前に必ずご覧ください。

恋人や片思いの相手が好きすぎてやばい、胸が苦しいという経験がある人もいるのではないでしょうか。

本来恋愛は幸せを感じるもの。ストレスに感じるのはよくありませんよね。

好きすぎてやばいという感情は、交際中でも片思いでも起こることです。

今回は恋人が好きすぎてやばいと感じる瞬間や好きすぎてもやってはいけないことをご紹介していきます。

また、片思いの場合、好きすぎる感情は冷静な判断ができずうまくいかないことも。片思いで胸が苦しい状態になったときの対処法も合わせて見ていきましょう。

※好きすぎて辛い気持ちとの付き合い方について知りたい方は、下記の記事をどうぞ※

目次

恋人が好きすぎてやばいと感じるときは?

さっきまで会っていたのに別れた瞬間に寂しい

恋人と付き合っていて、ちょっと相手を好きすぎて自分がやばいな…と感じるときってどんなときなんでしょうか?

たとえば、さっきまでデートをしていて、「バイバイ」と別れたばかりなのに、もうさみしいと感じてしまう瞬間。

自分が、かなり相手に心を持っていかれてしまっているな、と感じることはあるでしょう。

特に、自分が一人暮らしをしていたりすると、家に帰っても一人なので、そういうさみしさから「恋人とずっと一緒にいたい…」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

もしくは、相手が一人暮らしなので、つい、彼のところに転がり込んで、一緒に時間を過ごしたくなってしまう…。

別れ際に、帰りたくない、彼の部屋に泊まりたいと泣きついて、彼を困らせた経験をしたことがある人もいるのでは?

もちろん、彼もあなたと一緒にいたいなら問題はありませんが、相手が一人になる時間が欲しいと思っているなら、だらだら一緒にいられても疲れてしまうでしょう。それはただの依存になってしまいます。

なので、相手の感じ方次第では、すぐさみしく感じるあなたを重く感じることにもなりますので、気を付けましょう。

パートナーのすべてが好きと思えるとき

相手のすべてが好き!と思えるって、すごいことですよね。

どんなに好きな相手でも、ふつうはどこか冷静に客観的に相手を見ている部分もあって、「こういう短所もあるな…」と認識できますよね。

でも、そういうのが一切なく、相手を丸ごと「好き!」と思えるってまれなこと。

なかなかそういうゾーンに入るのって経験できないことですよね。

だからこそ、そう無防備に相手を好き!と思ってしまう自分に対して、「やばいなあ…」と感じるような、ブレーキのようなものがかかるのかもしれません。

時間が経つにつれ、相手の嫌な部分が見えるようになってきたときに、一番がっかりするのは自分ですから…。

連絡がつかないと何度もスマホを確認してしまうとき

相手からLINEの返信がこない、なんど電話をしても折り返してこない、電波が届かないところにいる、などとアナウンスが流れるなど、相手に連絡がつかないときに、不安が止まらないというのも、「やばい」と感じてしまう瞬間ではないでしょうか。

そこまで相手にのめりこんでいなければ、「まあ、何か忙しくて連絡できないこともあるよね」と冷静に考えて、ほかのことに意識を向けることもできるでしょう。

でも、それができずに、連絡がつくまで何度もスマホをチェックしたり、電話を入れたりしてしまうのって、ある意味、相手の行動をすべて把握していたいという束縛行為です。

それがエスカレートすると、ストーカーまがいになってしまうので、他のことに集中するなどして、あまり彼のことばかり考えないようにする習慣をつけましょう。

友達など周りから「本当に好きだね」といわれたとき

友人から、「○○って、ホントに××くんのことが好きだよね」と言われて、はっとすることってありますよね。

自分ではそこまでのめりこんでいるつもりはなかったとか、少なくとも他に人がいる前では、彼への溺愛ぶりを見せているつもりではなかったとしたら、余計ショックを受けてしまいますよね…。

特に、普段は友人の前でクールな人と思われているようなタイプほど、自分が相手に夢中になっていることを指摘されると焦ってしまうのではないでしょうか。

相手への愛情が他人の前でもだだ漏れしてしまうくらい、抑えられないものになっていると気づいたとき、「やばい…」と感じる人はいるのではないでしょうか。

自分が普段他人に見せているイメージを大切にしている人ほど、恋人を溺愛している姿を無防備にさらけ出すのって、ちょっとイメージが壊れそうで怖いんじゃないかなと思います。

これが自分だと思っていたものが、好きな人の存在によって劇的に変化してしまうとき、戸惑いが出るのは当然といえば当然。あまり気にしなくてもいいのではないでしょうか。

パートナーに合わせて趣味が変わっていることに気づいたとき

好きな相手から受ける影響って、ものすごく大きいですよね。

特に、相手のことを好きで好きでたまらないと、自分の部屋にも彼の持っているものと同じものを置きたくなりますし、好みのテイストも彼に寄って行ってしまうこともあるでしょう。

服装やインテリア、持ち物も彼のカラーに染まり始めている自分に気づいたとき、なんだか自分の個性が彼に飲み込まれるような気がして「やばい…」と感じてしまうこともあると思います。

結婚など将来のことを考えてしまうとき

今まで付き合った恋人とはそんなことを考えたことがなかったのに、今付き合っている相手とは、すぐに結婚がイメージとしてわいてしまい、「やばいな…これはかなり惚れてるな」と感じる人もいるのではないでしょうか。

そろそろ結婚したいな~と考えて付き合い始めた相手なら普通のことなのですが、もっと軽い気持ちで付き合い始めた場合や、年齢がまだまだ若いときは、付き合ってもすぐに結婚なんて考えませんよね。

それが、一緒に暮らしたいとか、将来は結婚したいなどと考えてしまうとしたら、相当、自分が相手に気持ちを持っていかれているな、とちょっと怖くなるかもしれません。

なんでも許されるわけではない!恋人が好きすぎてもNGな行動とは?

常に行動を報告し合う

恋人が好きすぎるからといっても、NGな行動はあります。具体的に見ていきましょう。

まず、常にお互いの行動を報告しあうことを義務づけること。

相手が自分の知らないところで何をしているか不安だ、という気持ちはよくわかるのですが、それを信頼でカバーできないようでは、恋人の意味がありませんよね。

恋愛って、相手への熱い思いももちろん大事ですが、それと同じくらい、相手を信じる、という信頼の部分も大切です。

相手が、自分と会っていないときに何をしていたか、何も聞かなくても相手から楽しく話してくれるのが一番理想的ですよね。

ですが、それを強制したり、ルール化されると、男の人は、途端に積極的に話してくれなくなるか、ウソをついてでもあなたが求めるような話をしてくるでしょう。

逆の立場になったと考えてみてください。

彼が、あなたの行動をいちいち報告しろ!と言ってきたら、やっぱりうざいし、重いし、「この人は自分を信じてくれないんだな…」とがっかりしてしまいませんか?

自分がされて嫌だな、と思うことにはちゃんと理由がありますよね。それを考えれば、相手にしないでおこうという心のストッパーにもなるはずです。

恋愛を長くうまくやっていくには、少しめんどくさく感じるところもありますが、常に相手の立場に立って考えてみる、ということがとても大切なのです。

毎日「会いたい」「連絡を取りたい」という

いつも恋人と一緒にいたい、と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

特に、恋愛経験がまだ少ないときは、「恋人とは時間があるときは常に一緒にいるもの」という考えに取りつかれることもあります。

なので、相手が仕事などで忙しいときや、一人になってだらだら過ごしたいと考えているときでも、自分の会いたいという気持ちを押し付けてしまい、結果的に相手にうっとうしく思われて、関係が破綻することもよくあります。

好きだから毎日会いたい気持ちも当然ですし、電話やLINEで連絡だけでも欲しいと思うのも当然のこと。

でも、自分だけの気持ちで行動をすると、相手の今の状況や、気持ちは無視してしまうことになってしまいます。

特に、その彼が、もともと一人で過ごす時間を大切にしているようなタイプの場合は、こちらの出方次第では、「こんなに一人の時間を持てなくなるなら、別れたほうがいい…」と考えることも。

なので、恋愛中、会いたくてたまらなくても、頻度はよく考えて。

相手の今の心境もよく推し量りましょう。

よくわからないなら、はっきり直接、どれくらいの頻度で会うのが彼にとって心地いいのか聞くのもOK。

本音で語り合えず嫌なことを嫌といわない

恋愛では、本音を出せない相手だと、いずれお互いに苦しくなっていくでしょう。

やはり、普通の友人とは違って、過ごす時間も濃密ですし、時には二十四時間以上一緒に過ごすこともあると思います。

そんなとき、自分の嫌なことを嫌と言えなかったり、相手にこうしてほしいと要望できなかったりすると、だんだんと関係に疲れてくるでしょう。

これが友人であれば、会っている二、三時間、我慢すれば乗り越えられるのかもしれません。

しかし、恋人であれば、夜を一緒に過ごすこともあると思いますし、そこまで親しくない友達相手のようには、うわべを取り繕ってやり過ごすことはできませんよね。

なので、これからも付き合っていきたいと思うのであれば、本音を語り合えたり、嫌なことはNOといえるような関係でいたいですよね。

ただし、本音だからと、相手を傷つけるような発言をしたりするのはNGですし、一緒にいれば、多少、こちらが目をつむらなくてはいけないシーンもあるでしょう。

なので、そのあたりは臨機応変に。

本音を語り合う上でも、単に思ったことをポンポンいうのではなく、あくまでも相手を傷つけるような言動は慎みましょう。

恋人に依存する

恋愛と依存の線引きは本当に難しいです。

自分の私生活で何か不安や嫌なことがあった時、恋人にすがりたくなる、甘えたくなることもありますよね。

それが依存だという人もいるかもしれませんし、そういうときに頼ることができなくて何が恋人だ、という人もいるでしょう。

筆者としては、普段はきちんと精神的に自立していて、でも辛いときは恋人に頼りたくなるのは、依存だとは思いません。

一方、普段から自分一人では何もしようとせず、いつも恋人と行動したがったり、精神的・経済的に長期間にわたって頼ろうとするのは依存といえるのではないでしょうか。

特に、相手が「寄りかかられるのはイヤ!重い!」と思うタイプだと、依存と思われた瞬間に、別れを決意されることもあるので、やはり、きちんと精神的・経済的に自立していることは重要なのではないでしょうか。

「本当に好き?」と頻繁に愛情を確認する

相手に「本当に私のこと好き?」と何度も聞いてしまうことってありますよね。

例えば、付き合っているのかどうか、なんだかはっきりしない関係にあると、こういうことを相手にいつも確認せずにはいられないのではないでしょうか。

はっきり「付き合う」という確認を取らず、なんとなく体の関係を持ち、デートを重ねていると、特に女性のほうは、「体目当てなだけかも…」と不安になりがち。

また、不倫関係も、あまりに不安定な立場なので、女性のほうは相手の男性に自分を本当に好きかどうか、常に確認したくなるのではないでしょうか。

男性は、何度もこういうことを聞かれていると、最初はちゃんと「好きだよ」と返事をしてくれていても、そのうち、鬱陶しく感じることもあります。

なので、きちんと付き合っている関係で、彼が怪しい言動をしていないのであれば、あまり「私のこと好き?」と聞きすぎるのはやめましょう。

ただ、もし、彼とは不安定な関係で、男性が、自分を誠実に愛してくれていると行動で示してくれていないのであれば、女性がこんな風に頻繁な愛情確認をするのは仕方がないこと。

不安にさせる男性側にも大いに責任はあるのではないでしょうか。

パートナーの周りにいる異性をすべて敵対視する

相手を好きすぎて、周りの異性がみんな自分の彼氏を狙っている、と勘違いしてしまうこともあるのではないでしょうか。

特に、彼に親しい女性の友人がいたりすると、やきもちを焼かずにはいられなくなる気持ちもわからないではありません。

でも、彼のあなたへの愛情がちゃんと信じられるものであれば、余計な疑いは二人の間に溝を作ってしまうだけ。

ですから、「恋人はほかの誰でもなく自分なのだ」とドーンと構えていることも大切ではないでしょうか。

恋人から「好きすぎてやばい」と伝えられたときにすべき対応

あなたも好きなことを伝え安心させる

では、恋人から「好きすぎてやばい」と言われたら、どう対応すればいいのでしょう。

まず、そこまで愛されるって素敵ですよね。きっとあなたは魅力的な女性なのでしょう。

彼はきっと、素敵なあなたがほかのだれかにとられないか心配なのかもしれませんし、あなたが別の男性に目が向かないか、気になっているのではないでしょうか。

少なくとも、彼の中では、あなたへの愛情が爆発していて、同時に不安感も増してしまい、それを伝えずにはいられない状態なのでしょう。

そんなときは、あなたのほうからも、きちんと相手のことを好きだと伝えて、彼を落ち着かせてあげましょう。

また、そういう精神状態にある彼からの誤解を受けるような言動は、極力しないように気を付けて。

不用意に他の異性をほめたり素敵だと言ったり、彼が見ている前で他の男性と親しげに話すのも、彼が「好きすぎてやばい」といってくるような状態のときは、慎んだほうがベター。

やばいほど好きすぎる、という状態は、一歩間違えれば、ストーカー化に転じることもあります。なので、まずは彼を落ち着かせてあげることを優先しましょう。

信頼していることを伝えお互い束縛しないようにする

男性からの「好きすぎてやばい」は、ちょっと間違えると、束縛につながることも…。

なので、束縛が激しくならないように、まずは「私はあなたを信頼しているからあなたもにも信頼してほしい」と伝えておきましょう。

もし、それでも彼が束縛し始めてきたと感じるときは、「私って、あなたからそんなに信頼されてないんだね…」と悲しそうに伝えてみましょう。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

まともな男性なら、そこまで好きな女性から悲しい顔をされたら、目が覚めるのではないでしょうか。

それでも束縛が収まらないなら、彼の本質的な部分が関係しているのかもしれません。

ストーカーっぽくなってきたら、周りの人に相談するなどして適切な対処を。

好きな理由を聞いてさらに自分磨きをする

彼の好きすぎてヤバイ、という発言を深刻な雰囲気でとらえず、「え、すごいうれしいんだけど。…で、どういうところが好き?」などと、多少おどけてみるのもいいのではないでしょうか。

あなたが深刻に受け取らず、多少茶化すことで、少し彼も冷静さを取り戻すことができるかもしれません。

さらに、自分のどういうところが好きかを聞けば、さらにその良さを伸ばし、魅力をアップさせることもできますよね。

彼をあまり深刻モードにさせないことも、大切なことでしょう。

好きでも本音で語り合い我慢しない約束をする

ちゃんと本音で向き合っていこうという約束をするのもいいでしょう。

「そんなに好きになってくれてありがとう。これからはもっと本音も出して、風通しのいい関係でいようね」

と言ってしまうのもいいのではないでしょうか。

ある意味、彼が「好きすぎてヤバイ」と言ってきたのは、彼が腹を割って話してきてくれたということ。

ですから、このタイミングで、彼ともっとざっくばらんに胸の内を語り合えるようになれるといいですよね。

悩んでいる様子があったら相談に乗る

彼があまりにも深刻な様子であれば、何か他に悩みがあったり、恋愛自体に気持ちがかき乱されて不安なのかもしれません。

そんなときは、やさしく、「急にそんなこと言ってどうしたの?何かあった?なんでも相談に乗るから話してね」と、言ってみるのもいいかもしれません。

「好きすぎてヤバイ…」なんて、なかなか相手に面と向かって言えることでもありませんよね。

何か他のことで悩んでいるからこそ、心を許した恋人の前でつい素直な気持ちが出てしまうこともあります。

ですから、普段、そんなことを言わないような相手から言われたのであれば、少し彼のメンタル面に気を付けてあげてみてもいいのではないでしょうか。

好きすぎる片思いは相手に嫌われる可能性大?なぜうまくいかないの?

自分の気持ちを押し付けすぎて相手に引かれてしまうことがある

では、好きすぎる相手とは付き合っておらず、片思いだった場合、好きすぎると相手から嫌われる可能性があるのはなぜなのか見ていきたいと思います。

人って、実際に付き合ってみないと、その人の本当の部分はわかりませんよね。

一方、片思いって、その人が周りに見せている顔、つまり外面しか見えていないのに好きになるわけですから、どうしても自分で勝手に作った彼のイメージを好きになっている部分があるのです。

そして、自分の中で作ったイメージって、自分の理想の男性像に近くなりますから、よけいに、熱烈に好きになってしまうのでしょう。

たとえば、高校生くらいまでの恋愛って、遠くから自分好みの外見の人を好きになって、ほとんど中身なんて知らなくても、めちゃくちゃ好きになったりしませんでしたか?

片思いって、そういう風に、自分の作り上げた相手のイメージを好きになっていることは多いのではないでしょうか。

その分純粋といえば純粋な感情なので、片思いはすごく甘酸っぱい感じがするんだと思います。

ただ、好きになられた方にしてみれば、「本当の自分とは違う自分」を好きになられているわけですよね。

自分のことをよく知らない相手から、「素敵な人だ、いい人に違いない」と思われたり、外見だけ「かっこいい」という理由で好きになられると、ちょっと怖くなるのではないでしょうか。

片思いって、アイドルや芸能人などを好きになる感じに似ているところがありますよね。

(長年にわたり、近くでその人となりを見てきたからこそ、好きになるような片思いは別ですが)

なので、あまりにこちらが勝手に抱いたイメージのまま、相手に気持ちを押し付けすぎると、「俺はそんな人じゃないのに…」という戸惑いもあり、ドン引きしてしまう、というパターンはよくあるのではないでしょうか。

誰だって、等身大の自分を好きになってもらいたいもの。

自分はそんな人じゃないのに、相手が抱いたイメージのままの自分を語られると、「この人は本当の自分なんて全然見えていないんだな」と反発する気持ちも出てしまうのです。

「重い人」だと思われてしまう

悲しいことですが、自分の好みだったり、「いいな」と思っていた相手からの好意であれば、付き合っていない関係だとしても、「重い」なんて思わることはなく、逆にうれしく思われるでしょう。

しかし、自分が好意を抱いていない相手や、どちらかといえば苦手な相手からの片思いは、「重い」と感じられるもの。

女性だって同じですよね。
これは恋愛の残酷な一面だと思いますが、こればかりは理屈では人を好きになれないので、仕方がない部分でしょう。

また、別に相手のことを好きとも嫌いとも思っていなくても、相手の思いが深すぎることを知ったとたん、相手に苦手意識を持ってしまうこともあります。

先ほども書いたように、よく知り合っていない相手から、勝手なイメージを持たれて愛を語られれると、怖くなってしまう人もいるのです。

なので、気持ちをアピールするにしても、最初はライトな感じで近づいたほうが、相手もあまり構えなくて済むのではないでしょうか。

あまりにディープでウエットな感じでぐいぐい迫られると、誰でも逃げたくなってしまいますよね…。

交際したら束縛されそうだと避けられる

まだ付き合ってもいないうちから、周囲の女性に嫉妬したり、一日のスケジュールを把握しようとすると、「付き合ったら束縛されそう…」と、男性は恐れをなしてしまいます。

なので、付き合う前から彼女ヅラをしないことはとても大切!

あくまで謙虚で思慮深い言動をする方が、相手に警戒心を持たれないのではないでしょうか。

しつこくLINEを送ってしまい嫌われる

しつこいLINEもNG。

好きで好きでたまらないと、今この瞬間、相手が何をしているか気になりますよね。
でも電話をするほどの仲ではない…。そうなると、LINEって便利ですよね。

相手の反応を「声」という形で直に受け取らなくていいのは気が楽ですし、手軽なツールに感じるのではないでしょうか。

それゆえ、相手が返信をくれると、うれしくなってこちらも返信し、相手が返信をくれなくなると、反応が欲しくてさらに送ってしまう…。

LINEの前の、メールが主流だった時代は、メールには既読がつくこともなかったので、ある意味「手紙」のような感じだったような気がします。

もちろん、返事がなければ気になりましたが、既読かもわからないので、もっと気が楽だったように思います。

でも、LINEはチャットのような感じでリアルタイムに文字でやりとりができますし、既読のマークもあるので、「読んでいるはずなのに返事をくれない」とか「読んでさえもらえない」など、いろいろと考えてしまう要素が増えたような気がします。

それに、普段はあまり話さず、おとなしいのに、LINEだと饒舌で、やりとりのテンポも速かったりすると、意外性に惹かれるというより、なんだか普段見ているのとは違う、その人の本性を見たような気がして、ちょっと怖い気がするということもあるでしょう。

なので、いきなりフルスロットルで相手にLINEを送り付けるよりも、もっと普段の生活の中で仲良くなっていきながら、LINEでぼちぼちやり取りする方が、印象がいいと思います。

ちょっとしたことが気になりネガティブな性格だと思われてしまう

好きな相手が自分をどう思っているかは、当然気になりますし、つい、相手の反応を探るような目で見てしまうことって片思いではよくあること。

自分らしく振舞えず、おどおどした態度をとってしまったり、挙動不審になってしまうこともあるでしょう。

また、好きな人を前にすると、自信がなくなって、ネガティブ発言をしてしまう人もいるかもしれません。

ただ、「どうせ自分なんて…」と言ってしまったり、態度に出してしまうと、相手もあなたにあまりいい印象を持つことはないでしょう。

自信たっぷりにふるまう必要はないのですが、「自分なんて…」と言ったり考えたりするのはやめましょう。

できるだけあなたらしさを出せるように勇気を出してみてください。

彼があなたの運命の相手なら、そんなあなたに惹かれるのではないでしょうか。

好きすぎてやばい気持ちを抑えて!一人で暴走しないための対処法

恋愛することに依存していないか考える

好きすぎてやばい…何も手につかず、相手のことばかり考えてしまう…と悩んでいませんか?

そこまで恋愛にどっぷりはまりこんでいるとしたら、あなたは相手の男性というよりも、恋愛自体に依存しているのかもしれません。

過去の経験を振り返って、自分がどんな恋愛をしてきたかよく考えてみましょう。

相手の男性を本気で愛していたか、それとも恋愛自体がしたくて、相手のことは二の次だったのか…。

自分の恋愛パターンを見てみれば、今の自分の本当の気持ちが見えてくるかもしれません。

本当にいい恋愛って、自分だけでなく相手のことも成長させてくれるもの。

逆に、依存するためだけに恋愛をしているときは、お互いを高め合うことはありません。

仕事や趣味など恋愛以外も頑張る

恋愛だけに集中しすぎていてやばいと感じるときは、生活のほかの要素に目を向けて、いったん恋愛から離れてみるのもリフレッシュするいいチャンスです。

仕事や趣味などに、より一層精を出してみては?

そうすることで、視野が広がり、自分の恋愛や相手のことをもっと客観的に見ることができるようになるのではないでしょうか。

恋愛にどっぷりつかりすぎて、苦しくなっているのであれば、そこからいったん離れるのが一番です。

ずっと片思いはつらい!自分で期限を決める

あなたが片思いをしていて、なかなか彼との関係を深められないと感じているなら、いっそ、期限を決めてみましょう。

どんなに好きでも、どうしてもうまくいかないこともあります。
それは相性の部分でもありますから仕方がないことなのです。

もともと縁がない人をずっと思っていても、時間は無常に過ぎていきます。

片思いの相手だけにこだわり続けていると、いつの間にか自分だけが周りから取り残されていたりすることも…。

そうなったときに後悔しても大変なので、できれば、どんなに好きな相手でも、片思いには期限を作ったほうがいいと思います。女性には出産ができる時期というのもかかわってきますから、子供が欲しいと思っているなら、なおさらです。

一人の男性にばかり集中していると、他に素敵で、自分と相性のいい男性が表れても、見えなくなってしまいます。

なので、片思いの期間は、数年単位にならないように気を付けましょう。(まだあなたが10代や20代初めであれば、数年単位になってもいいとは思いますが…)

片思いって、すごく切なくて甘いものなのですが、それなりに時間が経ち、後から振り返ってみると、ずっと片思いしていた相手の本性が見えてきたりするもの…。それに、人は変わります、外見も内面も。

そして、「こんな男に数年も費やしてた自分…」に悲しくなってくることもあるので、片思いにはできるだけ早く決着をつけた方がいいと思います。

親しい友人に相談をする

女性って、わりと恋愛の苦しみや迷いを友人に相談してすっきりしたり、自分の考えがはっきりしたりするものですよね。

好きすぎてヤバイ、と感じるときって、恋愛に煮詰まりすぎているときだと思うので、一度客観的に自分を見つめなおすためにも、友人に相談してみるのはGOOD。

別の視点からの意見をもらうことで、いい案が浮かんでくることもありますし、自分の本心がわかることもあります。

一人で考えるよりも、他の人の知恵を借りて、煮詰まった心を少し落ち着かせましょう。

相手に気持ちを伝えてすっきりしてみるのもあり

片思いに煮詰まっているなら、思い切って、相手に気持ちを伝えてみるのもアリです。

ダメ元だったとしても、言わないままでいるより、伝えた方が、少なくとも自分はすっきりして、後悔することもないのでは?

たとえば、自分が指をくわえてみている間に、他の女性が彼に言い寄って付き合い始めたら、ショックですよね…。

「自分が先に告白してたらどうなっていたんだろう…」と、ずっと後まで引きずることになることもあります。

ですから、ダメでもいいから、思い切って告白してみるのも、いろいろと学べることはあると思います。そこで勇気を出せた経験は、必ず次に生きてきます。

ただ、これもその人の性格による部分なんですよね…。

振られるくらいなら、相手に好意を知られないほうがよかった、とか、他の人にペラペラしゃべられたらどうしよう、と思うのであれば、慎重になってしまう人もいるでしょう。できれば、傷つきたくないのは誰だって同じです。

でも、恋愛ってどうしても、傷つくことはあります。

自分から積極的に動いているからこそ、傷つくことも多いといえるのです。でもそれは勲章のようなもので、誇らしく思ってもいい傷。

そして、いつも自分の判断や行動に対する責任や覚悟を持たず、相手からのアプローチを待ち続けているようだと、結局は自分で責任を負えないような生き方になってしまうのではないでしょうか。

好きすぎてやばいときは客観的に見て暴走しないように!

好きすぎてヤバイと感じるくらいに、誰かを好きになれるって素敵なことだとも言えます。そんな経験をしないまま一生を終える人だっているのではないでしょうか。

ただ、自分の感情に身を任せて行動すると、とんでもない暴走をしてしまうこともあります。そうなると、最終的には相手に振られて自滅してしまうことも多いです。

なので、まずはいったん、落ち着くことを目指しましょう。
もっと客観的に自分を見つめ、相手との関係を見つめなおしてみましょう。

片思いであれ、付き合っている関係であれ、相手のことを完璧な人間だと思って、崇拝のような感情を抱いているときは、注意が必要です。

完璧な人間はこの世にはいませんから、あなたが勝手に彼を心の中で神格化しているということ。

そういう感情のまま付き合うことになっても、対等な関係にはなれませんよね。

なので、相手のことをもっと冷静に見るためにも、いったん、恋愛から離れてみるのもいいのではないでしょうか。

また、相手の気持ちを無視して、自分の感情だけをぶつけるようなことも絶対にやめましょう。いつも自分が相手の立場だったら…という想像力を働かせて、自分がされたらイヤなことはしないようにすることも大切です。

恋愛は、時に苦しいものです。
ただ、その苦しさごと相手に感情をぶつけてしまうと、うまくいくものもうまくいきません。

辛いときは、友人などに聞いてもらって、アドバイスをしてもらったり、自分の考えのおかしい部分を指摘してもらったりして、冷静さを取り戻してください。

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

世界で起きている戦争に自然災害…お金や人生にも漠然とした不安感や辛い気持ちがある…この時代を生きる定め…、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

スピリチュアル鑑定】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【スピリチュアル鑑定】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満はご利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事