頭を撫でる時の男性心理を解説!女性の頭をなでるのが好きな男性の性格と撫で方で分かる女性への感情
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

頭を撫でてくる男性は私の事をどう思ってるの?と気になるあなたへ。

異性として特別意識していた相手ではなかったのに、頭に触られてから、なんとなく意識してしまうということはありませんか?

逆に、今までは普通に異性の友人としてうまく行っていたのに、頭に触れられた時、なんとなく違和感があって、これ以上触られたくないと警戒している女性もいるのではないでしょうか。

この記事ではまず、男性が女性の頭を撫でたくなる時の心理をご紹介したいと思います。

また、女性の頭をなでるのが好きだったり自然に撫でてくる男性の性格や、男性の頭の撫で方で分かる女性への本音や感情も観ていきたいと思います。

そして、逆に頭を撫でられるのが嫌い&好きじゃない時の上手な避け方もご紹介したいと思います。相手のメンツを潰さずに、異性の友人として今後もうまくやっていきたいと思っている方は必見です。

さらに、恋人同士の関係で、男性が寝てる時に女性の頭を撫でたり髪を触ってくるとき、彼氏はどんな風に女性のことを考えているのか、その気持ちについて詳しくご紹介しています。

目次

男性が女性の頭を撫でたくなる時の心理

はっきり恋愛感情を持ったわけではないけど親しみの情がわいた

頭って、あまり性的なパーツではありませんが、顔にも近く、女性にしてみれば、よほど親しい相手でないと、触れて欲しくない部分ですよね。

ただ、男性によっては、女性の頭を触ることで親愛の情を表したくなるタイプもいます。親愛の情というのは、男女の恋愛感情とはまた別のもの。

なので、男性が女性の頭を触ってくるからと言って、それが即、女性のことを異性として好き、ということと、イコールとは言えません。

逆にまだ、相手のことを異性としてはっきり意識していないからこそ、「頭」という部分に無意識に触ってしまうということもあるのです。

もし、女性として相手のことを意識しているとしたら、よけいに男性は軽々しくその女性の体のどこにも触ることなんてできないと思うもの。

それくらい男性の気持ちってデリケートなところがありますし、本命の女性だと思っていたら、軽々しい口もきけなくなったりするくらいです。

それに近年、「頭ぽん」が、ちょっとしたブームなので、普段から恋愛にアンテナを張っているタイプの男性なら、好意もない女性の頭に軽々しく手を置いたりはしません。

なので、相手の女性を異性としてまだはっきり意識していない時点で、頭に手をのせたりしてくるような男性は、そこまで恋愛に関して敏感なタイプではないとは言えるでしょう。

彼にとっては、ただ単に、他の親しい男の同僚と同じように扱っているだけ、ということもあります。

でも、だからこそ、異性を超えて、人として親愛の情が沸いたときに、女だからと意識せずに、思わず頭にふれてしまったりするのです。

一方、女性慣れ、恋愛慣れしているような男性の場合は、相手の女性に性的に関心を持ったときでないと頭には触れてきません。

そこは恋愛に疎いタイプの男性とは正反対。

「頭ぽん」が相手の女性に与える意味もよく分かっているので、嫌いな女性や、誤解されたくない女性に対しては絶対にしないでしょう。

ですから、同じ「頭ぽん」をされたにしても、その男性の気持ちを知ろうと思ったら、恋愛に関しての彼のタイプはよく見極めた方がいいでしょう。

遊び人と女性に疎いタイプの男性では、頭を触ることに対しても全く違う意図で動いています。その辺りはきちんと見分けることが大切です。

女性が頑張って生きていると感じた時にいじらしさを感じた

一緒に仕事をしている女性が、仕事などを頑張っているのを見ていて、「頑張っていて、偉いな…」と、彼の中でジワジワきたとき、その思いが溢れて、つい頭をなでてしまうこともあります。

小さな子供に対して、「偉いね、ヨシヨシ」という感じに少し似ているかもしれません。

でも、もちろん、女性のことを本当に子ども扱いしているというのではないのです。

ただ、まだはっきり恋愛感情として意識する前の微妙なときって、相手に対して、説明できないような気持ちを感じることってありますよね。

「これはまだはっきり恋愛感情とは言えないけど、なんだか相手に対してぐっと引き付けられるものを感じてしまう…」というような。

そういうとき、男性が、ふっと相手の女性の頭に手を置いてしまっていたりすることはあります。

説明できない、愛おしさのような気持ちは湧くんだけど、相手のことを女性として意識するのはまだ照れ臭くて、でも、やっぱり触れてみたくて…。

そんな彼の複雑な感情があふれ出して、ちょっとふざけた感じで頭を撫でてしまうというような…。

これが、男女逆だと、愛おしさを感じたからと言って、女性が男性の頭を触ろうとはあまり思わないですよね。

もし、女性が異性を意識する前に、思わず触れてしまうとするなら、男性の腕あたりに、会話が盛り上がったどさくさに紛れて、ふと手を置いてしまう感じに似ているのではないでしょうか。

そんな風に、恋愛感情としてはっきり意識する前は、なんとなく相手の体のどこかに手を伸ばしたくなるもの。男性の場合、それが女性の頭、ということはよくあります。

女性の頭がちょうどいい高さにあって何気なく触れてしまった(好意はマスト)

女性が自分の机に向かって椅子に座っている時、そばに立っている男性にとっては、女性の頭の高さがちょっと手を置くのにちょうどいい高さにあって、親しみを込めて何気なく頭に手を置いてしまう、ということもあり得ます。

ただ、今の時代、会社などの組織では、セクハラにはとてもうるさいですから、女性を女性としてきちんと意識している男性ほど、頭も体の一部なので、さすがに手を置こうとは思わないでしょう。

しかし、どこにでも、ちょっと不思議系というか、天然な男性っていますよね。

そういう男性にとっては、何も意識せず、「そこに置きやすそうな頭があったから、ちょっと手を置いちゃった」ということは日常茶飯事。彼の天然なキャラもあり、許されてしまうタイプも多いでしょう。

しかし、それでも、天然男子は、嫌いな相手や、自分のことを嫌いなんじゃないかと疑いを持っている女性に対しては、頭に手を置くと言うことは絶対にしません。

天然タイプの男性ほど、生理的な好き嫌いが行動の原理になっているものです。

なので、彼がその女性に対してまだ異性としてはっきりと恋愛感情を意識していないとしても、人としての好意は間違いなくあるからこそ、その女性の頭に手を置いてしまうのです。

天然な人はウソをつけませんから、苦手な女性とは自然と物理的に距離を取っているもの。そんな相手に対して、頭に手を置くなんて絶対にしないのです。

ですから、無意識に女性の頭に気軽に手を置くような男性だとしても、その女性に対して何らかの好意や親しみを持っていることは間違いありません。

彼自身がまだそれをはっきり恋愛感情と分かっていなくても、恋愛への道に、一歩足を踏み入れているということなのです。

女性の頭をなでるのが好きだったり自然に撫でてくる男性の性格

女性慣れしていて頭を触るところから口説こうとしているタイプ

異性として意識していないとかではなく、そもそも女性の頭をなでるのが好きだなんて、それはもう遊び慣れているオトコのすること。

考えてみてください。
女性に対して真面目で潔癖なところがある男性は、付き合ってもいない女性の頭を何気なく撫でるなんて発想は絶対に持たないですよね。

女性の体に対して距離感がゼロの男と言うのは、間違いなく女性慣れしています。

そして、最初は頭など性的な部分ではないところから触れ、相手が拒絶しないのを見計らって、どんどんボディタッチをエスカレートしていくのです。

それが遊び慣れた男の常套手段。口説きの手口とも言えるでしょう。

さらに言うと、こういう男は、相手を特別な女性だと思っているから頭を撫でたりするわけではなく、誰にでもします。

逆に、本命だと思っているのなら、軽々しく体のどこかに触れるのは、いくら遊び人とは言え、ためらうものです。

ですから、遊び慣れた男にとって、女性の頭に触れてくるのは、自分になびく女性探しの一つの手段なのです。

なので、頭を触って拒絶してくるような女性なら、こういう遊び慣れた男性は、しつこく追いかけません。

自分が頭を撫でたり、手を置いたときの反応を見て、落とせそうな相手かを判断しているのです。頭を撫でたり、髪に触れたとき、女性が嬉しそうな素振りをすれば、「この子は自分に好意がありそう。押せばイケるな」と判断するでしょう。

なので、たかが頭だから…とは思わず、そういう遊び人の男と付き合うつもりがないなら、頭でも触るのはNG!と示した方がいいのです。

ですから、「頭くらいなら、別に性的な部分じゃないし、黙って触らせておけば、相手もそのうち飽きてどっか行くだろう」なんて、絶対に思わない方がいいでしょう。

そもそも自分の体の一部を勝手に触られているのに、触られている方が我慢しなければいけないというのはおかしいですよね。

なので、イヤだったと思ったら、はっきり言ってもOK。そのときは、彼がイヤだと言う前に、「頭や髪に触られるのがイヤ」という言い方をしてみましょう。そうすれば、相手のプライドを傷つけずに済むので、余計な逆恨みを買うリスクも減らせます。

それに、遊び人のオトコは、どうせ「数うちゃ当たる」の精神で女性に接していることが多いので、嫌がれるくらいなら、さっさと他の女性へと関心を移すでしょう。

黙って我慢して触らせておくと、いつのまにか相手の男性にあなたの体に対するアクセス権を暗黙のうちに与えてしまうことになります。

そして、遊び人タイプの男には、女性の頭だけで満足して終わらせることはないのです。

イヤと言わない女性に対しては、だんだんと触る頻度が増え、触る場所もだんだんと広範囲に広がってくるでしょう。

それって、ある意味電車の痴漢と同じ思考回路ですよね。

遊び人タイプのオトコって、自分がモテるという勘違いをしている場合も多いので、「触ってもらえてありがたいだろう」と思っている可能性も高いです。

もちろん、相手の恨みを買うような、皆の前で恥をかかせるようなひどいセリフで追い払う必要はありません。

こちらもスマートに、「私、頭触られるのアレルギーなんですよね」というような、相手に有無を言わせない断り方をすればOK。

他にいくらでも女はいる、と考えているのが遊び人なので、さっさと別のターゲットに気持ちを移していくでしょう。

何事も最初が肝心です。イヤだと思うことには、はっきりとNOという意思表示をしましょう。そうすれば、自分が嫌いなタイプの男性から、いらぬボディタッチをされることはなくなるでしょう。

何気なく女性の頭に触ってくる男は真剣な恋愛相手には向かないタイプ

先ほども書いた通り、女性に対して真面目に向き合ってくれる男性なら、彼女でもない女性に対して、ごく自然に頭を撫でるようなことはできません。

誠実な恋人になる男性は、最初から女性のことを一個人として尊重してくれるので、勝手に体のどこかに触れることはしないのです。

頭であれ、体の一部分なのですから、それは相手のモノ、という当たり前の常識があるからです。その常識が持てないオトコは、勘違いの遊び人になってしまうのです。

なので、真面目な男性が、女性の頭に触れるようなことがあるなら、それはもう告白を決意しているときなど、自分の気持ちがはっきりしていて、をきちんと伝えようとしてくれる時でしょう。

女性の体に触れているのに、何も告白してこないような男性は、どんなに真面目な風を装っていても、中身はいい加減な男と見なしてOK。

一方、告白する気などまるでなく、ただ何となく頭などに触れてくるようなオトコは、恋愛慣れしている遊び人です。

そもそも、頭だからと言って、何の断りもなく他人が触れることなんて、本当は許されないこと。相手が女性ならなおさら、時代を読み間違えていますよね。

でも、そういう男は、見た目だけはさわやかなイケメンだったり、女性ウケするタイプなので、今まで女性からあまり拒絶されてこなかったのでしょう。なので、頭に触れるなどの動作が自然に出てくるのです。

もちろん、万人ウケする人間なんていませんから、彼に「NO!」を突き付ける女性もいたはずです。

でも、遊び人タイプのオトコは、自分を拒絶する女性のことは、「お堅い」だの「シャレも分からない」だのと逆ギレし、自分と自分のおさわり行為を正当化してきたタイプも多いのです。

なので、彼から触れられることを拒絶するような女性は、「俺の魅力が分からないバカな女もいる」くらいにしか思っておらず、行動が改まることはなかったのです。

ですから、何気なく女性の頭に触れる男性というのは、あまり真剣な恋愛相手には向かないでしょう。浮気者の可能性も高いですし、そもそも女性ときちんと向き合う気持ちがないということ。

なので、こちらが頭に触れられたことで気持ちが盛り上がり、相手のことを意識して、勝手に恋愛モードになってしまうと、「たかが頭に触ったくらいで」と、手のひら返しをされることもあるのです。

女性の体に気楽に触れてくる人にのぼせあがると、痛い目を見るかもしれません。そのことは胸に留めておきましょう。

美しい女性の髪の毛に対してフェチがある男性もいる

女性の髪の毛の触り心地が好き…という、髪フェチも中にはいます。

確かに、美しい髪の女性っていますよね。

同性の友人からもそのつややかな髪質を褒められたりする人は、髪フェチにも狙われやすいかもしれません。

フェチって、自分の中ではなかなかあらがえない、湧き上がるような思いなので、髪が触りたくてたまらない男性の中には、飲み会の席などで、酔ったフリをして髪に触ろうとしてきたりするでしょう。

例えば、女性でも男性の筋肉フェチっていますよね。それに似ています。

そういう女性も、機会があれば、男性に腕や胸の筋肉を触らせてもらったりしていますが、髪フェチの男性もそれと同じようなものです。

ただ、自分の理想の髪を持つ女性に、フェチを超えて恋愛感情を抱く、ということもありますし、相手の女性に対して嫌悪感を持っていれば、いくら美しい髪でも触りたいとは思わないでしょう。

なので、ある程度好意がなければ、頭に触ってくる、ということはないと言えます。

女性の友人からも「髪の毛が綺麗だね」と褒められる人は、髪フェチの男性から狙われやすいので、その点は、男性から髪を触られても即恋愛感情とは思わない方がいいでしょう。

男性の頭の撫で方で分かる女性への本音や感情

『頭ぽんぽん』は女性として好意がある相手にしかやらない男性も多い

『頭ぽん』を好きな男性からしてもらいたい!と思っている女性も多いのではないでしょうか。

ここ数年で恋愛の一つの行動様式として認められてきた『頭ぽん』。恋愛ドラマなどでもよく出てきて、女性を胸キュンにさせています。

やはり、好きな男性からしてもらう『頭ぽん』は、特別なものがありますよね。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

される女性からしてみれば、彼の手のひらを通して彼のぬくもりを感じられ、なんだか心があったかくなったり、どきどきする行為ですよね。そして、ちょっとしたときにさりげなくされると、恋愛テンションがMAXになります。

女性にとっては、ムネアツな『頭ぽん』ですが、では、男性にとって、『頭ぽん』に意味はあるのでしょうか?

答はYESでもありNOでもあります。
男性のタイプや意識によって、『頭ぽん』の意味あいは大きく違ってくるからです。

ある程度、女性との恋愛経験がある男性の場合は、『頭ぽん』の持つ破壊力が分かっているはずですから、気のない女性には絶対にしないでしょう。

その辺りはこういうタイプは行動もスマートですし、相手に誤解されて困るような相手に『頭ぽん』をしません。

なので、『頭ぽん』を女性にするとしたら、自分に好意を持ってほしい相手か、すでに相手の女性から好かれていると自信があるときでしょう。

一方、女性慣れしておらず、女性と付き合った経験もほとんどないような男性の場合、『頭ぽん』がそこまで男女間での重要なコミュニケーションと思っていないことも多いでしょう。

例えば、いつも男同士でじゃれあっているような男性の場合、その同じノリで、同僚の女性などに、帰り際、『頭ぽん』をして「じゃあな」なんて言ってくることもあります。

そんなときの『頭ぽん』は、女性の方はドキッとしても、男性側には特別な意味はないのです。彼にとってそれは、他の男友達や男の同僚にあいさつするのと同じ程度。

ただ、その辺りの見極めは難しいですよね。

また、恋愛慣れしていない男性の『頭ぽん』でも、シチュエーションによっては、「君が好き」という意味あいを持つこともあります。

例えば、二人きりになったときに、意味ありげに見つめてきて、『頭ぽん』をして黙って去っていったときは、彼はその行為にはっきり意味を持たせているでしょう。

そんなときの『頭ぽん』は、彼自身が意図してやった愛情表現です。

そして、そこに愛があるのかは、彼と見つめ合えば分かるはず。愛があるときの男性の目は、とても優しいものですから。

親し気に髪をなでてくるようなら女性側も自分に好意があると思っている

頭に軽く触れるだけではなく、さらに髪を撫でてくるような触り方をしてくるときは、女性に対して好意を持っているだけでなく、女性の方も自分に気があると思っているでしょう。

髪を撫でるという行為は、かなり親密で、恋人同士の関係に近い男女でないと、やりませんよね。愛が冷めているカップルだって、なかなかしないこと。

なので、相手に対して髪を撫でても絶対拒否られないという自信がないと、男性側もやらないのです。

もし、こちらには彼に対して何の好意もないのに、相手が髪を撫でてくるようなことがあれば、それは彼があなたの気持ちを誤解している可能性があります。

相手を罵倒することはないのですが、はっきりNOを示さないと、男性の行為がエスカレートするリスクもあるので、きちんとやめてほしいという意思を示したほうがいいでしょう。

頭を胸に抱き寄せてくるときは女性への気持ちが相当強くなっている

なにかがあって、男性に慰めてもらっているうちに、彼が女性の頭を撫でて、そのまま頭を抱き寄せるようにしてくるなら、彼の女性に対する気持ちが相当高まっている証拠です。

頭を触られている時、女性が拒絶せず、体の力を抜くと、相手にもそれが伝わります。そして、そんな風に相手に体をゆだねてしまうと、それをもっと体に触っていいというOKサインとして男性が捉えることも多いです。

そうなると、相手は頭をぐいっと自分の胸に抱き寄せてくることもあるでしょう。

ただ、一旦抱き寄せられてしまえば、相手が本気の力を込めてくれば、なかなか引き離すこともできません。あれよあれよという間に、キスまで持ち込まれてしまうこともあります。

なので、深い関係になろうと思っていない場合や、相手に恋愛感情を持てないと思っているなら、そうなる前に、ちゃんと男性に理性を取り戻してもらいましょう。

理性が飛んだ男性って、ひ弱そうに見える人でも、意外と力も強いですし、きゃしゃな女性の力では抵抗できないところもあります。十分に気を付けてください。

頭を撫でられるのが嫌い&好きじゃない時の上手な避け方

ツッコミを入れて相手を傷つけないようイヤだということをアピールしよう

ただの友人だと思っていた男性や、どう頑張っても一生ただの知人程度にしか思えないだろうというような男性から頭に触れられ、イヤな気持ちがしたとか、早く逃げたくなったのなら、激しく「NO!」というよりもいい方法があります。

激しく拒絶して、相手を刺激してしまうと、男性のタイプによってはかっとなって、暴力的になる人もいますし、逆に性的な興奮をエスカレートさせてくるタイプもいます。

なので、その場から一刻も早く逃げ出したい、頭を触るのをやめてもらいたいなら、相手の感情を落ち着かせ、傷つけないようにすることも「急がば回れ」的な効果があります。

まずは、相手から逃れようとするあまり、相手を否定して罵倒したりせず、最初は「おいおいおい」と笑って頭を離し、「冗談だよね?」的な返しをして、相手が手を引く猶予を与えましょう。

男性の方は、相手の女性の方も自分に好意があったと勘違いしていたのかもしれませんが、「冗談だよね?」と念を押されれば、普通の男性なら自分が勘違いしていたことに気づき、恥ずかしくなるでしょう。

なので、今後も友人関係を続けていきたいなら、彼に恥をかかせないようにすることが一番大切です。

男性の方も、「やー、ごめんごめん!ちょっと触っちゃった」くらいで、引くことができるのです。

今後もいい関係を続けていきたいと思う男性に対しては、最初は冗談として受け取ったフリをすることで、彼のメンツも潰さず、こちらの気持ちも伝えられます。

ここで、いきなり激しく怒って拒絶してしまうと、もう今までのような人間関係を続けるのはとても無理ですよね。

ですから、こちらが「今のは冗談だよね」というフリを気づかいとして受け取れるような男性なら、きちんと分かってくれるはずです。

ただ、「冗談だよね?」と返しても、伝わらない男もいます。そういう男はすでにその時点で理性がふっとんできている可能性が高いです。

こちらがメンツを潰さないようにそう言っても、触るのをやめなかったり、触る場所を変えてきてエスカレートしてくるオトコに対しては、本気で怒ってOK。

そんな相手と今後も長くいい関係を続けない方がいいですから、これを機に、そんな危険な男との関係は切ってしまいましょう。

こちらは避けているのに近づいてくる男にははっきりイヤと言おう

頭を触られるのが誰だとしても生理的にイヤだな…と感じる人もいますよね。

そう感じるなら、できるだけ人に頭を触られる距離に行かないというのも、自衛の一つの方法です。このコロナ禍ですから、人同士がそこまで近づくこともなくなりましたし、ましてや軽々しく人に触ることも減りました。

コロナ禍が終息しても、人に軽々しく触ることは、一時的にはぐんと減るでしょう。
そして、人にそこまで近づくようになるには、年数がかかるようになるかもしれません。

なので、例えば背の高い男性などが頭に触りやすいような位置に立たないようにする、など気を付けることで、勝手に頭に触れられるリスクはぐんと減らせます。

ただ、わざわざ自分が座っているところにやってきてまで、頭に触ろうとする男もいますよね。そういう相手には自衛の方法はありませんから、こういうタイプにははっきりと「頭触られるの嫌いなんで!」と言ってしまうのがいいでしょう。

まともな男性なら、はっとして自分の行動を見直すでしょうし、それでも頭を触ってくるようなら、もはやセクハラ案件。会社の担当部署に相談したり、周りの人に相談して解決しましょう。

話が通じる相手には「なぜ頭を触られるのがイヤか」をきちんと話すのも効果あり

もし、頭を触ってくる男性が、きちんと話が通じる相手なら、頭を触られるのがイヤだと言うことをきちんと説明して理解してもらうことで、やめてくれるはずです。

ただ、普通の男性なら、きちんと話せば相手が嫌がっているのを理解し、やめてくれるのですが、そうではないKYな人も沢山います。

「いやよいやよも好きのうち」という考えのタイプの男性が一番厄介ですよね。
こういう相手には冗談でかわそうとしても通じませんし、はっきりとNOをつきつけるしかありません。周囲から言ってもらうのも一つの手です。

その相手が上司なら、会社のセクハラに対応する部署に間に入ってもらうのもいいでしょう。その相手男性と近しい関係の男性に相談して、直接言ってもらわないと分からないようなこともあるかもしれません。

とにかく、一番大切なのは自分の気持ち。周囲の人間関係に気をつかって、我慢することはありません。そんなことをしたら後から自分を守れなかったことを後悔するでしょう。

イヤなことは嫌だと言って、分かってもらえないような相手なら第三者に介入してもらいましょう。

恋人編:寝てる時に女性の頭を撫でたり髪を触ってくる彼氏の気持ち

無防備に眠る女性へのいとおしさがあふれてたまらなくなったから

隣で眠っている恋人の女性の頭や髪を撫でてしまうのは、相手への愛おしさが溢れているからです。

なんとも思っていない女性なら、隣で寝ていても愛おしさなど感じないため、頭を撫でたり、髪に触れようとはしません。

愛おしいという気持ちは目には見えませんが、行動に現れます。
きっと、恋人の女性の頭を撫でているときの男性の顔は、優しさに満ちているのではないでしょうか。

頭を撫でるだけで自分が幸せを感じるくらい相手のことを愛している

恋人の頭を撫でているだけで、自分が幸せを感じたり、心が満たされるという男性もいます。そういう男性ってもともと優しいタイプが多いです。結婚して子供ができたら、子供もよく可愛がってくれるタイプでしょう。

ただ、少し恋人に対して父親的な目線を持っているところがあるので、長く恋人関係を続けていると、セックスレス気味になってきたり、束縛が強まったりすることもありそう。

時々はオトコとオンナとして、恋愛ムードたっぷりのデートやセックスをするなどして、いつまでも恋人気分をキープする努力が必要になるかもしれません。

これからも女性のことをずっと離したくないという強い気持ちの表れ

そばで寝ている恋人の頭や髪を撫でてしまうというのは、その瞬間がとても幸せで、この上ない喜びを感じているから。

相手の寝顔を見つめながら髪を撫でるというのは、よほど深い愛情を相手に感じていないとできないことです。

彼は、もう一生、あなたのことを離したくないと思っています。とんとん拍子で結婚話が進展していくこともあるでしょう。

恋人の女性が眠っているときほど、男性の本性が出るもの。

全く無視したり、邪魔くさそうに布団を自分の方に引き寄せたりする男性もいます。

そんな中で、寝顔を愛おしそうに見つめながら、髪や頭を撫でてくれるのは、本当に女性のことを愛しているからなのです。

頭を触られて嫌な気持ちがするときは相手にきちんと「イヤだ」と伝わるようにしよう

頭って、肉体の中ではあまり性的なパーツではありませんが、好きな人に触られれば嬉しいですし、逆に嫌な人から触れられればおぞましく感じる部分ですよね。

顔に近い部分でもありますし、嫌いな相手なのに何も言わずに黙って触らせていれば、ぐいっと引き寄せられ、抱きしめられたり、キスされそうになることもあるのです。

なので、相手との関係性がどんなものにせよ、「頭くらい我慢しよう」と思うのではなく、きちんと相手に自分がイヤだと思っていることを分かってもらった方がいいのです。

もし、今まで異性の友人として仲良くしてきて、いい関係を築いてこれたと思っている相手から頭を触られて、「嫌だな…」と感じた時は、最初は冗談として受け取っているようなそぶりを見せてみましょう。

彼の方は、あなたにも自分に対する恋愛感情があると勘違いしているのかもしれません。

それを、冗談として受け取っているフリをすることで、彼の思い違いをそれとなく分からせるのも一つの方法です。

相手のメンツも保たれますし、今後も今までのような関係を続けられるでしょう。

しかし、相手の人格を否定するような罵倒をするなどして、拒否すれば、相手はプライドを傷つけられたと感じ、逆ギレすることもあるでしょう。

男性が逆ギレすると、女性に危険がおよぶことにもなりかねません。できるだけ穏便に済ませることができたら、その方がいいですよね。普段優しい雰囲気でも、カーっと血が上るタイプの男性もいますので、気を付けましょう。

なので、相手の男性から性的な意味あいを込めて頭を触られるのがイヤだな、と感じたとしても、友人としては付き合っていきたいと思うなら、うまくその場を乗り越えた方がいいと思います。

しかし、KYなタイプの男性は、相手の気持ちを察することができませんから、冗談のフリをしても、はっきりイヤだと言わないと、一方的に行為をエスカレートさせてくることがあります。

そんなタイプには回りくどくこちらに好意がないことを伝えても、きちんと受け取ってくれません。また、ただ感情に任せて激しく責め立てるのも、得策ではないでしょう。

その場は冷静に「頭を触られるのは苦手だから」と話し、まずはそこから離れること。
そして、またKYな男が頭を触ろうとしてきたときは、社内の人ならセクハラ担当部署に話すなどして、注意してもらいましょう。

女性がイヤだと言っているのに「ホントは俺のこと好きなくせに」と訳の分からない勘違いする男も世の中には沢山います。それがエスカレートしていくと、ただのストーカーになってしまうでしょう。

なので、「頭を触る」といういわば初期の段階で、きちんと手を打ち、嫌いな相手からのボディタッチをこれ以上進ませないようにすることは大切なのです。

自分の体は自分だけのもの。頭くらいとは思わず、まずは好きでもない相手に触られたときは、毅然とした態度で自分の体を守りましょう。そうすることで、別の部分へのボディタッチへ進むことを避けられるはずです。

 

【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

もしもあなたの心に、

「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

予言占い2021】とは…
クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2021】を初回無料でプレゼントします。

恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事