男性の顔が赤くなるときは好意の表れ?
あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット



あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見ぬくアカシックタロット

宇宙が誕生したときから全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この正解の過去の歴史・未来までもが全て記されているんです。

アカシックタロットは、タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法。

誰もが知りたかった事実を、今読み解きます。

  • アカシックタロットを試す

  • 会っている時、男性が顔を赤らめてこちらをみている、話している時にとても緊張した雰囲気が出ている「もしかして好かれちゃってるのかしら?」と思うものです。

    通常異性の前で顔が赤くなるのは、好意があってこそだと考えられているのですが深く知っていくと好意だけとは言い切れない理由があります。

    性別関係なく、顔が赤くなる理由はさまざまあるんです。

    そこで顔が赤くなる理由や赤面されて「好意?どっち?」と勘違いせずに見極める方法を今回はご紹介していくので参考にしてみてください。

    目次

    男性の顔が赤くなるときはどんなとき?よくある理由

    不意を突かれて動揺している

    よくある理由1誰でもいきなり「はい?」と思う言葉を投げかけられると、ドキドキしてしまいます。

    例えば、自身では気づかなかった良さを異性から褒めてもらった、仕事やプライベートで誰かに褒めてもらった、急に異性から意味深な言葉を伝えられたなどが当てはまります。

    女性はとてもポーカーフェイスな人が多くて、そんなに赤くなったり動揺が体に出てくる状況にはなかなかなり得ないのです。

    一方男性は、かなり女性慣れしている人じゃ無ければ急に異性との距離感が近くなると感情が揺さぶられて顔色が変化します。

    とにかく異性が近くにいたり、異性から「どういう意味?」と思う言葉を伝えられると、男性は案外顔を赤くするのです。

    そんな風に赤くなるのだから、自身に好意を持ってくれているの?と考えちゃっても不思議じゃないです。

    現実的には単純に異性からドキッとしちゃう言葉を伝えられる、不意を突かれる何かが発生したから、赤面してます。

    女性も急に「可愛いね」とか「そういうところ好きだよ」って異性から言われれば、言葉の理由を頭の中にたくさん描き混乱すると言えます。

    男性はポーカーフェイスになりにくいので、顔を赤らめてしまいがちなのです。

    特にツンデレ男子は、顔を赤くしやすくて言葉はそっけなくとも、照れたり動揺の瞬間に赤くなる人が多くいます。

    好意がある人の近くにいてドギマギ

    よくある理由2人間は身体中に血液が巡っています。

    そのため、興奮状態なら体が熱くなりますし、悲しい気分の時は体が冷たくなるんです。

    顔が赤くなる、というのは物理的に血液の巡りが非常に良くなっている状態を示すため、必然的に脈ありって可能性も高くなります。

    なぜなら、好きな人が近くにいると心拍数がどんどん上がっていき、血液が循環されていくからです。

    男女関係なく、好意を持つ人がそばにいれば当然緊張しますし、汗もかきます。

    生理的現象押して現れる好意のシグナルですが、全てが全て好意と受け取るのは少し早いのです。

    ただ、絶対に違うとも絶対にそうだとも言えないので、好意が全くない人の場合は血液の循環も自然に良くなることはなく、冷静な心拍数なので、顔が赤くなることはそうそうないと思ってください。

    すっごく好きなのか、ちょっと気になるのかは、赤面されるだけでは判断がつきません。

    その他の脈あり行為などと合わせて彼の感情がどこにあるのか?を見極めるようにしてください。

    女性は基本的に相手への好意の表現ではありますが、単純に緊張屋さんだったり照れ屋さんの可能性も十分にあります。

    好意を先走って、私のことが好きなのかな!と色眼鏡でみて、蓋を開けたら違っていた!なんてことにならないように、よくよく注意しましょう。

    緊張状態の中でも平静を装っている

    よくある理由3男女関係なく、自分野中にプライドを持っています。

    ここは曲げられない!という思いを持っているからこそですが、そのほかにも自分をかっこよく見せたい部分も男性は見え隠れしているのです。

    例えば、好意的に感じている人や異性の前で何事にも冷静で理性的な男としてみてほしいと思う人はたくさんいます。

    困難が発生した時、トラブルが発生したとき、誰かに頼られた時など、自分の良さを見せる大チャンス!男しての度量を見せるチャンスが到来した時、男性って顔が赤くなるんです。

    なぜなら、その瞬間すごく緊張しているからだといえます。

    緊張はしているけど、俺は全然関係ない!別に平気さ、と強い男を演出したいため動じていないふりをするのです。

    そうなると、体と表情がアンバランスになり、顔は真っ赤だけど平静を装った態度をとっているため、周りは「本当に大丈夫?」と考えています。

    本人は「大丈夫」と笑っていますが、大体が少し緊張してうろたえています。

    しかし、そういった感情が周囲にバレないために「きちんとした男」と思ってもらうために、平気な顔をしているのです。

    ただ生物的な反応は隠しきれないので、赤面はよくあります。

    周囲からバカにされたくない、指摘されたくないという気持ちや単純に自分をかっこよく見せたいなど、少々複雑な感情が男性の中で入り交じり、異性同性関わらずに自身が凛とした男であること、頼れる男であることを見せたいんです。

    いわゆる、カッコつけている時の男性も赤面しがちといえます。

    失敗したくないという感情の現れ

    よくある理由4緊張と似た感情ですが、失敗を恐れる感情も顔色を変化させます。

    理由は、失敗したくない=普段の力を出せるよう緊張している状態、と言えるので体中の血流が速くなるからです。

    失敗したらどうしよう、カッコ悪い部分を見せたくないなと不安感でいっぱいになっている時、男性はすごく顔を赤くします。

    例えば、異性に声をかけようかな?デートに誘おうかな?と思っている時も、話しかけるタイミングを見失っている人はたくさんいます。

    緊張と失敗したくない、怖いといった感情が心の中にうごめき赤くなっちゃうんです。

    嫌われないかな?断られないかな?そんな不安感を持って、異性に話しかける、行動することで顔を赤くしているのです。

    一般的に感情の余裕が失われた時に赤面すると考えられていて、ネガティブな印象を与えたくないから緊張してつい顔が赤くなると思ってください。

    こうした感情に恋愛の好きは含まれないのか?といえば、そうでもありません。

    もちろん、好感があるから失敗したくない感情が高まり、人から良い印象が欲しいと思っている場合でも赤くなります。

    どんな感情でも、基本的に相手に好感を持って欲しいから赤面しているので、きちんと気持ちを汲み取ってあげてください。

    言いたいことはあるけど…グッと我慢している

    よくある理由5人は怒っている時や我慢しているときも、顔色ってくるくる変わりやすいんです。

    興奮状態になっているため、血の巡りがよくなり真っ赤になり、この場合は大体があまり良い感情ではありません。

    むしろ、ネガティブな感情が先行しているので、見極めとしては普段明るいのに急に無口になる、何かしら茶化されたあとから顔が赤いなどの場合は、怒っていたり言いたいことはあるのに我慢している状態だと考えてください。

    大人なので当然「はあ?」と思うことでも飲み込まなくてはいけない瞬間の方が多く、周囲との調和を考えても何も言わない、我慢しよう、でも本音で言えばすごくムカつくことってよくあります。

    そんな我慢している状態の男性について、鈍感にならず察してあげることができれば、非常に好感度が増すのです。

    「大丈夫?」「なんか、大変そうだけど」など、他の人では気づかない点をしっかり気づいてあげられたら、すごく魅力的な女性に見えるようになります。

    我慢している時、本心では「誰か気持ちに気づいて」と思っている男性がほとんどなので、しっかりと女性の器量を見せるようにしてください。

    なにかしら嬉しい時も赤くなる

    よくある理由6緊張や興奮は感情の波が激しく、その分心を揺さぶり顔色も変わります

    同時に、嬉しいことがあっても顔は赤くなるんです。

    何かの抽選に当選した、好意のある人から嬉しいことを言われた、褒められたなど、些細なことでもいいから自身の感情を引き出してもらえたら、ふっと_:(´ཀ`) ∠):_ …が赤くなる場合が多いです。

    大人になると、誰かから嬉しい言葉をかけてもらえる機会がめっきり減り、逆に自身が相手に何か言葉を伝えないと…と考える人の方がほとんどといえます。

    そんな時、異性に「いつも頑張ってるね」「かっこいいね」と言われて、心が動揺して挙動不審者になるのは当然と言えるのです。

    男性はもともと照れ屋な人も多く、褒められたり嬉しい場面に出会ってもなかなか素直に感情表現をすることができません。

    すっごく好きな人から言われても喜びで表情が綻んだりしないように、一生懸命カッコつけているんです。

    その際、バレないようにしなくちゃ!と思うあまり緊張感がピークに達して、顔が赤くなる人もよくいます。

    こうした恥ずかしさや嬉しさからくる赤面かの見極めは、彼に何か言葉を発したときに赤くなるのか、それともプレゼントなどのサプライズをした時に赤くなるかです。

    女性の行動に嬉しさや恥ずかしさを感じている証拠と言えるので、すぐに判断するはできます。

    一方、なにもしていないのに男性が一緒にいる時に赤くなっているのであれば、理由は少し違うのかもしれません。

    男性の顔が赤くなるとき恋愛だけじゃない!男性心理

    自身の好きな感情がばれたくない

    男性心理1恋愛感情で、好き避けといった言葉があります。

    好きなのに、避けちゃうのは男女関係なく起こり得る話で、珍しくもありません。

    ただ言葉として知っていたとしても、実際に自身の前にあらわれた時、避けられると悲しいものです。

    好き避けといえば、単純に目が合わない・無口になるなどが挙げられますが、そのほかにも赤面するというのも含まれます。

    なぜなら、自身が相手を好きだっていう思いを異性にバレないために、赤くなるからです。

    どうしても人間は好意的に思っている相手が目の前にいると、緊張状態になって普段の自身とはかけ離れた感覚になります。

    ふわふわして、どこか落ち着かない、ここから逃げ出してしまいたいくらいの気持ちになるのです。

    そういった状況似なると、必然的に体も変化が生じて、赤面したり逆に顔色が真っ青になる人もよくいます。

    赤いか青いかの違いで、結局どちら院も感情は通じているんです。

    そのため、顔を赤くしつつも冷たい態度を取られる、視線が合わない、なんだかぎこちない雰囲気を感じる…などであれば好き避けの可能性はあります。

    よくよく見極める場合は、まず他の人と自身に何か態度の違いはないか?といった部分を見極めてください。

    誰にでも似た態度をとっているなら、そういう性格の人で赤面症って可能性もあり、脈あり云々考える必要はありません。

    逆にあなただけに顔を赤らめる、態度が冷たいなら好き避けのせいで態度がおかしい可能性が高いです。

    そもそも女性と接することが苦手で困っている

    男性心理2男性が苦手な女性は、好き嫌い関係なく異性の目の前にいるとついつい顔が赤くなります。

    苦手な人と接することによる緊張感から、顔色が高揚します。

    基本的に顔が赤い=緊張して体が強張っていると察してあげてください。

    多くの人が顔を赤くしていると、好意を持っているからだとイメージしますが、逆に嫌い、苦手だから…といった理由でも、顔色は高揚する場合もたくさんあります。

    苦手意識があると、必然的に逃げ出したいという焦りが生まれます。

    一方で、大人だからすぐに背を向けるとかあなたのことが苦手ですとも言い出せません。

    そのため、我慢している状況になり、無意識に顔色が変化していきます。

    自身では隠しているつもりでも、結果的に感情が肌に表れます。

    しかし、苦手と一言で言ってもいろいろな意味合いがあるので、単純に嫌いなのかそれとも好きだけど上手く話せないからちょっと距離を置きたいのかで随分と違ってくるのです。

    どちらなのかは、本人にしかわかりませんがある程度の大人でも緊張して異性と話せない人、そもそも少し異性に苦手意識を持っている人とさまざまいることは十分に理解しておいてください。

    さらに少し踏み込んで考えてみると、男性って意外と冷静に相手を見ているので赤くなりにくいといえます。

    苦手意識はありつつも本心では「あと一歩勇気が出せない状態」だと思うのは、ストレートだといえるのです。

    会話が盛り上がっているか不安

    男性心理3自身が異性と関わる時、何か失敗していないか?と不安担った場合も顔は赤くなります。

    特に異性と話をしている時、通常は男性画もあり上げ役となるので、無意識に「この人を楽しませてあげなくちゃいけない」と感じます。

    もともと異性と話すのがちょっと苦手だと思っている人は、今自分が話していることで相手が楽しんでくれているのか?つまらないと思っていないか?とハラハラしちゃうんです。

    話している時に不安が奥底にあるから表情が固くなったり、mるで発熱しているかのごとく赤くなります。

    このタイプの男性は、基本的に初対面もしくは久しぶりに会った異性赤くなる傾向があり、日頃から何度もあっている女性に対してはそこまで赤くなりません。

    どれだけ会う回数が多くても、いつまでも顔を赤くするのであれば、もしかすると好意を抱いているから不安感が増長している可能性もあるんです。

    そのため、彼が顔を赤くしている理由を単純に照れているのでは?と思うものですが、そういうわけでもないのだと覚えていてください。

    盛り上がりがどうなっているのか不安、と感じるのは当然相手に良い印象的を与えたいからに決まっているので、ネガティブな感情を抱いている人にはそこまで気を使わないのです。

    会話の盛り上がりや自身が上手にコミュニケーションが取れているのかが不安の場合、概ね相手に対してすごくポジティブな感情を持っているのに、うまく立ち振る舞えない自身にイライラしちゃっているかもしれません。

    かっこいい自分を見せたくてドキドキしている

    男性心理4男の人は自身をよく見せたい、周囲からすごい人だ男らしいと思ってほしいと願っています。

    どんな風にそういった気持ちを表現するのかは人によっても違いますが、男性の多くは「こうありたい自分」が明確に心の中にある場合が多いです。

    女性であれば「可愛い」と思われたいのと同じで、男性も「かっこいい」と異性に思われたいと願っています。

    どうにか魅力的に見せたい、アピールしたいと考えている時に赤くなりがちです。

    頭の中をフル回転させて「どう行動しようか?」について深く検討しているので、緊張状態が続き顔が赤くなります。

    物事を深く考える人の多くが、顔を赤くしやすいです。

    誰でも自身をよく見せたいという気持ちや褒めて欲しい、すごいって思われたい欲はあるのでかっこいい自身を見せたいと男性が思うのは普通でも、現実と理想の乖離が激しい場合は、自分に無理をしています。

    異性に好感を持って欲しい、かっこいいって思われたい、そんな気持ちが心を支配しているからこそ、頑張っている自身に気恥ずかしい思いになって顔を赤くするのです。

    さらにいえば、そう感じている自身の思惑を相手に読み取られないよう必死になっているとも言えるのです。

    顔が赤くなるのは、身体中が緊張していてコントロールが効かない状況だからと言うのが理由といえます。

    好きだから赤くなる、相手からの好意を感じているから赤くなるなど、原因は人それぞれでも緊張感やそわそわした気分から引き起こされているのは間違いありません。

    自身を誇張したい気持ちの表れでもあるので、顔が赤くなる心理って一言で言えないのが正直な話です。

    なんだかぎこちない自身の態度に違和感

    男性心理5異性の前だけではなくて、同性の前などとにかく誰かと一緒にいる時、どこか自身に違和感を抱く人が一定数います。

    そうした違和感を持った時に、男性はどこか恥ずかしくて顔を赤くするのです。

    なぜ、違和感があるのかというと自身がイメージしている行動と実際の行動にギャップが生じているからといえます。

    期間限定
    復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

    もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

    「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

    「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

    と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

    ※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

    例えば、気になる女性へのアプローチを行いたいと思って行動しても、自身の中ではもっとスマートに誘えるはずだった、もっと流暢に会話を引っ張っていけるはずだった、と後悔が心の中に強く出てくる際に顔が赤くなるのです。

    理想と現実の違いに、自身を「情けない」「カッコ悪い」と自虐することで、自然と顔が赤くなり心が動揺します。

    赤面は、大きな意味合いでは全て「緊張感」が引き起こしているため、自身の苦しみが表情を曇らせ、赤くさせている可能性が高いです。

    ギャップを感じながら生きているのは、非常に生きにくさを感じ、好きな人に思うようにアプローチできず、恋愛を楽しめない場合も多くあります。

    好きだからこそ、ぎこちなくなって態度が変になる可能性は十分にあるため、自身を責めずにいてほしいですが、男性ってプライドが高いのでそうもいきません。

    男性にできることは、例えばスムーズに異性と会話ができない、スマートにデートへ誘えない、そんな自身を情けなく思うのではなくて、そんな姿もまた自分自身なのだと受け入れることです。

    なかなか難しいことだとは言えますが、現実の自分も理想を描く自分も本人に変わりはありません。

    年月を経て、理想に変身できる可能性だって秘めているため、今できなくてもしょげなくても大丈夫です。

    女性も赤面する男性を見ても、茶化したりジョークにしないようにしてください。

    本人にしかわからない悩みやコンプレックスはあるので、赤面する心理は視野広く持つことが大切です。

    勘違いしない!顔が赤くなる男性の好意の見極め方法

    顔を赤くしている時の表情が怖い

    顔が赤くなる男性の好意の見極め方法1顔を真っ赤にしている割に、実際こちらを見る目はすっごく真面目でちょっと怖い…と感じる人は女性が抱くイメージとは違って、とても好意的に思っている可能性が高いと言えます。

    怖い顔、強ばった顔、真顔など、男性の表情には個人差がありますが、基本的に好意を持っている女性と話す時、ものすごく笑顔になるのかそれとも真面目な顔になっているのかのどちらかなんです。

    一般的に好きな人と一緒にいる時は男性も女性も笑顔が顔に張り付いたみたいになる…と思われていますが現実的に人間はそう簡単には生きられません。

    好きな人を目の前にして、笑顔になりたいけど恥ずかしくてなれない…正直な自分の感情を表現できずに困ってる…など大人になればなるだけ複雑にできているのです。

    特に男性は、好きな女性を見るときについつい見る可能性が高く、自身では無意識にじっと見つめていたり、真顔で顔を見つめるなどする場合もよくあります。

    女性はそんな男性の態度にドギマギさせられ、なにを考えているのか?と不思議に思いますが、強く惹かれている証拠だと思ってください。

    あまりにも好きで視線が追うことをやめられず、つい真面目に見入っていた…という可能性は十分にあります。

    しかし、いざ目が合ったり「どうしたの?」と話しかけられると、良い理由も言い訳も見つけられないから、顔を赤くして「なんでもない」って避けます。

    男の人は視覚で恋愛をしているため、容姿が好みの女性に恋をしがちです。

    その分、なんてこの人は美しいのだろうか?と感情が先走って、顔歯赤いのに真顔で食い入るように見ている…ってこともよくあります。

    つまり、硬い表情をしているからと言って、女性に敵意を持っている、不満があるわけではなくてむしろ、赤面した状態なのに真顔で見ているなら好意のサインだと思ってください。

    なにも話さないのに近くにいる

    顔が赤くなる男性の好意の見極め方法2赤面=緊張状態、というのはよく理解されていますが、そういった状態で好きな人と関わろうとすると、どうしても変なことをしちゃうんです。

    わかりやすいのは、顔を真っ赤にした状態で特に何か話をするわけでもないのに、女性の周囲をウロウロしている時と言えます。

    好きでもない人の周りをうろつきたいとは思いません。

    にもかかわらず、うろつくというのは好意の表現だと思ってください。

    見極めのポイントとしては、顔が赤くなる男性の多くは口下手なので、あまり話しかけてはきません。

    それでも周囲に必ずいる、といった場合は脈ありサインだと思ってください。

    また、近くにいる時にそわそわした、なんだか落ち着かない感じでいる場合も好意の現れです。

    好きな人と近い距離にいる際に、通常の判断能力が落ち込むため、どうして不可思な行動や理解不能な言動を行う可能性があります。

    他の人なら落ち着いて話ができるのに、好きだからなにも言えないし、ギクシャクしてしまう…と顔が赤くなりやすい男性の多くは悩んでいるのです。

    女性から見ると、顔が赤くてなにも話さないのに近くにいる男性って、とても挙動不審に見えますが、男性は一生懸命「こっちみてアピール」をしているのだと思ってください。

    赤面しがちな男の子の多くは照れ屋さん、引っ込み思案な人が多いので、女性が察してあげることもも大切です。

    プライベートを気にする

    顔が赤くなる男性の好意の見極め方法3男女関係なく、好きな人が日頃なにをしているのか、どんな人が好みなのか、なにが好きでなにが嫌いなのか、などいろんな思考や趣味・好みを知りたくなるものなのです。

    こうした感情は、顔が赤くなりやすい人、恋愛に奥手な人でも違いはありません。

    そのため、例えば顔を赤くしている男の人が「最近、何か趣味はあるの?」「ハマっているものある?」など、ちょっとプライベートに踏み込む話題を振ってくるのなら、完全に脈があると思ってください。

    そもそも異性と話をするのが苦手な人も多い中で、あえて声をかけてさらには切り込みのある話題を投げかけるなんてそうそうありません。

    男性は基本的に好意のない女性には興味がないですし、休日何をしていようと無関心です。

    あえて話を聞きたいのは、いろいろ話を切り出した上で自身の話もして、スムーズにデートの誘いができないか?と頭の中でいろいろ考えています。

    さりげなく聞きたいけど、顔が赤くなるから緊張は異性にバレる点も男の人は理解し、最大限話を聞き出したいと思って話しているのです。

    女性も自身の好きなものごとに対しては流暢に話をする傾向があるため、男性も聞き役に徹していられるので非常にコミュニケーションがとりやすいと感じています。

    顔が赤い赤くない以前に、好きな女性のプライベートな話は誰でも聞き出したいのだと言うことは理解しておいてください。

    異性の変化に敏感

    顔が赤くなる男性の好意の見極め方法4顔が赤くなるタイプの男性は、視線も移ろいがちでまっすぐこちらを見ていたかと思うとふっと視線がすぐに外れる場合も多いです。

    そのため、女性はいまいち赤面している男性の本心を見極められないな…と思っているかもしれません。

    通常、脈ありポイントでもある「視線が合うかどうか」についてもあまりアイコンタクトができない場合も多いんです。

    好意はなくて単純に赤面症なのかな?と思うのは実はまだ早くて見極めるコツは、視線が合わなかったとしてもあなたの変化に男性が気づいているかどうかになります。

    わかりやすい例えで言えば、髪の毛を数cm切ったりわずかに髪色を変えただけで「イメージ変えたね」「髪切ったの?」と声をかけてくれる人は、しっかりと女性を見ている証拠です。

    きちんと見ているということは、それだけ興味を持ち好意を持っているのだと思ってください。

    男の子は本当に興味がなくて、好みでもない女性には冷たい態度が多く、顔も赤くならない可能性だって十分にあります。

    視線が合わないのに変化に気づくというのは、女の子が気づかない間にチラチラ見ていたのだってことなんです。

    そのため、顔が赤くなる+女性の変化に敏感になるのは、好意の証だと思ってください・

    男性の耳が赤くなるときは脈ありと言える原因

    リラックスできていない状況を意味している

    脈ありと言える原因1赤面する理由の代表は、緊張していて気持ちがそわそわする状態だから、といえます。

    人間はリラックスしている時にあまりイライラしないものですし、緊張感もないので顔いろも良好です。

    しかし、何か大きな舞台に立つ、テストの前、告白しようと決意…など自身の生活を揺るがす大きなイベントや行動を行わなくてはいけなくい、とメンタル的にプレッシャーを感じる場合は多くの人が顔を赤くします。

    失敗したくない、変に思われたくない…という感情が顔色に表れているのです。

    人は好きな人や憧れの人などの近くにいると、非常に挙動不審となり日頃の自身の魅力を発揮することはできません。

    さらに言えば、自身の言動1つで異性にどんな印象を与えてしまうのだろうか?と不安感いっぱいになっているので、緊張感がすごいのです。

    好意を持っていない、単純な異性の友人であれば、そんなに緊張はしませんし、顔も赤くならない人がほとんどと言えます。
    しかも、顔面だけではなくて耳まで真っ赤!という場合は一層リラックス感のない時間を過ごしているため、顔以外の場所も赤く染まるのは基本的に好意の表れだと思ってください。

    好まれたいという心理が働いている

    脈ありと言える原因2赤ちゃんや幼いお子さんのほっぺは気温関係なく、ほんのり赤いです。

    そんな子供の様子を見て、可愛くないと思う人はほとんどいません。

    多くの場合が、可愛い!と思うものですが、実は子供の頬が赤いのって可愛いと思ってもらうことで身を守る本能的な部分が強いと考えられています。

    そのため、心理学的にも恋心が身体中に巡ると頬を赤くさせることはわかっていて、体の温度は関係せずに顔を赤くするのです。

    さらに、耳まで真っ赤になるのは相手に好意を伝えたいと無意識に染まっているとも考えられていて、赤と言う愛情や情熱を示すカラーで印象をよく与えています。

    顔色は自身でどうにもできないと思うかもしれません。

    ただ、心理状態によっては無意識でも好感を与えたいという思いが、顔色を赤くさせている可能性も十分にあるのです。

    耳まで赤くなるのは、そういった感情が強くなっている証拠だと思ってください。

    不思議な感覚ではありますが、人間心理は複雑に日常と絡み合っているので、全てを偶然で済ませるのは勿体無いです。

    気持ちと言葉が空回りしている

    脈ありと言える原因3人間は視線や表情など無意識に本心が出る可能性は高いです。

    肌の色も同じことが言えて、自分では全然平気なふりをしているのに、結局顔や耳が赤くなる人はたくさんいます。

    顔だけではなくて耳まで赤くなる場合は、心の中で焦りを感じていることも多いです。

    例えば、会話をしているときに気分が高揚して異性に伝えた言葉が「今の正解だったのかな?ハズレかな」など、ぐるぐる頭の中で巡っていて、失敗をしているのではないか、目の前の彼女は楽しそうにしてくれているけど、それは全部気を使わせているだけ?と、疑問と疑惑が繰り返し脳内を巡っています。

    そんなに悩むのなら直接女性に聞いて仕舞えばいいのに、と思いますがそれが聞ける男性なら最初から顔を赤くすることはありません。

    緊張しやすくて、異性と話すことを得意としていない男性だからこそ、耳まで真っ赤にして自分がからまわっているのではないかと不安な時間を過ごすのです。

    ただ、よく考えて欲しいのはここまで意識してくれているということは、それだけ女性のことを大好きだからこそだといえます。

    どうしてもいい人にどう思われようと関係ないので、耳を赤くしながら、不安になりながらも会話を継続させている男性はすごく可愛いと思ってください。

    顔が赤くなりやすい男性の特徴

    「あまり自分の意見を言えない」内気なタイプ

    顔が赤くなりやすい男性の特徴1異性と話をする時に赤くなる男性のタイプで最も多いのは、性格的に内気であまり自身の意見を強く主張することに抵抗感がある人です。

    よくいえば、他車を尊重して協調性のある人でも、悪く言えば人から悪く思われたくないから腹の底は隠しておきたい、とも言えます。

    自身の意見を言うことで、誰かから否定されてしまうのではないか?思う反応がないのでは?と不安感を抱いているので、疑心暗鬼な気持ちが心の中を行ったり来たりしています。

    本当に好きだからこそ、相手にどう思われているかが気になりますが、内気なタイプは不特定多数に認められたい願望も心に秘めているので、現実と理想の間に苦しみやっすいです。

    もう少し自分を出してみたい、といった気持ちはあってもなかなか行動できずにモヤモヤしているので、女性との関わり合いを通して自信をつけていく人も多いです。

    人から見られている?自意識過剰

    顔が赤くなりやすい男性の特徴2すぐに顔が赤くなる人は他者から自分がどう見えるのかをすごく気にする傾向があります。

    例えば、顔が赤くなった時に「〇〇だと思われる」「人からこんなふうに言われてしまう」などです。

    多くの人に注目をされている印象が自身の中にあるのです。

    そのため、かっこつけたい気持ちも人一倍で、自身がステキに見えるにはどんな多h地位振る舞いをすることが望ましいのか、どう印象づけたいのかによっても行動が変化するタイプが多くいます。

    いろいろ頭の中で考えているからこそ、異性と会話をしている時に昂りを覚えて顔が赤くなるのです。

    人から見られていると意識を高く持っている男性は、その分人からどう思われたいのかも理想がしっかりあるため、理想と現実のギャップがないように自身をプロデュースしています。

    こうしたプロデュース能力は、恥ずかしがり屋だけど意識が高い系の男性が多く秘めていて、無意識でも「こういう男はかっこいい」と思っている傾向が強く、自分の中で一生懸命理想に近づこうと努力もしているんです。

    努力をしているからこそ、自意識も高くなり、異性と対面した時にきちんと理想の自分に慣れているかな?と不安感が急速に体を包み、顔を真っ赤にさせています。

    恥ずかしい、好意がある、緊張しているなどさまざまな理由はあれど、どの感情でも「どう見られているのかな…」と考えているからこそ、ついつい赤くなるのです。

    気持ちが少し諦めがち

    顔が赤くなりやすい男性の特徴3「どうせこんなもんだろう」と心のどこかで思っている人は、顔が赤くなりやすいと言えます。

    諦めの気持ちは逆に緊張感を抱かさせる傾向があり、ダメなのにどうしてチャレンジしなくちゃいけないんだ…失敗しちゃうんだろうな…と思う気持ちが男性の緊張感を高め、顔を赤くさせるんです。

    失敗するしないはやってみないとわかりませんし、意外な結果が出る可能性もあるのですが、諦めやすい性格の人はどうしても目先の結果に目が行きやすく、自分に自信を持つことができません。

    自信たっぷりになる必要はないですが、少しは自分の行動を信じてあげることも必要です。

    「大丈夫!」と心に魔法をかけられるように、日頃から自身との対話を欠かさないようにしてください。

    不安な時は深呼吸を繰り返す、何度も丁寧に感情と向き合うなど、焦って結論を出さない癖づくりを心がけると良いです。

    少しずつ、一歩一歩進むことで、十分に顔が赤くならない、もしくはすごく緊張しないように過ごすことはできるので、意識の向け方だと考えます。

    特に異性の前だと上がってしまう…と思っている人は、話す前に何を話そうか頭の中でまとめる、声をかける前に一度呼吸や緊張感を整えるなど工夫が必要です。

    顔が赤くなる理由はたくさんある!

    男性の顔が赤くなるときは好意の表れ? まとめ男の人が顔を赤らめる理由は、好意だけではありません。

    緊張している、不安、などの心理的要因が大きく、自身では赤くなりたくないのに…と悩みながらもどうにもならない人がほとんどです。

    ただ考えてみて欲しいのは、どうして異性の前で焦ったり緊張するのかという点になります。

    脈があるからこそ、ついつい顔が赤くなる、耳まで真っ赤になる…というのはわかりやすいサインなのでしっかり赤面以外の理由でも男性を見極めるようにしてください。

     

    【期間限定】恋愛・金運・仕事・人生…あなた専用の『運命の変え方』をお伝えします。

    こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

    昨今のコロナ禍…この時代を生きる定めは、決して変えられない宿命。

    でも、人生のシナリオである『運命』は、書き換えることができるのを知っていますか?

    もしもあなたの心に、

    「恋愛や異性関係でいつもモヤモヤしている…愛情で満たされたい…」

    「お金に恵まれて豊かに生きたい…」

    「仕事で評価されたい…理想の働き方がしたい…」

    こんな願いや、今よりもっと幸せな人生を歩んでみたい気持ちがあるなら、

    他では決して知ることのできない『運命の変え方』が分かると評判の【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    予言占い2022】とは…
    クチコミから火が付き、回線パンク状態の幻とも言われた至極の鑑定がついに解禁され、コロナ禍のため期間限定で非対面にて個別鑑定してくれる、今話題の占いです。

    雑誌やテレビでも良く特集されていますが、今まで知らなかった自分の宿命や運命・愛する人との関係・幸せを手にするための運命の変え方まで、全て知ることができます。

    この記事を読んでくれた特別なあなたには、本当なら手に入れられるはずの幸福な人生を逃してほしくないので、【予言占い2022】を初回無料でプレゼントします。

    恋愛、結婚、不倫、復縁、金運、ギャンブル、対人、出世、適職、人生の不安など、どんなお悩みでも初回無料で鑑定できます。



    ※20歳未満は利用できません。

     
    占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

    彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

    そんな、あなたに大切な質問をしますね。

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

    ・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

    ・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

    こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

    友だち追加

    ※20才以下はご利用不可

    おすすめの記事